人生にゲームをプラスするメディア

米国任天堂、『心霊カメラ』試遊会を幽霊ホテルで開催

任天堂 3DS

米国任天堂は、ニンテンドー3DSソフト『心霊カメラ ~憑いてる手帳~(Spirit Camera: The Cursed Memoir)』の試遊会をサンフランシスコで開催しました。

日本では既に発売中の『心霊カメラ ~憑いてる手帳~』ですが、北米では今月13日の金曜日に発売予定。製品版の発売に先駆けて、サンフランシスコで試遊会が行われました。

会場となった場所は「The San Remo Hotel」で、実はここは幽霊が出るということで有名なホテルなのです。たとえば、ある孤独な男が自殺した42号室では、泊まった客から吐き気や悪寒、意味不明の不安感に襲われるとの訴えが多数あり、他にも徘徊する少女の霊や廊下を転がっていく持ち主不明のボール、誰もいないのにノックされるドアなど、多くの心霊現象が目撃されています。



米国任天堂は、サンフランシスコゴースト協会から超常現象のスペシャリストをゲストに招き、そういった現象を説明すると共に、ゴーストやモンスターに扮したスタッフが来場者を驚かすパフォーマンスなども行われ、かなり怖い試遊会になったようです。

(C)2011 Nintendo / コーエーテクモゲームス
《菜種》

編集部おすすめの記事

任天堂 アクセスランキング

  1. 【特集】『ポケモンGO』がブームになるまで…イングレス、Google、Niantic、任天堂、ポケモンの取り組みを振り返る

    【特集】『ポケモンGO』がブームになるまで…イングレス、Google、Niantic、任天堂、ポケモンの取り組みを振り返る

  2. 【レポート】コンパイル創業者の新作パズルゲーム『にょきにょき』は『ぷよぷよ』の問題点の解決策から生まれた

    【レポート】コンパイル創業者の新作パズルゲーム『にょきにょき』は『ぷよぷよ』の問題点の解決策から生まれた

  3. 【レポート】『ポケモンGO』レアポケモン「ラプラス」求め多くのトレーナーが江ノ島へ

    【レポート】『ポケモンGO』レアポケモン「ラプラス」求め多くのトレーナーが江ノ島へ

  4. 【特集】『ポケモンGO』ボールが真っ直ぐ飛ばない人必見!チュートリアルが教えてくれない役立ち情報

  5. ゲーム攻略SNS「Lobi」にて「ポケモンGO攻略マップwiki」公開、現時点でポケモンの50%以上を発見

  6. 警視庁のケモノ娘「テワタサナイーヌ」から『ポケモンGO』を遊ぶうえでの注意点が発表

  7. 『ポケモンGO』各チームリーダーのビジュアルが公開、キャラデザを担当したコザキユースケからのイラストも

  8. 「ポケモンGO Plus」詳細公開!「ぼうけんノート」や便利な連動機能が明らかに

  9. 【特集】『ロックマン エグゼ』15周年特別スタッフ対談!プリズムコンボ発覚から完結の理由まで

  10. 【特集】『ポケモンGO』プレイ前に揃えておきたいアイテムまとめ

アクセスランキングをもっと見る

page top