人生にゲームをプラスするメディア

『ニンテンドーDS教室』、学生がすぐに利用できる操作性に着目・・・教育ITソリューションEXPO

任天堂 DS

シャープの展示ブース
  • シャープの展示ブース
  • リアルタイムで生徒の回答が確認できる
  • ニンテンドーDS教室に必要なDS
 アジア最大の学校向けIT専門展「教育ITソリューションEXPO(EDIX)」が5月16日から18日の3日間、間東京ビッグサイトで開催された。シャープの展示ブースでは、ニンテンドーDSを活用した授業が紹介されていた。

 「ニンテンドーDS教室」は、専用のニンテンドーDSi LLと専用のPCを使って、無線で教員と生徒をつなげるシステム。教員は、表計算ソフトで練習問題や暗記カードなどの教材を作成し、生徒はDSを使って問題を解いていく。正解率や各生徒の進歩状況をリアルタイムで確認することができ、以後の授業展開にも反映することができるという。

 簡単に持ち運びができることもあり、野外活動でカメラ機能を活用したり、撮った写真に手書きメモを付けたりと活用方法が幅広いのも特徴だ。

 ニンテンドーDS教室を導入した奈良文化高等学校では、難関私立大学への進学を目指す特進コースの生徒を対象に、英語・国語・日本史の反復学習や暗記の小テスト、内蔵の辞書ソフトなどを活用している。同校の教員は、専用PCにリアルタイムで表示される生徒の回答から、生徒ひとりひとりに配慮したコミュニケーションを図れるようになったという。

 タブレット端末を活用した教育ICTソリューションも提供しているシャープだが、生徒のITスキルに関係なく誰でも簡単に操作できることが魅力だという。展示ブースを担当していた羽多正次氏によると、限られた授業時間の中で、操作方法の説明が必要になるタブレット端末に比べ生徒にとって親しみ深いDSは効率的だという。

 クラス単位で端末が必要となる学校では、タブレット端末に比べ価格が抑えられることも大きな魅力だろう。その上、コンパクトで耐久性にも優れていることから、低学年の野外活動にも安心して活用できる。今回のEDIXでは、タブレット端末を活用した事例やデモが多かった中、DSの特性を最大限に生かした紹介は新鮮に見えた。

【EDIX】シャープの「ニンテンドーDS教室」、学生がすぐに利用できる操作性に着目

《湯浅 大資》

編集部おすすめの記事

任天堂 アクセスランキング

  1. 任天堂から訴訟された「マリカー」から声明

    任天堂から訴訟された「マリカー」から声明

  2. 任天堂、『マリオカート』を真似たカートレンタル会社を提訴

    任天堂、『マリオカート』を真似たカートレンタル会社を提訴

  3. ニンテンドースイッチ発売時に「バーチャルコンソール」の販売はなし─国内向けに改めて発表

    ニンテンドースイッチ発売時に「バーチャルコンソール」の販売はなし─国内向けに改めて発表

  4. 『スプラトゥーン2』新バトルBGM「Rip Entry」が公開!楽曲を手がけるのはSNSで集ったロックバンド「Wet Floor」

  5. スイッチのロンチDLソフトに『VOEZ』『ブラスターマスター ゼロ』などが追加!ポイソフトやアークシステムワークスの新作も

  6. 『ゼルダの伝説 BoW』amiiboを使うと何が起きるの? 入手アイテムなどを一挙紹介…“古代の素材”など気になるものも

  7. 『ゼルダ』ライクな洋RPG『Oceanhorn』がニンテンドースイッチに!

  8. 『ポケモンGO』「ポケモンボックスアップグレード」のセールが実施、17日ごろ~28日ごろまで

  9. 『スプラトゥーン2』にボイスチャット機能が搭載!―スマートデバイスを使用する形式に

  10. ニンテンドースイッチ、Amazonなどで予約再開【追記あり】

アクセスランキングをもっと見る