人生にゲームをプラスするメディア

【E3 2012】ゲームパッドで協力プレイ、Wii Uのために作られた『レイマン レジェンズ』

任天堂 Wii U

今では多彩なラインナップを展開するユービーアイソフト。しかし初期から同社の代表作となってきたのがこの「レイマン」シリーズです。アクションゲームの代表的なタイトルで、現在も積極的に展開されています。その最新作とも言える『レイマン レジェンズ』がWii Uで登場します。ブースで出展されていましたのでプレイしてみました。

本作は昨年発売された『レイマン オリジン』の続編であり、ゲームプレイやビジュアルスタイルなどを踏襲しています。しかしながら、Wii Uゲームパッドに焦点を当てた新たなゲームプレイ要素やマルチプレイヤーが登場し、1人でも、2人でも楽しく遊べるレイマンとなっています。

今回のデモではゲームパッドとWii U PROコントローラーを使った2人のマルチプレイが紹介(もちろん、製品版ではシングルプレイも対応。シングルでは協力部分が省かれ少し異なるゲームプレイになるようです)。PROコントローラーは主人公のレイマンを操作、ゲームパッドでは相棒のマーフィーを操り、レイマンに協力しながらステージを進んでいきます。

基本的にはサイドスクロールの2Dアクションである「レイマン」。Wii UのHD画質になり綺麗になりました。ゲームパッドではマーフィーをタッチパネルのスライドで操作(ボタンやスティックは使用せず)。レイマンの行く手を遮る岩を破壊したり、蔦を切って道を作ったり、アイテムが登場するボタンを押したり、襲いかかる特殊な敵(レイマンは手出しができない)をタッチで倒したりします。また特殊な仕掛けもあり、歯車にタッチしてゲームパッドの回転で動かしてレイマンの進路を作る、といった要素もあります。また、地獄のような燃え盛る火の上で、レイマンがジャンプしてくるのに合わせて台を設置する、といった2人の息を合わせる必要のあるアクションもあります。

筆者はゲームパッド側でデモステージの最後までプレイしたのですが、テンポよく2人で協力すべきポイントが登場してくるので最後までハラハラ・ドキドキという感じで遊べました。レイマンのアクション自体も定評あるシリーズですので、心配することは無いでしょう。







『レイマン レジェンズ』は今のところ発売日は未定となっています。
《土本学》

編集部おすすめの記事

任天堂 アクセスランキング

  1. 『ドラゴンクエストX』ゲームデータの解析を行う外部ツールの使用禁止を告知

    『ドラゴンクエストX』ゲームデータの解析を行う外部ツールの使用禁止を告知

  2. 【特集】『ロックマン エグゼ』15周年特別スタッフ座談会!プリズムコンボ発覚から完結の理由まで

    【特集】『ロックマン エグゼ』15周年特別スタッフ座談会!プリズムコンボ発覚から完結の理由まで

  3. 【3DS DL販売ランキング】『聖戦クロニクル』や『アルファディア』などケムコのRPGが続々ランクイン(9/23)

    【3DS DL販売ランキング】『聖戦クロニクル』や『アルファディア』などケムコのRPGが続々ランクイン(9/23)

  4. 【特集】インティ・クリエイツ社長に訊く『ガンヴォルト』誕生秘話…目標本数はない、だから好きに作れ

  5. 『ポケモンGO』新Ver情報が公開、捕まえた場所が記録されるほかポケモンGO Plusが「おこう」に対応

  6. 永久BANも…『ドラゴンクエストX』で1700キャラが利用停止―意図的な不具合利用のため

  7. 『ポケモン サン・ムーン』「ヤレユータン」はポケモンなのにモンスターボールを使うことも!?新ポケモン情報が公開

  8. 『ポケモン サン・ムーン』新情報が10月4日22時ごろに発表

  9. 【TGS2016】『ガンダム VS.』シリーズ最新作『ガンダムバーサス』クローズドアルファテストが決定!

  10. 【インタビュー】『めがみめぐり』ツクモを“方言少女”にできる!? 魅力や基本無料のワケをプロデューサーに訊いた

アクセスランキングをもっと見る

page top