人生にゲームをプラスするメディア

小学生のインターネット利用「ゲームをする時」6割強 ― 英会話のGaba調べ

ゲームビジネス 市場

英会話教室を展開するGABAは、「子どもの教育に関する保護者の意識調査2012」の結果を公表しました。

この調査は、2012年4月27日~5月7日の期間に行われたもので、小学1年生~小学6年生の子どもを持つ30歳~59歳の父親500名・母親500名、合計1,000名から回答を得ました。

まず、習い事開始状況についてみると、「新学年になってから、新しい習いことを始めた」割合は、全体では19.8%と、約2割となり、学年別にみると、1年生がもっとも高く、35.5%で3人に1人の割合となり、小学生になって新しい習いことにチャレンジしている様子が窺えました。

現在習っているものを聞いたところ、全体では「スイミング」24.8%がもっとも高く、「学習塾」18.9%、「ピアノ」16.7%、「書道」12.5%、「英会話」9.6%が続きました。また、習いことをしていないのは25.5%でした。

1日のうちでどれくらい子どもと向き合って親子の会話をするか聞いたところ、「15分~30分未満」20.4%、「30分~45分未満」14.8%、「45分~1時間未満」15.8%、「1時間~1時間半未満」14.7%と15分~1時間半までの回答が多くなっており、平均時間は1時間9分でした。

携帯電話の保有率は、全体では19.7%と2割となっており、学年別では、低学年(1~2年生)11.4%、中学年(3~4年生)21.9%、高学年(5~6年生)25.7%と学年が上がるにつれ高くなりました。高学年(5~6年生)では、「スマートフォンを持たせている」との回答も1.2%(4件)見られました。

子どものインターネット利用について子どもに聞いてみると、「学校の宿題をする時」では、「よく利用している」3.2%、「時々利用している」11.6%、「数回利用したことがある程度」20.6%で、利用経験率は35.4%となりました。「友達と交流をする時」では、「よく利用している」2.2%、「時々利用している」5.6%、「数回利用したことがある程度」5.8%で、利用経験率は13.6%でした。

そして「ゲームをする時」では、「よく利用している」12.4%、「時々利用している」27.3%、「数回利用したことがある程度」21.7%で、利用経験率は61.4%と6割強となりました。

(協力調査機関:ネットエイジア)
《冨岡晶》

編集部おすすめの記事

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. 株式会社ディンゴが倒産、編集部でも確認―代表作は『フォトカノ』『初音ミク -Project DIVA-』

    株式会社ディンゴが倒産、編集部でも確認―代表作は『フォトカノ』『初音ミク -Project DIVA-』

  2. まさかのメガドライブ新作『PAPRIUM』が発売決定!―蘇る16Bitアクション

    まさかのメガドライブ新作『PAPRIUM』が発売決定!―蘇る16Bitアクション

  3. ディンゴの従業員は全員解雇、未払賃金立替払を申請中

    ディンゴの従業員は全員解雇、未払賃金立替払を申請中

  4. 『スーパーロボット大戦』『魔装機神』のウィンキーソフトが倒産 ― 2000年頃からヒット作に恵まれず

  5. 「狼と香辛料」作者が送るVRアニメ『Project LUX』Steam配信へ

  6. 【特集】『東方Project』商業・海外展開の裏側、その背景には時代の変化が

  7. グラビアVRの圧倒的没入感を支える技術とは、「トキメキメテオ」の撮影を手がける株式会社シータに訊いた

  8. 現実で内気な人ほどオンラインで友人が多い? ドイツの研究

  9. GTX 1080 Tiで動作する『FF15』!GDC海外映像―ネコもふさふさ

  10. 「攻殻機動隊」VRアプリが配信スタート サイバー感溢れる映像が360度で展開

アクセスランキングをもっと見る