人生にゲームをプラスするメディア

Wiiで蘇る名作ホラーアドベンチャー『晦-つきこもり』本日配信

任天堂 Wii

バンダイナムコゲームスは、スーパーファミコンソフト『晦-つきこもり』 をWiiのバーチャルコンソール向けに配信開始しました。

バンプレストより1996年3月1日にスーパーファミコン向けに発売された『晦-つきこもり』。当時は既にプレイステーションやセガサターンが出回っており、3ヶ月後にはニンテンドウ64が発売されるという時期にリリースされたサウンドノベルタイプのホラーアドベンチャーゲームです。ゲーム中はテキストは横ではなく、縦に流れていきます。そういう意味ではゲームと言うより小説に近いイメージですね。



本作は『学校であった怖い話』の続編的タイトルと言う事もあって、ホラーテイスト満載のゲームで、プレイヤーは複数の語り手から怖い話を聞いていき、それを追体験していきます。ゲームに登場する怪談は全部で42種類以上。話をする6人をどのような順番で選ぶかで怪談の内容が変化します。

スーパーファミコン末期に発売されたゲームですが、既に発売から16年が経過しています。また、当時はレーティング制度が無かったので、推奨年齢などの表記はありませんでしたが、『晦-つきこもり』はCERO D指定になります。スーパーファミコンのゲームでCERO Dって、なんだか不思議な感じですね。

夏の暑い日は、Wiiでクラシックなホラーゲームをプレイしてみるのもいいかもしれませんね。

『晦-つきこもり』は、好評配信中で価格は800Wiiポイントです。

(C)PANDORA BOX
(C)BANPRESTO 1996
《まさと》

編集部おすすめの記事

任天堂 アクセスランキング

  1. 手のひらサイズの「ファミコン」に名作30本収録!「ニンテンドークラシックミニ ファミコン」発表

    手のひらサイズの「ファミコン」に名作30本収録!「ニンテンドークラシックミニ ファミコン」発表

  2. 『モンハン ストーリーズ』DAIGOをCMキャラに起用、リオレウスと共に世界を救う!

    『モンハン ストーリーズ』DAIGOをCMキャラに起用、リオレウスと共に世界を救う!

  3. 『ポケモンGO』新Ver情報が公開、捕まえた場所が記録されるほかポケモンGO Plusが「おこう」に対応

    『ポケモンGO』新Ver情報が公開、捕まえた場所が記録されるほかポケモンGO Plusが「おこう」に対応

  4. フシギバナ・リザードン・カメックスの「ポケモンジュエリー」が販売中、リングらしかぬド迫力のデザインに

  5. 【特集】『ロックマン エグゼ』15周年特別スタッフ座談会!プリズムコンボ発覚から完結の理由まで

  6. 『モンハン ストーリーズ』OPムービー公開! “ライダー”の冒険を迫力たっぷりに描く

  7. 3DS『にょきにょき たびだち編』発売日変更、11月16日に前倒し

  8. 小型ファミコン「Nintendo Classic Mini: NES」発表!HDMI接続に対応し、30作品を収録

  9. 【特集】『ガンヴォルト 爪』開発陣インタビュー ― 「このゲーム死なないけど大丈夫?」が「すごく面白い」「続編作ろう」に変わるまで

  10. 『ポケモン ダイヤモンド・パール』は今日で10周年!ゲームフリークの大森滋が記念イラストを公開

アクセスランキングをもっと見る

オススメの記事だホ!

page top