人生にゲームをプラスするメディア

ピカチュウも大興奮!『ポケモントレッタ』発表会レポート ― 気になるゲームの流れも紹介

その他 アーケード

タカラトミーアーツとマーベラスAQLは、『ポケモンバトリオ』に続くポケモンのアミューズメントマシン『ポケモントレッタ』を本日発表しました。ピカチュウも応援に駆けつけた発表会と、実際に体験した様子をレポートします。

ポケモンを捕まえる、集める、バトルする・・・という、『ポケモン』の醍醐味を体験できる『ポケモントレッタ』。モンスターボールをイメージしたマシンに、メイン画面と3つのサブ画面によるマルチモニターで構成されています。モニタ上で捕まえたポケモンはプラスチックカードの「ポケモントレッタ」となって配出され、実際に手に入れることができます。

シーズン1は、この夏の映画で活躍するポケモンを中心として40種類以上のポケモンが用意されているとか。「ポケモントレッタ」を漫画の単行本のように順番に並べると、背表紙の絵がそろい、集める楽しみも増します。キラキラ輝く「ハイパークラス」や「マスタークラス」といった種類もあり、メロエッタの姿も確認できました。

ピカチュウも、飛び跳ねたり手を振ったりと大興奮!実際のマシンを使って、体験してみました。

■サーチ!
まずは、モニタ表示の中から気になる場所を選んでポケモンを見つけ出します。描かれたシルエットや風景から、出会いたいポケモンを予想できそうです。体験で出てきたのは、ピカチュウ2匹とズルッグでした。

■バトル!
手持ちの「ポケモントレッタ」から、相性などを考えて3匹をセットします。ピカチュウがいるので、水タイプ以外のポケモンを選んでみました。
行け、メグロコ、チャオブー、ジャノビー!メグロコの攻撃で挑みましたが、チャオブーが倒されてしまいました。

■そして、ゲット!
モンスターボールを投げて、ポケモンを捕まえます。自分のポケモンの残りHPが多ければ、スーパーボールやハイパーボールが出る確率が高くなり、有利にポケモンを捕まえることができます。1回のプレイで3匹同時に捕まえられることもあるとか。最低1匹は捕まえることができるそうで、今回はピカチュウ1匹をゲットし、新たな「ポケモントレッタ」を入手することができました。

集めたポケモンを記録することができる「トレッタレポート」を使えば、パートナーに設定したポケモンを成長させるなど、遊び方が広がります。

思わず「ポケモン、トレたー!」と叫びたくなる『ポケモントレッタ』。稼働は2012年7月中旬より、1プレイ100円。さまざまなキャンペーンや店頭大会等も予定されており、6月中旬より告知されるようです。

『ポケモントレッタ』は、2012年7月中旬より稼働開始で1プレイ100円です。

(C)2012 Pokemon.
(C)1995-2012 Nintendo/Creatures Inc./GAME FREAK inc.
Developed by T-ARTS and MAQL
《Lifa》

編集部おすすめの記事

その他 アクセスランキング

  1. 『Fallout 4』デザインのショットグラスが登場、「ヌカコーラ」や「Vault-Boy」デザインがセットに

    『Fallout 4』デザインのショットグラスが登場、「ヌカコーラ」や「Vault-Boy」デザインがセットに

  2. 【昨日のまとめ】ヨドバシ.comでニンテンドースイッチの予約受付再開、「タッチ我慢スターター」が“おっぱい修理中”に、PS4『GUNDAM VERSUS』クローズドβテスト詳細…など(2/27)

    【昨日のまとめ】ヨドバシ.comでニンテンドースイッチの予約受付再開、「タッチ我慢スターター」が“おっぱい修理中”に、PS4『GUNDAM VERSUS』クローズドβテスト詳細…など(2/27)

  3. 「タッチ我慢スターター」欲望を刺激し過ぎて“おっぱい修理中”に…詫びパイとして“GカップからIカップに膨乳”

    「タッチ我慢スターター」欲望を刺激し過ぎて“おっぱい修理中”に…詫びパイとして“GカップからIカップに膨乳”

  4. 世界初の体感型音楽アトラクション「バハムートディスコ」今夏オープン! “450度”の映像空間を構築

  5. 【プレイレポ】『ニーア オートマタ』伏線から漂う“違和感”とアクションの“爽快感”を堪能…なぜ「感情を持つことは禁じられている」のか

  6. 『にゃんこ大戦争』のポノスがEスポーツ事業を始動、ゲーマー社員も積極採用へ

  7. 共に一時代を築いた“ビックリマン”と“キン肉マン”がコラボ! 「肉リマン(にっくリマン)チョコ」2月28日より発売

  8. 『マインクラフト』を通して、親子でプログラミングが学べる書籍が登場! 「気軽に楽しく」がキーワード

  9. このおっぱい、決して触れるべからず ─ D3Pが斬新なカウントダウンサイト「タッチ我慢スターター」を公開

  10. 【週刊インサイド】任天堂と「マリカー」の訴訟問題が話題に…『ポケモンGO』や「タッチ我慢スターター」など多彩な記事が賑わう

アクセスランキングをもっと見る