人生にゲームをプラスするメディア

Wiiで遊べる『ファイアーエムブレム』シリーズ

任天堂 Wii

任天堂より好評発売中のニンテンドー3DSソフト『ファイアーエムブレム 覚醒』では、過去のシリーズ作から人気キャラクターが続々と追加コンテンツとして配信中です。

丁度ゴールデンウィークと言うタイミングですし、Wiiで遊べる過去の『ファイアーエムブレム』シリーズをまとめてみました。ファミコン&スーパーファミコンで発売された全5作が手軽に遊べますよ。

■Wiiで遊べる『ファイアーエムブレム』シリーズ
・ファイアーエムブレム 暗黒竜と光の剣
ハード:ファミリーコンピュータ
価格:500Wiiポイント

・ファイアーエムブレム 外伝
ハード:ファミリーコンピュータ
価格:500Wiiポイント

・ファイアーエムブレム 紋章の謎
ハード:スーパーファミコン
価格:800Wiiポイント

・ファイアーエムブレム 聖戦の系譜
ハード:スーパーファミコン
価格:800Wiiポイント

・ファイアーエムブレム トラキア776
ハード:スーパーファミコン
価格:800Wiiポイント

■キャラクターの登場作品
マルス:『ファイアーエムブレム 紋章の謎』(リメイク元の『暗黒竜と光の剣』にも登場)
アルム:『ファイアーエムブレム 外伝』
リーフ:『ファイアーエムブレム トラキア776』(『聖戦の系譜』にも登場)

いずれも基本的なシステムは変わらず、「三すくみ」をはじめ、やられたら復活しないシステムになっています。結婚システムは「聖戦の系譜」のみ搭載しており、『覚醒』に近い雰囲気があるかもしれませんね。

なお、『トラキア776』は『ファイアーエムブレム』シリーズ最高の難易度を誇ることで有名。腕に自信のあるエムブレマーの方はぜひ。『紋章の謎』はDSで発売された『新・暗黒竜と光の剣』や『新・紋章の謎』に近い内容ですが、やや異なります。初めて過去作を遊ぶ方は、やはり『紋章の謎』が無難ですね。

購入の際はニンテンドープリペイドカードかクレジットカードが必要になります。もちろん『ファイアーエムブレム 覚醒』柄のプリペイドカードもWiiで使えます。せっかくですし、このデザインのカードで買うってのもいいかもしれませんね。

キャラクターは知っているけど原作は知らない・・・と言う方は、この機会に遊んでみてはいかがでしょうか。
《まさと》

編集部おすすめの記事

任天堂 アクセスランキング

  1. 【レポート】『ポケモンGO』レアポケモン「ラプラス」求め多くのトレーナーが江ノ島へ

    【レポート】『ポケモンGO』レアポケモン「ラプラス」求め多くのトレーナーが江ノ島へ

  2. 【特集】『ポケモンGO』ボールが真っ直ぐ飛ばない人必見!チュートリアルが教えてくれない役立ち情報

    【特集】『ポケモンGO』ボールが真っ直ぐ飛ばない人必見!チュートリアルが教えてくれない役立ち情報

  3. 『ポケモンGO』各チームリーダーのビジュアルが公開、キャラデザを担当したコザキユースケからのイラストも

    『ポケモンGO』各チームリーダーのビジュアルが公開、キャラデザを担当したコザキユースケからのイラストも

  4. ゲーム攻略SNS「Lobi」にて「ポケモンGO攻略マップwiki」公開、現時点でポケモンの50%以上を発見

  5. 「ポケモンGO Plus」詳細公開!「ぼうけんノート」や便利な連動機能が明らかに

  6. 今週発売の新作ゲーム『討鬼伝2』『アイドルマスター プラチナスターズ』『パズドラクロス 神の章/龍の章』他

  7. 任天堂、『ポケモンGO』が業績に与えるインパクトは「限定的」と言及

  8. 警視庁のケモノ娘「テワタサナイーヌ」から『ポケモンGO』を遊ぶうえでの注意点が発表

  9. 出雲大社、境内での『ポケモンGO』プレイを禁止にすると発表

  10. 【特集】『ロックマン エグゼ』15周年特別スタッフ対談!プリズムコンボ発覚から完結の理由まで

アクセスランキングをもっと見る

page top