人生にゲームをプラスするメディア

【プレイレビュー】不思議な世界の動く絵本・・・注目インディータイトル『Botanicula』

その他 全般

『Botanicula』ミニプレイレポ
  • 『Botanicula』ミニプレイレポ
  • 『Botanicula』ミニプレイレポ
  • 『Botanicula』ミニプレイレポ
今回はインディーズゲームを初めてプレイする!というインディー初心者の方々に向け、Amanita DesignよりPC向けに4月19日リリースされた『Botanicula』をご紹介します。

インディーズゲームと言えば、商業ベースでは無い“尖った世界観”を持った作品が多いのも大きな魅力の1つ。本作はそんな尖った世界観を持ちつつも、英語が一切わからないユーザーでもプレイが出来る、楽しく敷居の低いタイトルとなっています。

本作のジャンルは、マウスでオブジェクトをタッチしながら進めていくクリックポイント形式のアドベンチャーゲーム。プレイヤーは5人の森の住人たちを操作しつつ、画面上で何かを探したり、触ってみたり、或いは使ったりしながら障害や問題を解決し、森を脅かす黒い胞子のようなパラサイトから木の種子を守ることが目的となります。

ゲームプレイは至って簡単で、操作はマウスポインタで画面上の気になる物体を触れていくだけ。ゲーム中に台詞は登場せず、謎解きも言葉や数字を使わない閃けば簡単に解けるものが多いので、英語がわからずパズルがニガテという人でも安心です。マウスでクリックすると音が鳴り、音楽が紡がれていく様はまるで“動く電子絵本”のようでとても楽しく、本作はこの触れると動いて音が鳴るオブジェクトのリアクションを感じることも、ゲームを楽しんでいく上で重要な要素となっています。

幻想的なグラフィックとテンポの良いアニメーションの融合、愛らしいサウンド、素敵な登場キャラクターたち。“不気味カワイイ”とでも言うような独自の雰囲気作りは、開発スタジオのAmanitaが得意とするもので、今作でも存分に堪能することができます。また本作はチェコバンドDVAの幻想的かつサイケデリックなサウンドや、可愛らしい森の住人たちが多く登場するので、過去作よりもアクが少なく遊びやすくなっている筈。むしろそういったクドさを好んでいる従来のAmanitaファンは物足りなさを感じるかも?



なお本作をプレイして気に入った方は、同じクリエイターAmanitaの代表作である『Machinarium』や『Samorost 2』、或いは無料の『Samorost』にも挑戦して、大型連休中にインディーゲームのさらに奥へ一歩を踏み出してみてはいかがでしょう。
《Game*Spark》

編集部おすすめの記事

特集

その他 アクセスランキング

  1. 【昨日のまとめ】話題のホラーゲーム『Year Of The Ladybug』開発中止、プレイヤーの性格を武器にする『Last Standard』、ニンテンドースイッチ・海外での初回予約は続々終了…など(1/19)

    【昨日のまとめ】話題のホラーゲーム『Year Of The Ladybug』開発中止、プレイヤーの性格を武器にする『Last Standard』、ニンテンドースイッチ・海外での初回予約は続々終了…など(1/19)

  2. PS Vita向け新作『死印』不気味なパッケージデザインが話題―ウェディングドレス姿の怪物の正体…?

    PS Vita向け新作『死印』不気味なパッケージデザインが話題―ウェディングドレス姿の怪物の正体…?

  3. ニンテンドースイッチ本体、海外での初回予約は続々終了

    ニンテンドースイッチ本体、海外での初回予約は続々終了

  4. 『モンハン』リアル脱出ゲームが3月22日より全国16都市で開催、火竜リオレウスに挑むハンターとして謎を解け!

  5. 「セガ新宿歌舞伎町」1月21日オープン! 『龍が如く』による記念イベントを展開

  6. 狂気ホラー『Year Of The Ladybug』中止声明全文―「素晴らしい旅だった」

  7. 中世の職業を“ゲームユニット”風に解説する「十三世紀のハローワーク」発売…松野泰己が「これ、パクってイイ?」と絶賛

  8. 「デレマス」より「渋谷凛 Triad Primus Ver.」フィギュアが登場、細かなフリルやチラリと見える肌がセクシー

  9. 【特集】自販機でジュースを買い、『鉄拳7』をさらに極める方法とは?

  10. 【日々気まぐレポ】第182回 「HGBF ルナゲイザーガンダム」登場!意外な組み合わせで誕生した異色のガンプラに迫る

アクセスランキングをもっと見る