人生にゲームをプラスするメディア

結婚システムも復活、「すれちがい・いつの間に通信」を使った遊びも用意 ― 『ファイアーエムブレム 覚醒』社長が訊く

任天堂 3DS

任天堂ホームページに『ファイアーエムブレム 覚醒』の社長が訊くが公開されました。

『ファイアーエムブレム 覚醒』は、ニンテンドー3DSで初登場の『ファイアーエムブレム』です。DSで発売された『新・暗黒竜と光の剣』と『新・紋章の謎』は過去作のリメイクとなっていて、完全新作と言う意味ではWiiソフト『暁の女神』から実に5年ぶりです。

「シリーズ集大成」を掲げて作られた本作ですが、なんと「結婚システム」が採用されていることが明らかとなりました。元々は『聖戦の系譜』(SFC)で初登場したシステムで、男女が結婚すると子どもが生まれ、組み合わせによって能力が変化するというものでした。

『覚醒』では、マイユニットが全員と恋人になれるようにする部分にこだわった結果、結婚するときの「告白ボイス」や「専用グラフィック」は全員分用意することになったそうです。

また、任天堂のパッケージソフトとしては初となる有料コンテンツ対応ソフトである本作。開発終盤に入れられた仕様と言うことで、本編から一部を抜いたりするようなことはしてないことが明かされています。

他には通信関連の機能も充実。すれちがい通信では、自分で育てたチームを「すれちがいマイチーム」として相手に送ることができます。プレイヤー好みのキャラを相手に送って自慢できるという内容は『スーパーポケモンスクランブル』のすれちがい内容に似ていますね。

「いつの間に配信」を使った仕掛けも用意されており、過去作をイメージしたキャラクターのチームが(だいたい)1日1回やってくるファン向けサービスも。配信チーム数は120用意されているようですので、毎日受け取っていても4ヶ月は楽しめそうです。

『ファイアーエムブレム 覚醒』は4月19日に発売予定。価格は通常版が4800円(税込)、スペシャルパックが1万9800円(税込)です。

(C)2012 Nintendo/INTELLIGENT SYSTEMS
《まさと》

編集部おすすめの記事

任天堂 アクセスランキング

  1. 【レポート】『ポケモンGO』レアポケモン「ラプラス」求め多くのトレーナーが江ノ島へ

    【レポート】『ポケモンGO』レアポケモン「ラプラス」求め多くのトレーナーが江ノ島へ

  2. 『ポケモンGO』各チームリーダーのビジュアルが公開、キャラデザを担当したコザキユースケからのイラストも

    『ポケモンGO』各チームリーダーのビジュアルが公開、キャラデザを担当したコザキユースケからのイラストも

  3. 【特集】『ポケモンGO』ボールが真っ直ぐ飛ばない人必見!チュートリアルが教えてくれない役立ち情報

    【特集】『ポケモンGO』ボールが真っ直ぐ飛ばない人必見!チュートリアルが教えてくれない役立ち情報

  4. 警視庁のケモノ娘「テワタサナイーヌ」から『ポケモンGO』を遊ぶうえでの注意点が発表

  5. 「ポケモンGO Plus」詳細公開!「ぼうけんノート」や便利な連動機能が明らかに

  6. ゲーム攻略SNS「Lobi」にて「ポケモンGO攻略マップwiki」公開、現時点でポケモンの50%以上を発見

  7. 出雲大社、境内での『ポケモンGO』プレイを禁止にすると発表

  8. 『ポケモンGO』サービス混雑で13歳未満の新規プレイヤーが遊べない状況に

  9. 【特集】『ロックマン エグゼ』15周年特別スタッフ対談!プリズムコンボ発覚から完結の理由まで

  10. 任天堂、『ポケモンGO』が業績に与えるインパクトは「限定的」と言及

アクセスランキングをもっと見る

page top