人生にゲームをプラスするメディア

100人マルチプレイをDSで実現、テーマは共鳴『ポケットモンスター ブラック2・ホワイト2』社長が訊く

任天堂 DS

任天堂は、ニンテンドーDSソフト『ポケットモンスター ブラック2・ホワイト2』の社長が訊くを公開しました。

『ポケットモンスター ブラック2・ホワイト2』は、シリーズ初のナンバリング作品。2年後のストーリーを描き、今回も2作品同時発売です。また、ニンテンドー3DSが発売されている今、あえてニンテンドーDSと言うプラットフォームで展開するかなどが語られています。

まず何故3DSではなくDSを選んだかと言う理由について、ゲームフリーク増田氏は「続編として同じ世界をつくりたいというイメージがあったから」と回答。誰もが予想していたいわゆる「グレー」などのアッパーバージョンではなく、完全な続編を作ることで良い意味で裏切ることに挑戦したと石原社長。

世界観が2年後と言う事で、前作あったCギアもパワーアップ。前作は「干渉」という形でコミュニケーションをとっていたのが、今回は「共鳴」と言う形で進化させ、ハイリンクを100人で遊べるようにしたと海野氏が明らかにしました。

通常、携帯ゲーム機のマルチプレイは4人~8人、滅多にありませんが『ピクトチャット』のようなものでは最大16人までが一般的。ポケモンゲームでは毎回新しい要素を取り入れるのが恒例で、その新しいチャレンジのひとつに制作。タイムラグなどにより完全同期は難しいとしつつも、デバッグで100人通信が実現したことから、無事製品版でも楽しめるようになったそうです。

また、前作で収録出来なかった要素として「カギ」を紹介しています。ゲームをクリアした際に手に入るようで、別のソフトのカギを開けるという使い方をするようなのですが、このカギを使うことで例えば「ちょっと強いポケモンが出るカギ」などでゲームに影響を与えると言う仕掛け。これが本作のテーマである「共鳴」にうまく結びつきました。

インタビューではほかにも「ポケウッド」や続編物ならではの作り方、『ポケモンARサーチャー』についても語られています。ぜひチェックしてみてください。

『ポケットモンスター ブラック2・ホワイト2』は、6月23日に発売予定で価格は4800円(税込)です。

(C)2012 Pokemon.
(C)1995-2012 Nintendo/Creatures Inc./GAME FREAK
《まさと》

編集部おすすめの記事

任天堂 アクセスランキング

  1. 『Fate/Grand Order』が「一番くじONLINE」に登場! ラインナップは12月12日にお披露目

    『Fate/Grand Order』が「一番くじONLINE」に登場! ラインナップは12月12日にお披露目

  2. AC『ポッ拳』「エンペルト」紹介映像が公開、威厳漂う水と氷のバトルをチェック

    AC『ポッ拳』「エンペルト」紹介映像が公開、威厳漂う水と氷のバトルをチェック

  3. 3DS『さよなら! ハコボーイ!』来年2月に配信決定! 3作セット版に付属するキュービィamiiboも可愛さ満点

    3DS『さよなら! ハコボーイ!』来年2月に配信決定! 3作セット版に付属するキュービィamiiboも可愛さ満点

  4. 今週発売の新作ゲーム『人喰いの大鷲トリコ』『龍が如く6 命の詩。』『Dishonored 2』『Dead Rising 4』『Miitopia』他

  5. 【特集】『ロックマン エグゼ』15周年特別スタッフ座談会!プリズムコンボ発覚から完結の理由まで

  6. 【Wii U DL販売ランキング】『ACE OF SEAFOOD』3位、『ブルームーン2』初登場ランクイン(12/5)

  7. 『とびだせ どうぶつの森』アプデで『スプラトゥーン』『ゼルダ』『モンハン ストーリーズ』のamiiboコラボが実施!

  8. 【プレイレポ】『めがみめぐり』 スタミナ制などはなくサイコロは振り放題! 課金要素や交通系ICカード連動に迫る

  9. 濱口エグゼクティブがポケモンをとったどー!「ゲームセンターDX」今回は『ポケモン サン・ムーン』に挑戦

  10. 『とびだせ どうぶつの森』が「フエキのり」とコラボ!“あのノリ”の配信アイテムが登場

アクセスランキングをもっと見る

オススメの記事だホ!

page top