人生にゲームをプラスするメディア

Wiiで蘇る名作ホラーアドベンチャー『晦-つきこもり』本日配信

任天堂 Wii

バンダイナムコゲームスは、スーパーファミコンソフト『晦-つきこもり』 をWiiのバーチャルコンソール向けに配信開始しました。

バンプレストより1996年3月1日にスーパーファミコン向けに発売された『晦-つきこもり』。当時は既にプレイステーションやセガサターンが出回っており、3ヶ月後にはニンテンドウ64が発売されるという時期にリリースされたサウンドノベルタイプのホラーアドベンチャーゲームです。ゲーム中はテキストは横ではなく、縦に流れていきます。そういう意味ではゲームと言うより小説に近いイメージですね。



本作は『学校であった怖い話』の続編的タイトルと言う事もあって、ホラーテイスト満載のゲームで、プレイヤーは複数の語り手から怖い話を聞いていき、それを追体験していきます。ゲームに登場する怪談は全部で42種類以上。話をする6人をどのような順番で選ぶかで怪談の内容が変化します。

スーパーファミコン末期に発売されたゲームですが、既に発売から16年が経過しています。また、当時はレーティング制度が無かったので、推奨年齢などの表記はありませんでしたが、『晦-つきこもり』はCERO D指定になります。スーパーファミコンのゲームでCERO Dって、なんだか不思議な感じですね。

夏の暑い日は、Wiiでクラシックなホラーゲームをプレイしてみるのもいいかもしれませんね。

『晦-つきこもり』は、好評配信中で価格は800Wiiポイントです。

(C)PANDORA BOX
(C)BANPRESTO 1996
《まさと》

編集部おすすめの記事

任天堂 アクセスランキング

  1. 『ポケモンGO』「GPSの信号をさがしています」の対処方法とは

    『ポケモンGO』「GPSの信号をさがしています」の対処方法とは

  2. 最弱なポケモン「コイキング」の歌が泣ける…!コイキングへの愛を語るサイト「I LOVE コイキングさん」オープン

    最弱なポケモン「コイキング」の歌が泣ける…!コイキングへの愛を語るサイト「I LOVE コイキングさん」オープン

  3. 【レポート】『ポケモンGO』レアポケモン「ラプラス」求め多くのトレーナーが江ノ島へ

    【レポート】『ポケモンGO』レアポケモン「ラプラス」求め多くのトレーナーが江ノ島へ

  4. 【特集】『ロックマン エグゼ』15周年特別スタッフ対談!プリズムコンボ発覚から完結の理由まで

  5. 【特集】『ポケモンGO』ボールが真っ直ぐ飛ばない人必見!チュートリアルが教えてくれない役立ち情報

  6. 【レポート】レベルファイブ新作発表会「LEVEL5 VISION 2016」発表内容まとめ

  7. 【特集】『ポケモンGO』がブームになるまで…イングレス、Google、Niantic、任天堂、ポケモンの取り組みを振り返る

  8. 「ポケモンGO Plus」詳細公開!「ぼうけんノート」や便利な連動機能が明らかに

  9. 『ポケモンGO』各チームリーダーのビジュアルが公開、キャラデザを担当したコザキユースケからのイラストも

  10. 【レポート】コンパイル創業者の新作パズルゲーム『にょきにょき』は『ぷよぷよ』の問題点の解決策から生まれた

アクセスランキングをもっと見る

page top