人生にゲームをプラスするメディア

コザキユースケ氏、『ファイアーエムブレム 覚醒』の落書きイラストを披露

任天堂 3DS

好評発売中のニンテンドー3DSソフト『ファイアーエムブレム 覚醒』、キャラクターデザインやイラストレーションを担当しているコザキユースケ氏がゲームに登場するキャラクターのイラストをTwitterにて披露しています。

5月27日は『ファイアーエムブレム 覚醒』物語の主人公であるクロムの誕生日でした。日付が変わって間もない5月28日早々、コザキユースケ氏が「結局自分で着る事にしました」と題した落書きが投稿されました。

落書き「結局自分で着る事にしました」 on Twitpic


イラストを見てると、描かれているキャラクターはルキナで「うーん実に素晴らしいと思うんですけどねー・・・」と思いながら自身の着てる服を見ている様子。表情をみると、ちょっと照れ気味でしょうか。

ゲームをかなりやりこんだ人が見ると、(恐らく)あの会話シーンに関連するイラストだなとニヤリとするイラストになっていると思います。まだ未クリアの方が見てもネタバレにはならないと思うので、そこはご心配なく。

その後コザキユースケ‏氏は「あ、絵自体も設定も公式としてではなく、単なる僕の想像のファンアートです!」とツイートしています。

このようなイラストは公式で露出することは殆どないので、ファンにとって嬉しい1枚ではないでしょうか。

仕事の合間の落書き 髪をおろしたリズ on Twitpic朝にムラっときて落書きしたくなる病です サーリャ。。。... on Twitpic


他にもちょこちょこ描いているようです。ゲームではあまり見られなかった一面が見られるのが面白いですね。

『ファイアーエムブレム 覚醒』は、好評発売中価格は4800円(税込)です。

(C)2012 Nintendo/INTELLIGENT SYSTEMS
《まさと》

編集部おすすめの記事

任天堂 アクセスランキング

  1. 【特集】『ポケモンGO』ボールが真っ直ぐ飛ばない人必見!チュートリアルが教えてくれない役立ち情報

    【特集】『ポケモンGO』ボールが真っ直ぐ飛ばない人必見!チュートリアルが教えてくれない役立ち情報

  2. 「ポケモンGO Plus」詳細公開!「ぼうけんノート」や便利な連動機能が明らかに

    「ポケモンGO Plus」詳細公開!「ぼうけんノート」や便利な連動機能が明らかに

  3. 出雲大社、境内での『ポケモンGO』プレイを禁止にすると発表

    出雲大社、境内での『ポケモンGO』プレイを禁止にすると発表

  4. 『ポケモンGO』サービス混雑で13歳未満の新規プレイヤーが遊べない状況に

  5. ソニックが2人!?『Project Sonic』海外発表―NX/PS4/XB1/PC向けに開発中

  6. 株式会社ポケモンが『ポケモンGO』に導入した安全対策を公開…トレーナーガイドラインやサービス利用規約も

  7. 『ポケモン サン・ムーン』8月1日22時ごろに新情報が公開

  8. 【特集】『ロックマン エグゼ』15周年特別スタッフ対談!プリズムコンボ発覚から完結の理由まで

  9. 【特集】『ポケモンGO』プレイ前に揃えておきたいアイテムまとめ

  10. 小型ファミコン「Nintendo Classic Mini: NES」発表!HDMI接続に対応し、30作品を収録

アクセスランキングをもっと見る

page top