人生にゲームをプラスするメディア

これからのKONAMIソーシャルコンテンツ・・・躍進するKONAMIのソーシャルコンテンツ(4)

ゲームビジネス 開発

 
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
「躍進するKONAMIのソーシャルコンテンツ」の最終回では、KONAMIが考えるソーシャルコンテンツの今後について聞いていきます。

■戦略〜これからのKONAMIソーシャルコンテンツ

―――KONAMIのソーシャルコンテンツは今後、どのように展開していきますか?

タイトル数は現在主要なものだけでも10作以上あります。「コレクション」シリーズがあり、スポーツ系がありと、お客様の要望にあわせて、拡げていきたいですね。もっとも、一つのコンテンツをできるだけ長く運営していくという、根幹の部分はかわりません。その上でヒットタイトルについては、タイアップや漫画連載、アニメ化など、さまざまな媒体に拡げて行こうと思っています。

『ドラゴンコレクション』では漫画化や全国約1万店舗のローソンとのタイアップ、コラボレーション商品の展開などが行なわれている。


『戦国コレクション』でもテレビアニメ化や漫画化が行なわれている


(C)芝野郷太・金城宗幸・KONAMI Digital Entertainment/講談社
(C)KONAMI Digital Entertainment,NAS/「戦国コレクション」製作委員会


―――モバイル以外への展開についてはいかがですか?

これは個人的な考えになりますが、ネットワークでつながっているところは、すべて我々が進出していけるフィールドだと思っています。ゲームという枠を越えて活躍できたらと思います。

―――海外展開については、いかがですか?

海外のお客様の数は国内と比較になりません。そのため、ぜひチャレンジしていきたいと思っています。

―――米国で開催されたゲームイベント「GAME DEVELOPERS CONFERENCE」(GDC)でも人材募集を行なってきましたね

そうですね。世界規模で良い人材に集まってもらいたいと思っています。

GDCでのKONAMIブース。メタルギアとソーシャルコンテンツの人材を募集していた


―――スタジオの人材教育について教えてください。たとえばKPIを意識したゲームデザインなどは、どのように教育されているのでしょうか?

難しいですね。なにしろソーシャルコンテンツ自体が、まだ誕生したばかりなので・・・。まずは『ドラコレ』をはじめ、ヒットしたタイトルの成功事例を社内で共有して、制作者の意識レベルを統一するようにしています。またタイトルの中には人材育成を主眼に据えたものもあります。

―――エンジニアが技術を学ぶ機会はどの程度用意されていますか?

社内では常に新しい技術を意識させています。テクニカルディレクターが技術動向について目を光らせていて、情報をみんなに伝達するようにしていますね。

―――今後も『ドラコレ』のように、新しい遊びやシステムを入れていきますか?

コナミデジタルエンタテインメントのDNAとして、新しいものにチャレンジしていく精神があります。これは社員全員が共有している部分ですね。ヒットしたゲームを、まねするだけで成功するとは決して思っていません。常に新しい遊びを提案できる会社でありたいと思っています。

―――今後ソーシャルコンテンツはどのように進化していきますか?

まずスマホに市場が移っていくことで、コンテンツがリッチ化していくと思います。その中でいかにスピード感を持って進めていけるかが鍵になりますね。もっともリッチなコンテンツ制作は当社が得意としている部分なので、これまでのノウハウをしっかりスマホ向けネイティブアプリに出していくことで、成果を出せると思います。

―――仕事の楽しさや、醍醐味はなんですか?

やはりスピード感ですね。すぐに結果が出てきて、次につなげていけますから。何年も作り込んで発売するコンソールゲームとは、また違った楽しさがあります。これはクリエイターとしては非常にやりがいがあるフィールドではないでしょうか。

―――最後にKONAMIで働く良さについても教えてください。

何か、おもしろいものを作りたいなら、KONAMIに入社するのが一番だと思っています。グループ各社で、さまざまな事業を手がけていて、各分野で確実にヒットを飛ばすノウハウを持っています。また各フィールドで挑戦心の高い人間が育っていますし、そういった人間を集めていくことで、また新分野で成功するという、良いスパイラルがあります。ぜひ入社して、確かめてみてください。

新しくなったばかりのオフィスも魅力的だ


―――ありがとうございました。

コナミデジタルエンタテインメント本社にて


KONAMIソーシャルコンテンツセミナーのお知らせ
コナミデジタルエンタテインメントとGameBusiness.jpでは、ソーシャルコンテンツ業界に興味のある方を対象としたセミナーを以下の要領で、6月30日(土)に東京・新宿にて開催します。参加ご希望の方はこちらの参加登録フォームより登録をお願いします。

日時: 2012年6月30日(土曜) 13:30~17:00
会場: 新宿住友ホール・スカイルーム(都庁前駅、新宿駅)
対象: ソーシャルコンテンツに興味・関心のある社会人の方
内容: コナミデジタルエンタテインメント 兼吉氏(エグゼクティブプロデューサー)、車田氏(統括マネージャー)、廣田氏(マネージャー) 各氏によるKONAMIのソーシャルゲーム開発・運営・運用・戦略に関するセミナー・質疑応答
プログラム:
13:30 開場・受付開始
14:00 冒頭挨拶
14:10 ドラコレスタジオ全体戦略 兼吉エグゼクティブプロデューサー
15:00 ゲーム制作技術について 車田統括マネージャー
15:40 ゲーム運営、企画について 廣田マネージャー
16:20 会場で懇親会(希望者)
17:00 終了
参加申し込みはこちらから (お蔭様で申し込み好調です。定員に達した場合は参加をお断りする場合がありますので、お早めに)
《小野憲史》

編集部おすすめの記事

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. 【CEDEC 2016】『ドラクエ』30年の歴史、そして堀井雄二が語るゲームデザイナーに必要な3つの資質とは

    【CEDEC 2016】『ドラクエ』30年の歴史、そして堀井雄二が語るゲームデザイナーに必要な3つの資質とは

  2. カプコン川田Pと松江氏が明かす『バイオハザード アンブレラコア』のしくじり―反省から学ぶゲーム開発

    カプコン川田Pと松江氏が明かす『バイオハザード アンブレラコア』のしくじり―反省から学ぶゲーム開発

  3. 【レポート】『ガンダムVR』で感じた恐怖と興奮…ガンダムの手に乗り、ザクに襲われる

    【レポート】『ガンダムVR』で感じた恐怖と興奮…ガンダムの手に乗り、ザクに襲われる

  4. ゲームのナラティブはどうして議論がわかりにくい? 立命館大学ゲーム研究センターの研究員が徹底議論

  5. VRMMO『ソードアート・オンライン ザ・ビギニング』バトル映像が公開…実際に腕を動かし、ボスを斬る!

  6. 読売ジャイアンツと『戦国無双 ~真田丸~』が異色コラボ―特製キーホルダー付の入場券!

  7. 【レポート】VRロボゲー『アーガイルシフト』のロマンと没入感が凄い!男の子の夢、これで叶います

  8. 全身を使って“剣や盾を振り回す”VRゲーム『CIRCLE of SAVIORS』のリアルタイム複合現実が凄い

  9. 『悪魔城』シリーズで最も成功を収めた作品は『Castlevania: Lords of Shadow』 ― コナミDave Cox氏

  10. 【CEDEC 2012】「Final Fantasy XIVで搭載されたサウンド新技術の紹介」ゲームの面白さにサウンドができること

アクセスランキングをもっと見る

page top