最速ゲーム情報メディア: インサイド
follow us
「カカオトーク」がゲームプラットフォーム化、今月下旬にも第一弾ゲームが投入

「カカオトーク」がゲームプラットフォーム化、今月下旬にも第一弾ゲームが投入

2012年4月9日(月) 19時55分
  •  の画像
     
  •  の画像
     

スマートフォンで人気を集めるメッセンジャーアプリ「カカオトーク」を提供するカカオは、オンラインゲームメーカーのウィメイドエンターテイメントと提携し、同アプリ向けに「ゲームセンター」と呼ばれる機能を追加しゲームプラットフォーム化の準備を進めています。

カカオとウィメイドは3月28日にパートナーシップ締結式を行い、共同でプロジェクトチームを作り、「カカオトーク」内に「ゲームセンター」の準備を進めていることを明らかにしました。既に準備は佳境の模様で、4月末にもオープンする計画。

まずはウィメイドが開発したリアルタイムストラテジーの『カオス ディフェンス』と、ソーシャルゲームの『バイキングアイランド』、3Dダンスリズムゲーム『リズムスキャンダル』を用意。どれも2年以上の開発期間を費やした大作になっているとのこと。

ウィメイドは昨年9月にカカオの第三者割当増資を引き受け、約50億ウォン(約3億5000万円)を出資。今回のプラットフォーム構築に合わせて、更に約200億ウォン(約14億3000万円)を追加出資し、約5.8%の株式を保有しています。

ウィメイドのナム・グンフン代表は「カカオの強力なプラットフォームに、ウィメイドのスマートフォン向け大作ゲームを投入することは大きな相乗効果で、市場のパラダイムシフトを巻き起こすような展開ができるのではないかと思います」とコメント。期待を寄せています。

カカオトークは世界で5000万人が利用するスマートフォン向けメッセンジャーアプリ。韓国で誕生し、日本でも利用者が多数存在します。競合にはNHN Japan(NAVER)の「LINE」やNTTコミュニケーションズの「050plus」、マイクロソフトの「Skype」などがあります。これらも同様の展開を進める意向と見られ、NHNも「LINE」のオープン化に向けて取り組んでいます。

(Article written by 土本学)

ゲームビジネスアクセスランキング