人生にゲームをプラスするメディア

『スーパーマリオ』の名をかたった偽物ゲームがApp Store無料アプリ1位に・・・

モバイル・スマートフォン iPhone

任天堂の『スーパーマリオ』を騙った悪質なiOSアプリがApp Storeで無料アプリ1位になっています。マルウエアなど危険なプログラムがふくまれる可能性もありますので、決してダウンロードしないようにしましょう。

このアプリは『スーパーマリオ』そのまんまの名前、『New スーパーマリオブラザーズ』のイラストを用いて本物の様に見えますが、もちろん真っ赤な偽物ゲーム。キノコと言ったマリオらしい名前を使っていますが、5つの属性、全く関係のないゲーム内容と、突っ込み所満載のアプリ内容になっていて、ユーザーレビューは2000件以上が★1つの評価を下しています。

■詳細
キノコの配列は、5つの要素、水、火、金、木、土、素早く敵を破壊するために、これらの魔法の武器を使用する魔法の武器を提供し、それぞれの敵には、対応する宿敵を持っています。それぞれのキノコは、魔法の武器が装備されていますが、他の魔法の杖に変更することができます。ユーザーのアクセスが1000を超えて指している場合、魔法の武器に交換することができます。楽しいマジックの無限の変化ですが、ゲームへの変更の富をもたらします。

配信開始から数日経った現在もダウンロード可能な状態で1位にランクインしています。1位の人気無料アプリだからと言って、間違ってもダウンロードしたり、課金したりしないよう注意してください。

なお、2012年2月頃は『ポケットモンスター ファイアレッド・リーフグリーン』の偽物アプリ『Pokemon Yellow』が同様にApp Storeで並んでいたことがありました。
(現在は削除済み)
《まさと》

編集部おすすめの記事

モバイル・スマートフォン アクセスランキング

  1. 金融庁が『ポケモンGO』のポケコインを調査―資金決済法に関わる問題

    金融庁が『ポケモンGO』のポケコインを調査―資金決済法に関わる問題

  2. 『タワー オブ プリンセス』が初音ミクとコラボ! オリジナルストーリーや期間限定コラボ装備も登場

    『タワー オブ プリンセス』が初音ミクとコラボ! オリジナルストーリーや期間限定コラボ装備も登場

  3. 「東方Project」公式LINEスタンプが配信開始、魔理沙・霊夢・チルノなどがスタンプに

    「東方Project」公式LINEスタンプが配信開始、魔理沙・霊夢・チルノなどがスタンプに

  4. 【CEDEC 2016】『チェンクロ』開発者が語る「摩耗しない」モバイルゲーム運営...ストーリー性の価値を説く

  5. 『ポケモンGO』アップデート配信開始…「強さを評価してくれる機能」に加え、バグ修正も

  6. 不正なしで100万経験値獲得目指した『ポケモンGO』ユーザー、挑戦中にBANされる

  7. 『ポケモンGO』国内初の死亡事故…自動車運転中にプレイと供述、72歳女性が死亡

  8. 『シャドウバース』に新カードパック「ダークネス・エボルヴ」登場!9月アプデ内容も公開、PC版は8月22日リリース

  9. 『Pokemon GO』システム詳細公開!昼夜の概念があり、ポケモンが持つ技は2つ、進化には「進化のカケラ」が必要

  10. 全ての課金がいつでも5%還元に!「SMART GAME(スマートゲーム)」で『戦国炎舞 -KIZNA-』をプレイしてみた

アクセスランキングをもっと見る

page top