人生にゲームをプラスするメディア

追加要素満載のガールズラブ看護師ADV『白衣性恋愛症候群 RE:Therapy』

ソニー PSP

サイバーフロントは、プレイステーション・ポータブルソフト『白衣性恋愛症候群 RE:Therapy』を6月28日発売すると発表しました。

2011年9月に発売され、ユーザに高い評価を受けた『白衣性恋愛症候群』。数々の新要素が追加され、新たに『白衣性恋愛症候群 RE:Therapy(リセラピー)』として帰ってきます。

本作は、百合ヶ浜総合病院を舞台とし、看護師や患者たちによる、女の子同士の友情を描いた「きら☆ふわガールズラブ看護師アドベンチャーゲーム」。

軽やかでポップな切り口ながらも、決して美しいだけではない医療現場のリアルを鮮やかに綴った物語となっています。

今回の「RE:Therapy」では、大きく4つの追加要素が明らかになっています。

まずは新キャラクターの追加。内科の奥の個室、310号室にずっと入院しているという中学生位の少女・若本まゆきが登場します。「病室の主」と呼ばれていますが、看護師でもその姿を見ることが少ないという謎の少女です。

また、攻略対象キャラクターも拡大されています。前作での攻略対象は「大塚はつみ」「藤沢なぎさ」「堺さゆり」の3人だけでしたが、今回はユーザーからの要望に応え、「山之内やすこ」「浅田あみ」の2人のエンディングを追加しました。

さらに、新キャラクターや新エンディングだけでなく本編のシナリオにも手を加えられ、前作では見られなかった旧エンディング後のアフターストーリーなども追加されています。それに伴い、イベントCGも新たに多数追加されるとのこと。

そして音声も新規収録となり、OP曲やED曲も新曲が使われます。初回限定版には新OP曲と新ED曲が収録されたシングルCDが同梱されるということです。

なお、『白衣性恋愛症候群 RE:Therapy』の発売に先駆け、前作である『白衣性恋愛症候群』の体験版が配信開始されています。ぜひお試しください。

『白衣性恋愛症候群 RE:Therapy』は6月28日発売予定。価格は通常版が5,040円(税込)、初回限定版が7,140円(税込)です。Windows PC版も同時発売予定で、価格は6,800円(税込)です。

(C)KOGADO STUDIO,INC. (C)CYBERFRONT
《井上晃宏》

編集部おすすめの記事

ソニー アクセスランキング

  1. PS Vita版『PSO2』を16GBのメモカで遊んでいる人は要注意! 今後数ヶ月で容量を上回る見込み

    PS Vita版『PSO2』を16GBのメモカで遊んでいる人は要注意! 今後数ヶ月で容量を上回る見込み

  2. 「PlayStation Experience 2016」開催情報ひとまとめー小島秀夫氏『デスストランディング』など登場

    「PlayStation Experience 2016」開催情報ひとまとめー小島秀夫氏『デスストランディング』など登場

  3. 『かまいたちの夜 輪廻彩声』が“CERO:Z”に…公式サイトにも年齢認証を設置

    『かまいたちの夜 輪廻彩声』が“CERO:Z”に…公式サイトにも年齢認証を設置

  4. 【PS Vita DL販売ランキング】『ジージェネ ジェネシス』首位、『戦国無双~真田丸~』初登場5位ランクイン(12/2)

  5. 非同期型オンライン『LET IT DIE』解説映像―敵対するだけじゃない独自のPvP要素

  6. 【TGA 16】Game of the Yearは『オーバーウォッチ』に決定!

  7. PS Plusの12月注目コンテンツ公開―フリープレイに『ソフィーのアトリエ』『絶対絶望少女』、『FF15』サントラも

  8. 『無双☆スターズ』2017年3月2日に発売!「TREASURE BOX」の内容もお届け

  9. 『バイオ7』の新スクリーンショットや動画が続々公開!新たな敵「モールデッド」やベイカー一家のおぞましい”力”とは

  10. 【ゲームの中では傍若無人】47回:『戦国無双 ~真田丸~』 城下町が楽しすぎて郷から出られない。

アクセスランキングをもっと見る

オススメの記事だホ!

page top