Wiiで蘇る名作ホラーアドベンチャー『晦-つきこもり』本日配信

Wiiで蘇る名作ホラーアドベンチャー『晦-つきこもり』本日配信

2012年6月5日(火) 20時20分
  •  の画像

バンダイナムコゲームスは、スーパーファミコンソフト『晦-つきこもり』 をWiiのバーチャルコンソール向けに配信開始しました。

バンプレストより1996年3月1日にスーパーファミコン向けに発売された『晦-つきこもり』。当時は既にプレイステーションやセガサターンが出回っており、3ヶ月後にはニンテンドウ64が発売されるという時期にリリースされたサウンドノベルタイプのホラーアドベンチャーゲームです。ゲーム中はテキストは横ではなく、縦に流れていきます。そういう意味ではゲームと言うより小説に近いイメージですね。



本作は『学校であった怖い話』の続編的タイトルと言う事もあって、ホラーテイスト満載のゲームで、プレイヤーは複数の語り手から怖い話を聞いていき、それを追体験していきます。ゲームに登場する怪談は全部で42種類以上。話をする6人をどのような順番で選ぶかで怪談の内容が変化します。

スーパーファミコン末期に発売されたゲームですが、既に発売から16年が経過しています。また、当時はレーティング制度が無かったので、推奨年齢などの表記はありませんでしたが、『晦-つきこもり』はCERO D指定になります。スーパーファミコンのゲームでCERO Dって、なんだか不思議な感じですね。

夏の暑い日は、Wiiでクラシックなホラーゲームをプレイしてみるのもいいかもしれませんね。

『晦-つきこもり』は、好評配信中で価格は800Wiiポイントです。

(C)PANDORA BOX
(C)BANPRESTO 1996

(Article written by まさと)
関連記事

任天堂アクセスランキング


機種 SFC
ジャンル ADV
発売元 バンプレスト
開発元
発売日 1996年03月01日
プレイ人数 1人プレイ専用
おすすめ記事