人生にゲームをプラスするメディア

【東京おもちゃショー12】マジンガーZが30cmフィギュアで再び登場

その他 玩具

おもちゃショー12 バンダイ
  • おもちゃショー12 バンダイ
  • おもちゃショー12 バンダイ
誕生から40年、「マジンガーZ」がフィギュアとして再び登場する。大きさは30cmで今まで以上に精巧につくられ、バンダイが「これまで培ってきたフィギュアづくりのノウハウを集大成したもの」(同社関係者)だそうだ。

前部装甲は全身取り外しが可能で、頭部から拳、爪先に至るまですべてのメカニズムを見ることができ、カットモデルとしてディスプレイすることも可能となっている。また、リモコンで操作できる、サウンド・発光ギミックも内蔵。それによって、「ロケットパンチ」「パイルダーオン」といった名セリフや効果音も流れる。そのほか、目や胸部のLEDライトで「光子力ビーム」や「ブレストファイヤー」の輝きも再現できるそうだ。

発売は1972年12月の放映開始からちょうど40周年となる12月で、価格は3万6750円。初回生産分には原作者である永井豪氏がこの商品のために書き下ろす漫画が同梱される。また、同社ではこの発売に先駆け、各国のイベントで商品展示を行うワールドツアーを実施する予定だ。
《山田清志@レスポンス》

編集部おすすめの記事

その他 アクセスランキング

  1. 【週刊インサイド】任天堂と「マリカー」の訴訟問題が話題に…『ポケモンGO』や「タッチ我慢スターター」など多彩な記事が賑わう

    【週刊インサイド】任天堂と「マリカー」の訴訟問題が話題に…『ポケモンGO』や「タッチ我慢スターター」など多彩な記事が賑わう

  2. 【プレイレポ】『ニーア オートマタ』伏線から漂う“違和感”とアクションの“爽快感”を堪能…なぜ「感情を持つことは禁じられている」のか

    【プレイレポ】『ニーア オートマタ』伏線から漂う“違和感”とアクションの“爽快感”を堪能…なぜ「感情を持つことは禁じられている」のか

  3. ゲームフリークの増田順一も登壇するトークライブを開催…ゲームプログラマー学科体験説明会の一環として

    ゲームフリークの増田順一も登壇するトークライブを開催…ゲームプログラマー学科体験説明会の一環として

  4. 『ファイプロ』復活か!? スパチュンが「謎のサイト」オープン

  5. 【新企画】「インサイドちゃんのゲーマー人生相談」―ログボの呪いに悩むゲーマー

  6. 【昨日のまとめ】PSVRが再販するも売り切れに、『ゼルダの伝説 BoW』海外ゲーム映像が続々と、「AbemaTV」が女の子が活躍するアニメを一挙7作品配信…など(2/25)

  7. 「AbemaTV」が女の子が活躍するアニメを一挙配信…「ご注文はうさぎですか?」「NEW GAME!」など7作品

  8. 共に一時代を築いた“ビックリマン”と“キン肉マン”がコラボ! 「肉リマン(にっくリマン)チョコ」2月28日より発売

  9. 【特集】『頭がとろけそうになるアニメ』10選…「たーのしー!」「FXで有り金全部溶かす人の顔」「ワサワサ」など

  10. 【昨日のまとめ】『マリオカート』を真似たカートレンタル会社を任天堂が提訴、『艦これ』叢雲改二が1/8フィギュアに、ニンテンドースイッチ発売時に「バーチャルコンソール」の販売はなし…など(2/24)

アクセスランキングをもっと見る