人生にゲームをプラスするメディア

和田康宏氏、『牧場物語』について語る ― E3で農園系ではない新プロジェクト発表

その他 全般

 
  •  
『牧場物語』をヒットさせた和田康宏氏が、海外ゲームニュースサイトのインタビューに登場しました。

累計1000万本を超えるヒットシリーズである『牧場物語』は、農作物や動物を育てたり、村の住民との交流を楽しんだりするゲームです。その生みの親である和田康宏氏が、海外ゲームサイト「IGN」のインタビューに登場し、『牧場物語』についてやソーシャルゲームからの影響などについて語りました。

生まれ故郷の田舎の思い出や、それらが作り出している素晴らしい物が『牧場物語』誕生のキーとなっていると言う和田氏のお気に入りの作品は、ゲームキューブ版『牧場物語 ワンダフルライフ』です。「ここに住みたい!」とまで思ってしまったそのわけは、今までの作品とはカメラワークが異なり、以前にはなかった空や水なども目にすることができるようになり、まるでその世界に自分が存在するかのように思えてくるからということです。

『牧場物語』は、現在ブラウザゲームやmixiなど、ソーシャルゲームとしてもリリースされています。和田氏はそれらのゲームが本家の『牧場物語』にも良い影響を与えていると感じているようです。

ソーシャルゲーム版で農場ゲームの楽しさを体験した新しい層のユーザーが『牧場物語』に興味を持ち、試してみようと考え、その結果ニンテンドー3DSで発売された『牧場物語 はじまりの大地』は大きな成功を収めました。

トイボックスを立ち上げたばかりの和田氏の新作が気になるところですが、現在プロジェクトが進行中で、E3でなんらかの詳細情報を発表できるだろうという回答でした。また、その新作は農業ゲームではないという事です。

和田氏とトイボックスの今後の展開がとても楽しみです。
《菜種》

編集部おすすめの記事

その他 アクセスランキング

  1. 【昨日のまとめ】『ポケモンGO』アップデート実施、「ニンテンドースイッチ」ラインナップ映像公開、『FFXV』次回アップデートで「セルフ撮影機能」実装…など(1/18)

    【昨日のまとめ】『ポケモンGO』アップデート実施、「ニンテンドースイッチ」ラインナップ映像公開、『FFXV』次回アップデートで「セルフ撮影機能」実装…など(1/18)

  2. ニンテンドースイッチ本体、海外での初回予約は続々終了

    ニンテンドースイッチ本体、海外での初回予約は続々終了

  3. 『世界樹の迷宮』10周年! 日向悠二が記念イラストをお披露目

    『世界樹の迷宮』10周年! 日向悠二が記念イラストをお披露目

  4. “MX4D”版「ルパン三世 カリオストロの城」が1月20日より期間限定上映! 劇場で究極バージョンを体感せよ

  5. 【インタビュー】「最も評価の割れたサバイバルホラーゲーム」を生み出したSWERYが独立、今後の活動や『D4』はどうなるのか

  6. 【週刊インサイド】狂気のホラー『Year Of The Ladybug』日本語字幕トレイラーに興味津々…手のひらサイズの「ファミコン」やD3P新作に迫るインタビューも話題に

  7. 【特集】自販機でジュースを買い、『鉄拳7』をさらに極める方法とは?

  8. 『Scalebound』開発中止は「難しい決断だった」―フィル・スペンサーが告白

  9. 話題の狂気ゲーム『Year Of The Ladybug』ってどんなゲームなの?主人公はインテリアデザイナー

  10. 「ゲームセンターCX」1月17日26時10分より地上波で放送、PCエンジン『THE 功夫』に挑戦!

アクセスランキングをもっと見る