人生にゲームをプラスするメディア

サイバー密輸品第1位は任天堂の違法コピーチップ・・・ソウル税関

任天堂 3DS

朝鮮日報が伝えたソウル税関でのインターネットなどを通じたサイバー密輸の摘発件数によれば、最も多かったのは違法にコピーされた任天堂のゲームチップだったとのこと。大部分が中国などで製造されたものと思われます。

関税庁ソウル本部によれば、昨年の取締実績は6999億ウォン(約486億円)で、2007年と比較すると7倍にも増加したとのこと。品目で最も多いのは家庭用電気製品で1070億ウォン、中でも任天堂の違法コピーチップが大半を閉めたとのこと。

任天堂は各国当局と連携して、こうした製品の摘発に力を入れていますが、依然として多くが流通する状況は変わっていないようです。
《土本学》

編集部おすすめの記事

任天堂 アクセスランキング

  1. 【特集】『スプラトゥーン2』新作でどうなる!?前作に出た気になる注目ブキ10選

    【特集】『スプラトゥーン2』新作でどうなる!?前作に出た気になる注目ブキ10選

  2. 任天堂から訴訟された「マリカー」から声明

    任天堂から訴訟された「マリカー」から声明

  3. ヨドバシ.comでニンテンドースイッチ(グレー)の予約受付が再開

    ヨドバシ.comでニンテンドースイッチ(グレー)の予約受付が再開

  4. ファミコン700作以上の海外スピードラン、3年がかりで遂に完走

  5. ニンテンドースイッチ、Amazonなどで予約再開【追記あり】

  6. ニンテンドースイッチ発売時に「バーチャルコンソール」の販売はなし─国内向けに改めて発表

  7. 『ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド』海外ゲーム映像が続々到着!

  8. スイッチのロンチDLソフトに『VOEZ』『ブラスターマスター ゼロ』などが追加!ポイソフトやアークシステムワークスの新作も

  9. 【特集】『ロックマン エグゼ』15周年特別スタッフ座談会!プリズムコンボ発覚から完結の理由まで

  10. 任天堂、『マリオカート』を真似たカートレンタル会社を提訴

アクセスランキングをもっと見る