人生にゲームをプラスするメディア

和田康宏氏、『牧場物語』について語る ― E3で農園系ではない新プロジェクト発表

その他 全般

 
  •  
『牧場物語』をヒットさせた和田康宏氏が、海外ゲームニュースサイトのインタビューに登場しました。

累計1000万本を超えるヒットシリーズである『牧場物語』は、農作物や動物を育てたり、村の住民との交流を楽しんだりするゲームです。その生みの親である和田康宏氏が、海外ゲームサイト「IGN」のインタビューに登場し、『牧場物語』についてやソーシャルゲームからの影響などについて語りました。

生まれ故郷の田舎の思い出や、それらが作り出している素晴らしい物が『牧場物語』誕生のキーとなっていると言う和田氏のお気に入りの作品は、ゲームキューブ版『牧場物語 ワンダフルライフ』です。「ここに住みたい!」とまで思ってしまったそのわけは、今までの作品とはカメラワークが異なり、以前にはなかった空や水なども目にすることができるようになり、まるでその世界に自分が存在するかのように思えてくるからということです。

『牧場物語』は、現在ブラウザゲームやmixiなど、ソーシャルゲームとしてもリリースされています。和田氏はそれらのゲームが本家の『牧場物語』にも良い影響を与えていると感じているようです。

ソーシャルゲーム版で農場ゲームの楽しさを体験した新しい層のユーザーが『牧場物語』に興味を持ち、試してみようと考え、その結果ニンテンドー3DSで発売された『牧場物語 はじまりの大地』は大きな成功を収めました。

トイボックスを立ち上げたばかりの和田氏の新作が気になるところですが、現在プロジェクトが進行中で、E3でなんらかの詳細情報を発表できるだろうという回答でした。また、その新作は農業ゲームではないという事です。

和田氏とトイボックスの今後の展開がとても楽しみです。
《菜種》

編集部おすすめの記事

その他 アクセスランキング

  1. 【特集】『ゲームの名シーン・感動編』5選―鮮烈な印象を残す名場面集【ネタバレ注意】

    【特集】『ゲームの名シーン・感動編』5選―鮮烈な印象を残す名場面集【ネタバレ注意】

  2. 【レポート】現実世界で戦うARロボット「メカモン」登場 ― カスタマイズや対戦も可能で、大会もサポート予定

    【レポート】現実世界で戦うARロボット「メカモン」登場 ― カスタマイズや対戦も可能で、大会もサポート予定

  3. SDガンダムの新食玩シリーズ「FW SDガンダム NEO」発売開始、デフォルメながらもサイズ感やディテールにこだわりが

    SDガンダムの新食玩シリーズ「FW SDガンダム NEO」発売開始、デフォルメながらもサイズ感やディテールにこだわりが

  4. 『遊☆戯☆王』第6作目タイトルは「VRAINS」に決定、舞台はVR空間

  5. 書籍「幻の未発売ゲームを追え!」3月25日発売…ファミコンソフト『オフザーケン』などの関係者にも迫る

  6. 【昨日のまとめ】食玩「スプラトゥーン ブキコレクション」第二弾ラインナップ判明、『ゲームの名シーン・感動編』5選、『仁王』DLC第1弾「東北の龍」4月配信…など(2/21)

  7. このおっぱい、決して触れるべからず ─ D3Pが斬新なカウントダウンサイト「タッチ我慢スターター」を公開

  8. 人類、おっぱいの誘惑に敗北か!? パイタッチは800万回を超え、D3P新作発表は100日以上先に…アクセス過多で接続も困難

  9. 【昨日のまとめ】D3Pの斬新な「タッチ我慢スターター」がアクセス過多、『ニーア オートマタ』“TVCM無規制版”お披露目、『FFVII リメイク』などの画像公開…など(2/20)

  10. 【特集】ゲーム業界の重鎮が夜な夜な集う“住所非公開”の会員制飲食店「84」へ潜入、そこはまさに聖地だった

アクセスランキングをもっと見る