Wii Uのスペック騒動について任天堂がコメント

Wii Uのスペック騒動について任天堂がコメント

2012年4月6日(金) 10時59分

複数の匿名の開発者が業界紙GameIndustry.bizに対して、Wiiのグラフィック性能はPS3やXbox360を下回ると述べたことが話題になっていますが、任天堂オブアメリカは本件についてDigital Trendsにコメントしています。

任天堂は「私たちは技術スペックにフォーカスしません。人々がグラフィックやプロセシングパワーに着目しようとするのは理解しますが、単なる数字よりも実現されるゲーム体験こそが常に重要なのです」とコメント。ハード性能ではなく全体として提供される体験がどのようなものになるかが何よりも重要だと述べました。

Wii Uに携わるという開発者の一人はGameIndustry.bizに対して、「(グラフィック性能は)Xbox 360やPS3と同じレベルに達していません」と指摘。大手企業の別の開発者も「それは本当です。(Wii Uは)PS3や360と同等のグラフィックを生み出しません。シェーダーの数も少なく、能力に差があります」などと述べました。

Wii Uは6月5日~7日に開催されるE3にて完成に近づいたバージョンが公開される予定です。

(Article written by 土本学)
関連記事

任天堂アクセスランキング


[PR]インサイド楽天