人生にゲームをプラスするメディア

レベルファイブ日野社長、『レイトン教授』第6弾のタイトルは長くなる

任天堂 3DS

レベルファイブの人気ゲーム『レイトン教授』シリーズ、現在鋭意制作中の第6弾について日野社長がTwitterでコメントしています。

前作『レイトン教授と奇跡の仮面』は、当初ニンテンドーDS向けに制作していましたが、ニンテンドー3DSの登場によりハードを変更して1年前のニンテンドー3DS本体と同時に発売しました。

現在はカプコンの『逆転裁判』とのコラボ作となる『レイトン教授VS逆転裁判』の発売が控えており、『レイトン教授』シリーズ第6弾はまだまだ先になります。

ただ開発自体は既に進行中。「大枠は書き終えたのでもうしばらくで発表できるかと」とファンからの質問に回答しています。また、そのサブタイトルについても触れており、「『レイトン教授と○○○○○○○』。今回、タイトルが長いです」とツイートしています。

ちなみにこれまでの『レイトン』シリーズの作品名は・・・

第1弾 レイトン教授と不思議な町
第2弾 レイトン教授と悪魔の箱
第3弾 レイトン教授と最後の時間旅行
第4弾 レイトン教授と魔神の笛
(レイトン教授とロンドンライフ)
第5弾 レイトン教授と奇跡の仮面
Mobage レイトン教授ロワイヤル
iOS レイトンブラザーズ・ミステリールーム

4~5文字程度が主ですが、最新作は○の数から察すると7文字(?)になりそうです。

日野晃博Twitter:@AkihiroHino


最近のレベルファイブは『イナズマイレブンGO』シリーズや『ダンボール戦機』シリーズなど定番ソフトだけでなく、『ガールズRPG シンデレライフ』や『GUILD01』など、新規タイトルも世に送り出しています。

『レイトン教授』単独の完全新作が遊べる日はもう少し先になりそうです。
《まさと》

編集部おすすめの記事

任天堂 アクセスランキング

  1. 【レポート】『ポケモンGO』レアポケモン「ラプラス」求め多くのトレーナーが江ノ島へ

    【レポート】『ポケモンGO』レアポケモン「ラプラス」求め多くのトレーナーが江ノ島へ

  2. 『ポケモンGO』各チームリーダーのビジュアルが公開、キャラデザを担当したコザキユースケからのイラストも

    『ポケモンGO』各チームリーダーのビジュアルが公開、キャラデザを担当したコザキユースケからのイラストも

  3. 警視庁のケモノ娘「テワタサナイーヌ」から『ポケモンGO』を遊ぶうえでの注意点が発表

    警視庁のケモノ娘「テワタサナイーヌ」から『ポケモンGO』を遊ぶうえでの注意点が発表

  4. 【特集】『ポケモンGO』ボールが真っ直ぐ飛ばない人必見!チュートリアルが教えてくれない役立ち情報

  5. 「ポケモンGO Plus」詳細公開!「ぼうけんノート」や便利な連動機能が明らかに

  6. ゲーム攻略SNS「Lobi」にて「ポケモンGO攻略マップwiki」公開、現時点でポケモンの50%以上を発見

  7. 『ポケモンGO』サービス混雑で13歳未満の新規プレイヤーが遊べない状況に

  8. 出雲大社、境内での『ポケモンGO』プレイを禁止にすると発表

  9. 今週発売の新作ゲーム『討鬼伝2』『アイドルマスター プラチナスターズ』『パズドラクロス 神の章/龍の章』他

  10. 【特集】『ロックマン エグゼ』15周年特別スタッフ対談!プリズムコンボ発覚から完結の理由まで

アクセスランキングをもっと見る

page top