人生にゲームをプラスするメディア

『AKIBA'S TRIP PLUS』イベントフルボイス化 ― ストリップアクションに「恥じらいボイス」も

ソニー PSP

  • 主人公
  • 文月瑠衣(CV:日笠陽子)
  • ノブくん(CV:間島淳司)
  • ゴンちゃん(CV:丹沢晃之)
アクワイアは、プレイステーション・ポータブルソフト『AKIBA'S TRIP PLUS』の最新情報を公開しました。

『AKIBA'S TRIP PLUS』は、2011年5月に発売され好評を博した3Dアクションアドベンチャーゲーム『AKIBA'S TRIP』には収録されなかった新要素を多数追加した最新作です。実在の店舗も多数登場するリアルな秋葉原を舞台に、主人公は人間と吸血鬼「カゲヤシ」との命をかけた抗争に巻き込まれていきます。

本作では、前作ユーザーの要望No.1である「フルボイス対応」を実現。さまざまなキャラクターが全てのイベントシーンにおいてボイスを新たに収録し、臨場感溢れるストーリーを楽しむことができるようになりました。

参加声優陣は以下の通りです。メインイベントのフルボイス化により、より一層魅力的になったキャラクターたちとストーリーを楽しみましょう。

■登場キャラクター・出演声優(敬称略)
・主人公
18歳の予備校生。カゲヤシの謎を追い、行方不明になってしまった友人の後を追って秋葉原を訪ね歩くうちに、自分の運命を大きく変える事件に巻き込まれてしまう。中学生の妹がいる。

・文月瑠衣(CV:日笠陽子)
透き通るような白い肌に、細く長い四肢を持つ美少女。 普段はめったに笑うことはないが、主人公といる場合は年相応の表情を見せる。カゲヤシに襲われた主人公を助け、命をつなぎとめる。

・ノブくん(CV:間島淳司)
二次元ラバー。実は磨けば結構光るタイプのイケメン!しかし、二次元にしか興味がなく、自宅を出る段階でアニメT シャツをさらけ出したりも・・・。

・ゴンちゃん(CV:丹沢晃之)
30過ぎのアイドルオタク。ふだんは気弱だが、アイドルを前にカメラを手にすると性格が豹変する。

・ヤタベさん(CV:利根健太朗)

・サラ(CV:原由実)
謎のカリスマメイド。十代後半に見えるが、年齢不詳。立ち振る舞いから言葉遣いまで、常時丁寧なメイド。ただし、不必要なことには沈黙を通すため、言葉数は少ない。

・姫小路瞬(CV:岡崎雅紘)

・姫小路怜(CV:早水リサ)

・北田舞那(CV:中村繪里子)
双子アイドル“ダブプリ”のメンバーで双子の妹。ボーカルを担当しており、わがままで姉より幼い性格。

・北田瀬那(CV:内田真礼)
双子アイドル“ダブプリ”のメンバーで双子の姉。ベースを担当しており、クールで頭も切れるしっかりモノ。

・阿倍野優(CV:柿原徹也)
長身痩のパンクロッカー風で20歳半ばに見えるカゲヤシ。好戦的な 性格で人間を強く嫌悪しているため、 必要以上に人間をいたぶり 吸血行為を繰り返している。

・森泉鈴(CV:浅倉杏美)
文月瑠衣のそばにいつもいて、彼女をサポートしている、とはいいつつも守られている小柄な少女。身体に見合わない特技を持ち合わせているようだが…。

・瀬嶋隆二(CV:松田健一郎)

・御堂聡子(CV:宮川美保)
秋葉原の平和を脅かすカゲヤシを狩る組織、NIRO(国内情報調査機構)のエージェント。カゲヤシと戦うすべを身につけており、組織と主人公との連絡役を担当する。

・妹(CV:矢作紗友里)

・師匠(CV:乃亜)
ストリップ技を伝授する「ストリップアクション」の師匠。職業は女王様らしい。チェリーが大好物。

■ストリップアクションに「恥じらいボイス」追加
更に、本作をプレイする上で鍵となる「ストリップアクション」にも、新たなリアクションとして「恥じらいボイス」を追加。吸血鬼である「カゲヤシ」は日光に弱く、直接肌に日光を当てることが有効な手段ということで、相手の服を脱がせる必要があり、「ストリップアクション」を駆使します。

「ストリップアクション」で服を脱がされると、恥ずかしさで身をよじりつつ「恥じらいボイス」を発します。全部で何種類あるか脱がせてからのお楽しみ。本作の戦闘でぜひ確認してみてください。

『AKIBA'S TRIP PLUS』は、6月21日発売予定で価格は3,990円(税込)です。

(C)2011-2012 ACQUIRE Corp. All Rights Reserved.
《津久井箇人 a.k.a. そそそ》

編集部おすすめの記事

ソニー アクセスランキング

  1. 『ブレイブルー セントラルフィクション』Esのプレイスタイルが明らかに!スタンダード&スピーディー、山なり空中ダッシュ、自己強化も

    『ブレイブルー セントラルフィクション』Esのプレイスタイルが明らかに!スタンダード&スピーディー、山なり空中ダッシュ、自己強化も

  2. 【PS Vita DL販売ランキング】8位『薄桜鬼 真改 華ノ章』、10位『√Letter ルートレター』などが初登場ランクイン(6/24)

    【PS Vita DL販売ランキング】8位『薄桜鬼 真改 華ノ章』、10位『√Letter ルートレター』などが初登場ランクイン(6/24)

  3. 『PSO2』FFXIVコラボ「オーディン」戦の映像が公開!「真・斬鉄剣」が発動すると全滅する…実装は7月6日

    『PSO2』FFXIVコラボ「オーディン」戦の映像が公開!「真・斬鉄剣」が発動すると全滅する…実装は7月6日

  4. 『初音ミク Project DIVA Future Tone』シェアプレイの“音なし”は著作権的仕様、アケコン検討に対するコメントも

  5. 完全新作『うたの☆プリンスさまっ♪Dolce Vita』発売決定、『Repeat』のPS Vita移植版も

  6. 「ホラー×VRは怖すぎて遊びたくない」バイオハザードチームが贈るMorpheusデモ『KITCHEN』を体験

  7. ライトニングは実在した?あまりにも本気すぎる『FFXIII』コスプレが凄い

  8. 【インタビュー】『ニーア オートマタ』はハッピーエンド?それとも絶望?開発陣に気になるアレコレを訊いた…スカート脱衣の続報も

  9. 『PSO2』FFXIVコラボ詳細公開!「オーディン」は“驚きの再現度”で、様々なコスチュームや武器迷彩が登場

  10. 【インタビュー】『バイオハザード7』は“間違いなくバイオだ”と思える作品に!リブート・リセットはしておらず、オープンワールドに匹敵する密度の作品へ

アクセスランキングをもっと見る

page top