人生にゲームをプラスするメディア

フランス取材で見た社会的活用が進むシリアスゲーム

ゲームビジネス 開発

フランス北東部のヴァレンシアンヌで5月24日にシリアスゲームの国際会議「e-virtuoses」(主催:CCI Grand Hainaut商工会議所)があり、フランス各地から約300名が▽コミュニケーション&マーケティング▽訓練&教育▽リスク&危機管理▽概論--の4分野に分かれて議論を行いました。

また23日に開催された前夜祭では優れたシリアスゲームを表彰する年間アワードが開催され、視覚障害者向けアクションアドベンチャー「The explorer and the mystery of the diamond scarab」がベストプロダクト賞を受賞しました。開発スタジオはオランダのMAD Multimediaで、今年1月にWiiで発売されています。

前夜祭は古城のホテルで開催された晩餐会でアワード結果が発表MAD Multimediaの受賞風景


他の部門賞は下記の通りです。なお映像は下記サイトから視聴できます。
http://www.e-virtuoses.net/uk/the-awards.html

・コミュニケーション&マーケティング部門
「Disney stars, l'agence virtuelle」【開発:KTM Advance(フランス)】

・訓練&教育部門
「Ludwig」【開発・販売:Ovos (Autria)】

・リスク&危機管理
「Wattou」【開発:Succubus Interactive(フランス)】

「Disney stars」は仏最大手のシリアスゲーム開発会社KTM Advanceがディズニーランド・パリの発注で開発した社員教育用ゲームで、お客様の要望にこたえてホテルやアトラクションなど、最適なパッケージングを提案するというもの。「Ludwig」は物理法則をゲームで学ぶアドベンチャー。「Wattou」はフランスの電力会社ERDFの作業員が、電気工事を行う上での注意点をゲームで学ぶという内容になっています。一般向けに販売されるゲームもありますが、総じて企業向けのB2Bタイトルが中心である点がフランス(そして海外)のシリアスゲームの特徴です。

The explorer and the mystery of the diamond scarabDisney stars, l'agence virtuelle
LudwigWattou


■国や地方自治体の産業政策としてシリアスゲームが拡大
《小野憲史》

編集部おすすめの記事

特集

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. 話題のホラーゲーム『Year Of The Ladybug』開発中止

    話題のホラーゲーム『Year Of The Ladybug』開発中止

  2. 【インタビュー】『シャドウバース』メインプランナーが今考えているコト―「バハムート降臨」からゲームデザイン論まで

    【インタビュー】『シャドウバース』メインプランナーが今考えているコト―「バハムート降臨」からゲームデザイン論まで

  3. 狂気のホラー『Year Of The Ladybug』発売日、ストーリー、開発状況は?―現時点の情報まとめ

    狂気のホラー『Year Of The Ladybug』発売日、ストーリー、開発状況は?―現時点の情報まとめ

  4. 狂気のホラー『Year Of The Ladybug』主人公は連続殺人犯…日本語字幕トレイラー公開

  5. 狂気に満ちた『Year Of The Ladybug』初トレイラー遂に公開!心が不安定になる…

  6. ドラコレスタジオ兼吉氏が語る 「メイド・イン・ジャパン」で世界を目指すコナミのソーシャルコンテンツ

  7. 【特集】『東方Project』商業・海外展開の裏側、その背景には時代の変化が

  8. 3回目を迎える東京ロケテゲームショウ!ロケテの聖地に同人・インディーゲームが一堂に会する 主催者と出展社が語るイベントの意義と未来

  9. グラビアアイドル×VR=けしからん!パノラマ動画「VRガール」公開

  10. 『スペースチャンネル5』新作発表!時代が追いつきVR作品に

アクセスランキングをもっと見る