人生にゲームをプラスするメディア

セガ、コンシューマ事業の構造改革に着手 ― 組織合理化、開発タイトルの絞り込みなど

ゲームビジネス その他

セガサミーホールディングスは、子会社であるセガのコンシューマ事業について、構造改革を実施することを発表しました。

セガを中心としたコンシューマ事業は、欧米における厳しい経済環境、家庭用ゲームソフトの市場環境の急速な変化を受けて、2012年3月期においては、営業損失を計上する見込みとなっています。

これを受けて今回「組織の合理化」「タイトル数の絞込み」「開発中タイトルの仕掛品の評価減」「在庫の処理」の4つを柱とする施策を発表したものです。

具体的には、欧米市場における家庭用ゲームソフト分野を担当する組織を合理化し、安定的に収益を創出できる体制を構築。さらに欧米市場向けタイトルの収益見通しを厳格に精査し、翌期以降は『Sonic the Hedgehog』『Football Manager』『Total War』『Aliens』など、確固たる収益が期待される“有力なIP(Interllectual Propery、知的財産)”に販売を絞り込むとのことです。

なお、開発を進めていた一部タイトルについて、開発中止も行われる予定です。

そのほか、当期末から翌期にかけて欧米市場において販売するゲームソフトに係る仕掛品の収益性を再評価し、一部タイトルの仕掛品を評価減すること、現在流通している市中在庫を含め、ゲームソフト在庫の費用引当処理を行うことが発表されました。

セガでは、2012年3月期決算において、構造改革にともなう費用として、71億円を特別損失として計上する予定となっています。
《冨岡晶》

編集部おすすめの記事

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. 【レポート】「ボトムズ」の筐体型VRゲーム『バトリング野郎』の再現度が“むせる”ほど高い!鉄の棺桶を実際に体験

    【レポート】「ボトムズ」の筐体型VRゲーム『バトリング野郎』の再現度が“むせる”ほど高い!鉄の棺桶を実際に体験

  2. IBMによるアルファテスト版『ソードアート・オンライン』のゲーム画面とナーヴギアの写真をお届け

    IBMによるアルファテスト版『ソードアート・オンライン』のゲーム画面とナーヴギアの写真をお届け

  3. コナミ、平成28年3月期第1四半期決算を発表 ― 『ウイイレ』『パワプロ』ブランドを中心に堅調に推移

    コナミ、平成28年3月期第1四半期決算を発表 ― 『ウイイレ』『パワプロ』ブランドを中心に堅調に推移

  4. 【レポート】VRロボゲー『アーガイルシフト』のロマンと没入感が凄い!男の子の夢、これで叶います

  5. 複雑なアニメーションデータもUnity上に集約して手軽に実装・・・モバイルゲーム向けパイプラインのデモ

  6. 2Dイラストなのに360度全方位表現だと!?「Live2D Euclid」ついにお披露目…VRとARで展示

  7. 【CEDEC 2014】ゲームの楽しさは計測できるのか? ゲーム開発者と学術研究者が語り合った

  8. 【レポート】映像業界から語られたゲームグラフィックの可能性…実写×3DCGで実現する新たな表現

  9. 『イングレス』『Pokemon Go』を手がけるNianticにフジテレビなどが投資

  10. 【CEDEC 2011】大規模なハイエンドゲーム開発をスクラムで~ディンプスの事例

アクセスランキングをもっと見る

page top