人生にゲームをプラスするメディア

『機動戦士ガンダム バトルオペレーション』課金形態が決定 ― 事前登録キャンペーンも実施

ソニー PS3

バンダイナムコゲームスは、プレイステーション3ソフト『機動戦士ガンダム バトルオペレーション』の最新情報を発表しました。

『機動戦士ガンダム バトルオペレーション』は、Sony Entertainment Network(SEN)に接続したプレイヤー同士が最大計12人で戦うアクションゲーム。地球連邦軍とジオン公国軍それぞれ4人~6人ずつに分かれ、さまざまなルールのもとで戦闘を繰り広げます。ゲームの基本は、制限時間内に敵軍より多く戦果ポイントを稼ぐこと。制限時間8分の間により多くの戦果ポイントを取得した軍の勝利となります。また、戦果ポイントを利用して、さまざまなモビルスーツを開発するための設計図やモビルスーツを強化するパーツなどが獲得することもできます。

今回は課金形態やアイテム価格などがいよいよ決定。事前登録キャンペーンもスタートしました。

『機動戦士ガンダム バトルオペレーション』は、家庭用据え置き機専用の基本料金無料のオンラインゲームとなっており、業界では初の試みとのこと。アイテムを一部有料で購入することで、より効率的なプレイが可能です。

基本的な課金形態は、出撃の際に消費する「出撃エネルギー」に対して課金を行うというもの。ゲームセンターで遊ぶときのプレイスタイルに近いものとなっています。出撃エネルギーは時間経過で最大3つまで自動回復するので、回復までMSのカラーリングをしたりして時間を待てば “無料”で遊び続けることも可能とのこと。1日(24時間)で出撃12回分のエネルギーが支給されます。

なお、無課金プレイに対して「特定の設計図が出ない」などのデメリットはないとのことです。出撃エネルギーは、1個:100円(税込)、6個:480円(税込)、13個:950円(税込)、27個:1,850円(税込)で販売されます。7月11日まではキャンペーン価格として、2個:100円(税込)、10個:480円(税込)、20個:950円(税込)、40個:1850円(税込)となります。

また、MSへの課金要素についてはほぼ皆無。ほぼすべてのMSがゲーム内で設計図を完成させ、ゲーム内で獲得できる「開発ポイント」だけで入手することが可能となっています。さらにMSには「レベル」が存在し、戦場へと出撃して上位レベルの設計図を集めることで、どんどん強化可能です。この高レベルへの強化において、一定の上限レベル到達までは「開発ポイント」のみで強化ができ、いっさい課金の必要はありません。愛着のある機体を徹底的に強化したいときには、課金することでMSの性能を最大限に引き出すことができるようになります。一度リミットを解除した機体は最大レベルまで「開発ポイント」のみで無課金強化することが可能です。

MSのリミット解除(MSを一定レベル以上に強化する場合に必要)は全MS一律300円(税込)、武器のリミット解除(武器を一定レベル以上に強化する場合に必要)は全武器一律200円(税込)、カスタムパーツのリミット解除(カスタムパーツを一定レベル以上に強化する場合に必要)は全カスタムパーツ一律200円(税込)となっています。

なお、本作では天候や時刻により戦場の状況が変化します。今回、山岳地帯(夕方)、山岳地帯(濃霧)、砂漠地帯(砂嵐)、砂漠地帯(夜間)のビジュアルが公開となっています。

また、カテゴリ毎のMSが装備している武器の特徴についても判明。格闘タイプの武器としては「ビーム・サーベル」「ヒート・ロッド」、汎用タイプの武器としては「ザク・マシンガン」「ハイパー・バズーカ」、支援タイプの武器としては「キャノン」「狙撃用ビーム・ライフル」などが登場することが明らかとなりました。これら以外の武器も多数登場の予定です。

さらに様々な作品で活躍する有名声優がオペレーターとして戦闘をサポートしてくれることも判明。出撃前の各種情報伝達や、戦闘中には戦況や自軍・敵軍の状況をリアルタイムに報告してくれます。オペレーターは順次増えていき、オプション画面で好きなオペレーターを自由に選択可能。声優として、日笠陽子、本田貴子、喜山茂雄、前野智昭の参加が決定しています。

なお、6月7日からは正式リリースに先駆け、PlayStation Storeにて事前登録キャンペーンが開始。事前登録キャンペーンの応募ページから応募券をダウンロードするだけで、リリース当日から使用できるMSが2体プレゼントされるものとなっています。これらの機体を活用し、効率的に設計図やポイントを集めましょう。

『機動戦士ガンダム バトルオペレーション』は2012年6月28日よりサービス開始予定。基本プレイ無料のアイテム課金制です。

(C)創通・サンライズ
《冨岡晶》

編集部おすすめの記事

ソニー アクセスランキング

  1. 『アクセル・ワールド VS ソードアート・オンライン 千年の黄昏』最大16人のマルチプレイが可能!特典情報も公開

    『アクセル・ワールド VS ソードアート・オンライン 千年の黄昏』最大16人のマルチプレイが可能!特典情報も公開

  2. 『ファイナルファンタジーXV』米国での発売初月セールスがシリーズ最高記録

    『ファイナルファンタジーXV』米国での発売初月セールスがシリーズ最高記録

  3. YouTubeの360度動画がPSVRで視聴可能に! PS4向け『YouTube』アプリがアップデート

    YouTubeの360度動画がPSVRで視聴可能に! PS4向け『YouTube』アプリがアップデート

  4. PS4『仁王』最終体験版のプレイムービーが公開―ウィリアムが雑魚に苦戦…!?

  5. 【レポート】落命の先に待つ達成感…『仁王』には“死にゲー”としての魅力がしっかりとある

  6. 「ニーア オートマタ meets amazarashi」制作の音楽アルバム「命にふさわしい」の詳細が公開

  7. 『GOD WARS』早期予約特典の追加シナリオ詳細が公開、ウラシマとモモタロウ一行の戦いなどが描かれる内容に

  8. 『ニューダンガンロンパV3』機能向上パッチが配信―PS Vita版のキャラボイスの音質が向上!

  9. 『バイオハザード7』序盤ストーリーダイジェスト公開―無料DLC「Not A Hero」の情報も

  10. 『GRAVITY DAZE 2』重力姫キトゥン、ソフマップに降臨!?量販店モチーフの無料DLC配信中

アクセスランキングをもっと見る