人生にゲームをプラスするメディア

『オール仮面ライダー ライダージェネレーション2』通信協力プレイに対応 ― 予約特典も明らかに

任天堂 DS

バンダイナムコゲームスは、ニンテンドーDS/PSPソフト『オール仮面ライダー ライダージェネレーション2』の最新情報を公開しました。

『オール仮面ライダー ライダージェネレーション2』は、2011年8月4日に発売された『オール仮面ライダー ライダージェネレーション』の続編です。仮面ライダーが50体以上使用可能なことに加え、敵も50体以上が登場するとのことで、ライダーゲーム史上最多となる100キャラクターが登場する作品となっています。

システムも改良され、よりアクションスピードが速くなり全体的にスピード感あふれるバトルが可能に。また前作から登場のライダーにも、新技・攻撃モーションが追加されるとのこと。新フォームの追加で再現度もアップし、より個性溢れる戦いが可能になる模様です。演出面もパワーアップ。使用可能なライダー50体以上すべてに、“超ひっさつ技演出”を実装。前作からの登場ライダーにも新規カットが追加されています。

そして通信プレイにも対応。通信協力プレイを楽しむことが可能になっています。巨大な仮面ライダーコアに2人で立ち向かったり、フォーゼ&メテオで共闘したりといった、熱いシチュエーションが再現されました。

予約特典は、いきなり50ライダーが使える「禁断の50ライダー即開放ステッカーブック」に決定。50体のライダーから好きなライダーのステッカーを剥がして、そこに記載されたパスワードを入力することで即使用可能になるステッカーブックとなっています。

なお、初期から使用可能なライダーに関しては、技を開放するものとなっています。
※数には限りがございます。なくなり次第終了とさせて頂きます。
※写真・イラストはイメージです。内容・仕様は予告無く一部変更になる場合がございます。
※一部店舗では取り扱いのない場合がございます。詳しくは店頭にてお問い合わせ下さい。


『オール仮面ライダー ライダージェネレーション2』は8月2日発売予定。価格はDS版が5,230円(税込)、PSP版が6,280円(税込)です。

(C)石森プロ・テレビ朝日・ADK・東映ビデオ・東映
(C)2012 NBGI
《冨岡晶》

編集部おすすめの記事

任天堂 アクセスランキング

  1. 任天堂、『マリオカート』を真似たカートレンタル会社を提訴

    任天堂、『マリオカート』を真似たカートレンタル会社を提訴

  2. スイッチのロンチDLソフトに『VOEZ』『ブラスターマスター ゼロ』などが追加!ポイソフトやアークシステムワークスの新作も

    スイッチのロンチDLソフトに『VOEZ』『ブラスターマスター ゼロ』などが追加!ポイソフトやアークシステムワークスの新作も

  3. ニンテンドースイッチ発売時に「バーチャルコンソール」の販売はなし─国内向けに改めて発表

    ニンテンドースイッチ発売時に「バーチャルコンソール」の販売はなし─国内向けに改めて発表

  4. 『ゼルダの伝説 BoW』amiiboを使うと何が起きるの? 入手アイテムなどを一挙紹介…“古代の素材”など気になるものも

  5. 米任天堂、スイッチのインディータイトルに関するプレゼンテーションを実施

  6. スイッチ『いっしょにチョキッと スニッパーズ』はロンチソフトに、公式サイトがオープン

  7. ニンテンドースイッチ向け「バーチャルコンソール」海外ローンチ時には未実装

  8. ニンテンドースイッチ、Amazonなどで予約再開【追記あり】

  9. SIE吉田修平氏がニンテンドースイッチを体験、ジョイコン「乳搾り」にご満悦

  10. 【3DS DL販売ランキング】『DQMJ3 プロフェッショナル』ついに首位へ、『ドラゴンシンカー』初登場ランクイン(2/23)

アクセスランキングをもっと見る