人生にゲームをプラスするメディア

「カカオトーク」がゲームプラットフォーム化、今月下旬にも第一弾ゲームが投入

ゲームビジネス 市場

 
  •  
  •  
スマートフォンで人気を集めるメッセンジャーアプリ「カカオトーク」を提供するカカオは、オンラインゲームメーカーのウィメイドエンターテイメントと提携し、同アプリ向けに「ゲームセンター」と呼ばれる機能を追加しゲームプラットフォーム化の準備を進めています。

カカオとウィメイドは3月28日にパートナーシップ締結式を行い、共同でプロジェクトチームを作り、「カカオトーク」内に「ゲームセンター」の準備を進めていることを明らかにしました。既に準備は佳境の模様で、4月末にもオープンする計画。

まずはウィメイドが開発したリアルタイムストラテジーの『カオス ディフェンス』と、ソーシャルゲームの『バイキングアイランド』、3Dダンスリズムゲーム『リズムスキャンダル』を用意。どれも2年以上の開発期間を費やした大作になっているとのこと。

ウィメイドは昨年9月にカカオの第三者割当増資を引き受け、約50億ウォン(約3億5000万円)を出資。今回のプラットフォーム構築に合わせて、更に約200億ウォン(約14億3000万円)を追加出資し、約5.8%の株式を保有しています。

ウィメイドのナム・グンフン代表は「カカオの強力なプラットフォームに、ウィメイドのスマートフォン向け大作ゲームを投入することは大きな相乗効果で、市場のパラダイムシフトを巻き起こすような展開ができるのではないかと思います」とコメント。期待を寄せています。

カカオトークは世界で5000万人が利用するスマートフォン向けメッセンジャーアプリ。韓国で誕生し、日本でも利用者が多数存在します。競合にはNHN Japan(NAVER)の「LINE」やNTTコミュニケーションズの「050plus」、マイクロソフトの「Skype」などがあります。これらも同様の展開を進める意向と見られ、NHNも「LINE」のオープン化に向けて取り組んでいます。
《土本学》

編集部おすすめの記事

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. ストーリー性も魅力なアイドルVR作品「トキメキメテオ」今春より展開、第一弾は倉持由香・星名美津紀が起用

    ストーリー性も魅力なアイドルVR作品「トキメキメテオ」今春より展開、第一弾は倉持由香・星名美津紀が起用

  2. 【GDC 2015】アプリ活性化プラットフォーム「AppSteroid」 日本人が率いるベンチャーFresviiが提供

    【GDC 2015】アプリ活性化プラットフォーム「AppSteroid」 日本人が率いるベンチャーFresviiが提供

  3. 昇竜拳で車を労るリュウ!『ストリートファイター II』がトヨタの“C-HR”との特別ムービー公開

    昇竜拳で車を労るリュウ!『ストリートファイター II』がトヨタの“C-HR”との特別ムービー公開

  4. 松野泰己氏、レベルファイブを去る ― 今後は充電期間に

  5. 【TGS2007】コンパニオンフォト:スクエニ・カプコン・バンダイナムコ・マーベラス編

  6. 【特集】VRで盛り上がるジョイポリス、だがセガは1994年にVRアトラクション「VR-1」を導入していた

  7. 【CEDEC 2009】「フローなんていらない!」組織におけるモチベーションのあり方~HAL研究所の事例

  8. ヒューマンアカデミーにて「【CGWORLDゼミ】A-1 Pictures」が実施―「劇場版 ソードアート・オンライン -オーディナル・スケール-」などを題材に裏話など盛り沢山

  9. フロム・ソフトウェア、役員人事を発表 ― 会長に角川ゲームスの安田善巳、社長に『DARK SOULS』の宮崎英高

  10. 【レポート】映像業界から語られたゲームグラフィックの可能性…実写×3DCGで実現する新たな表現

アクセスランキングをもっと見る