人生にゲームをプラスするメディア

『機動戦士ガンダムAGE』3世代の物語を完全収録したRPGに

ソニー PSP

バンダイナムコゲームスは、プレイステーション・ポータブルソフト『機動戦士ガンダムAGE』の最新情報を公開しました。

『機動戦士ガンダムAGE』は、レベルファイブ開発による、ガンダムの世界をRPGで冒険できる最新作。フリット、アセム、キオの3世代の物語を完全収録し、100年にわたる戦いが描かれています。

ゲームオリジナルの「AGEウェア」も登場。すべて海老川兼武氏描き起こしデザインのラフ設定をもとにモデル化されたものとなっています。

「AGE-1ガンデッド」は、右腕部に巨大なバズーカ砲を搭載したAGEウェア。さらに左腕部のエネルギー加速器をドッキングすることで、戦艦の主砲並みの一撃を放つことができます。

「AGE-1マギナ」は、魔術師のようにローブを纏ったような外観と、ロッド型ビームライフルによる射撃戦を主体としたAGEウェア。またローブ部分のエネルギータンクを解放することで、一定時間の間ビームによる射撃の威力をアップ出来ます。

「AGE-1ソーディア」は、中世の騎士をモチーフにした、鉄壁の防御を誇るAGEウェア。ナイトソードにエネルギーを集中させることで、放射状に剣の波動を放つことができます。

また本作では、手に入れた武器やパーツで多様なMSカスタマイズが楽しめます。プレイヤーは「コアブロック」「アームウェア」「レッグウェア」「ウェポン(射撃武器/格闘武器)」「オプションパーツ」の8項目を組みあせてモビルスーツのカスタマイズを楽しめるとのこと。

「アームウェア」「レッグウェア」では、装備するものによってパラメータや戦闘時に使用可能なアクションコマンドが変化します。さらに、アニメに登場するモビルスーツはもちろん、組み合わせることでゲームオリジナルのモビルスーツを作成できます。

戦闘では、SPゲージを消費することで一撃必殺の大技「ランブバースト」を発動可能。サークルに捉えた敵の数によって、乱舞の性能が変化しますが、サークルには、「円型」だけでなく、「扇型」「直線型」など、様々な「形」が存在。一定以上SPゲージがある状態で、戦闘中にRボタンを押すとランブバースト発動。サークル内にエネミーを捉えた状態で、Rボタンを離すことで、強力な乱舞攻撃が発動します。

なお、サークル内に捉えた敵が、「単体」か「複数」かによって、一体当たりに与えるダメージが変化します。

そして、敵を倒すことで手に入るテクノロジードロップを使い、ウェアパーツの設計図を作成できます。設計図を作成した上で、さらにそのパーツを作成するのに必要な合金や破片などの素材を集めて使用することでパーツが完成。設計図は一度完成すればなくなりません。

その他、テクノロジードロップや素材をコアブロックに使用することで強化することも可能。レシピ作成のみに使用されるテクノロジードロップや使わない素材なども使用できるのでクズアイテムが無くなります。

『機動戦士ガンダムAGE』は、2012年夏発売予定で価格は未定です。

(C)創通・サンライズ・MBS
《冨岡晶》

編集部おすすめの記事

ソニー アクセスランキング

  1. 美少女従魔RPG『よるのないくに2 ~新月の花嫁~』12月22日発売決定、新システム「リリィ」などの情報も

    美少女従魔RPG『よるのないくに2 ~新月の花嫁~』12月22日発売決定、新システム「リリィ」などの情報も

  2. PS4/PS Vita『フィリスのアトリエ』の新たな登場キャラやゲームシステムなどの最新情報が公開!

    PS4/PS Vita『フィリスのアトリエ』の新たな登場キャラやゲームシステムなどの最新情報が公開!

  3. 現代学園×美少女×ファンタジーなRPG『BLUE REFLECTION 幻に舞う少女の剣』情報公開!岸田メル・時雨沢恵一・五十嵐雄策・夏海公司を起用

    現代学園×美少女×ファンタジーなRPG『BLUE REFLECTION 幻に舞う少女の剣』情報公開!岸田メル・時雨沢恵一・五十嵐雄策・夏海公司を起用

  4. 【CEDEC 2016】ノンゲームVRコンテンツ制作裏話...『シン・ゴジラ』と『乃木坂46 VRホラーハウス』ができるまで

  5. 『ニーア オートマタ』の気になるアレコレを開発者に直撃―Steamでの国内向け発売はある?

  6. 「ペルソナ5 公式ガイドブック」ゲームソフトと同日発売決定―物語中盤までサポート!

  7. 【PS Vita DL販売ランキング】『デモンゲイズ』Best版が首位獲得、『恋愛0キロメートルV』は2位へ(8/26)

  8. ダーク戦国ACT『仁王』最新プレイムービーがお披露目!強大な妖怪たちが立ちはだかる

  9. 【レポート】“落命”に沸いた『仁王』β体験版先行体験会!『Bloodborne』開発者も戦国死にゲーに挑戦

  10. ライトニングは実在した?あまりにも本気すぎる『FFXIII』コスプレが凄い

アクセスランキングをもっと見る

page top