人生にゲームをプラスするメディア

セガ、コンシューマ事業の構造改革に着手 ― 組織合理化、開発タイトルの絞り込みなど

ゲームビジネス その他

セガサミーホールディングスは、子会社であるセガのコンシューマ事業について、構造改革を実施することを発表しました。

セガを中心としたコンシューマ事業は、欧米における厳しい経済環境、家庭用ゲームソフトの市場環境の急速な変化を受けて、2012年3月期においては、営業損失を計上する見込みとなっています。

これを受けて今回「組織の合理化」「タイトル数の絞込み」「開発中タイトルの仕掛品の評価減」「在庫の処理」の4つを柱とする施策を発表したものです。

具体的には、欧米市場における家庭用ゲームソフト分野を担当する組織を合理化し、安定的に収益を創出できる体制を構築。さらに欧米市場向けタイトルの収益見通しを厳格に精査し、翌期以降は『Sonic the Hedgehog』『Football Manager』『Total War』『Aliens』など、確固たる収益が期待される“有力なIP(Interllectual Propery、知的財産)”に販売を絞り込むとのことです。

なお、開発を進めていた一部タイトルについて、開発中止も行われる予定です。

そのほか、当期末から翌期にかけて欧米市場において販売するゲームソフトに係る仕掛品の収益性を再評価し、一部タイトルの仕掛品を評価減すること、現在流通している市中在庫を含め、ゲームソフト在庫の費用引当処理を行うことが発表されました。

セガでは、2012年3月期決算において、構造改革にともなう費用として、71億円を特別損失として計上する予定となっています。
《冨岡晶》

編集部おすすめの記事

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. 金正男、トランプ移民施策… 話題の陰でプチ進化するゲーム業界【オールゲームニッポン】

    金正男、トランプ移民施策… 話題の陰でプチ進化するゲーム業界【オールゲームニッポン】

  2. VR施設「VR PRAK TOKYO」渋谷にオープン!6タイトルを70分遊び放題で3300円

    VR施設「VR PRAK TOKYO」渋谷にオープン!6タイトルを70分遊び放題で3300円

  3. VRMMO『ソードアート・オンライン ザ・ビギニング』バトル映像が公開…実際に腕を動かし、ボスを斬る!

    VRMMO『ソードアート・オンライン ザ・ビギニング』バトル映像が公開…実際に腕を動かし、ボスを斬る!

  4. 話題のホラーゲーム『Year Of The Ladybug』開発中止

  5. ブシロードとグリーがスマホゲーム開発で業務提携、『戦姫絶唱シンフォギア』をポケラボが開発

  6. 【レポート】コーエーテクモウェーブ、PSVRを使うVR筐体を発表!振動・匂い・触覚・ミスト・温冷で感覚を刺激

  7. 【レポート】「黒川塾(四十)」バイトからゲーム界レジェンドへ。坂口博信、そのクリエイター人生を振り返る

  8. バンナム「カタログIPオープン化プロジェクト」続報…企画審査を通過した法人と企画名が公開

  9. 149ドルでスマホが本格VRに!?「NOLO」Kickstarterキャンペーン開始

  10. 「日本と海外におけるゲーマーにとってのリージョン制限」・・・イバイ・アメストイ「ゲームウォーズ 海外VS日本」第22回

アクセスランキングをもっと見る