人生にゲームをプラスするメディア

Amazon、ゲーム買取サービス開始 ― 申込・集荷など無料で

ゲームビジネス 流通

通販サイト大手のAmazonは、テレビゲーム買取サービスを開始しました。

Amazon.co.jpによるゲーム買取サービスは、インターネットからの申し込みと、宅配業者による集荷によって無料で完了します。Amazon以外で購入したゲームでも利用可能で、一点からでも送料無料の宅配便で申し込みすることができます。

利用者は買い取ってもらいたいタイトルを検索し、一覧から選択。その際、買取金額は事前に表示されます。現時点で取り扱っているプラットフォームは「PS3」「PS2」「PSP」「PS Vita」「Wii」「DS」「3DS」「Xbox360」の8種類。今後旧ハードなどを取り扱っていくかは不明です。

買取サービスは18歳以上(高校生不可)のみ利用でき、商品のコンディションは自己判断で「良い」と「可」から選択。一覧には「良い」コンディションの場合の買取金額が表示されています。査定によりコンディションがダウングレードした場合も「返送」などを細かに指定することができます。

印刷し署名した「買取申込書」、身分証明書のコピー、ゲームソフトを梱包し、箱や封筒に詰め、集荷に来た宅配業者に手渡せば完了。集荷日時の指定も可能です。買取業者は商品受領後、原則24時間以内に査定を完了し、買取金額分のAmazonギフト券が利用者に支払われます。

サービス内容の詳細やガイド動画が、当該ページにて公開されていますので、そちらもぜひチェックしてみてください。

自宅にいながら全て無料で完了するゲーム買取システム。中古ゲームソフト市場に新たな風を巻き起こすことになりそうです。
《津久井箇人 a.k.a. そそそ》

編集部おすすめの記事

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. 話題のホラーゲーム『Year Of The Ladybug』開発中止

    話題のホラーゲーム『Year Of The Ladybug』開発中止

  2. インディーゲームの祭典「BitSummit」出展エントリーの延長が決定、1月31日までに

    インディーゲームの祭典「BitSummit」出展エントリーの延長が決定、1月31日までに

  3. 狂気のホラー『Year Of The Ladybug』発売日、ストーリー、開発状況は?―現時点の情報まとめ

    狂気のホラー『Year Of The Ladybug』発売日、ストーリー、開発状況は?―現時点の情報まとめ

  4. 【GDC 2015】App StoreやGoogle Playでフィーチャーされる秘訣は「ビックマック」にあり!?

  5. ゲーム会社の就職に求められるポートフォリオとは?現役クリエイターが学生に指導

  6. 狂気のホラー『Year Of The Ladybug』主人公は連続殺人犯…日本語字幕トレイラー公開

  7. 横スクACT『INSIDE』のサウンドは“人間の頭蓋骨”を通して録音されていた!

  8. 狂気に満ちた『Year Of The Ladybug』初トレイラー遂に公開!心が不安定になる…

  9. VRコントローラー「Oculus Touch」をどう使う? 違和感ない操作をOculusのエンジニアがアドバイス

  10. 【CEDEC 2014】知っておきたいゲーム音楽著作権、JASRACが教える有効な利用法

アクセスランキングをもっと見る