人生にゲームをプラスするメディア

坂田しおりさん&福見真紀さんによる『セサミストリート』キャラバン隊が編集部を突撃訪問

その他 全般

ワーナー・ホーム・ビデオより4月19日発売予定のXbox360 Kinect専用ソフト『セサミストリート: ワンス・アポン・ア・モンスター』をPRする為に結成されたキャラバン隊がインサイド編集部に遊びに来ました。

『セサミストリート: ワンス・アポン・ア・モンスター』は、人気テレビ番組「セサミストリート」を題材にした体感型アドベンチャーゲームです。説明不要で誰でもすぐ遊べるゲーム(アクティビティ)が30以上収録されており、キャラクターたちはもちろん日本語でしゃべってゲームを盛り上げてくれます。1人プレイだけでなく、2人同時プレイも可能です。

今回「セサミストリート」が大好きというアイドルカレッジ・坂田しおりさん&風男塾の新メンバー・福見真紀さんの2人でキャラバン隊を結成。「セサミストリート」の魅力を語りながら新作ゲームを披露してくれました。

まずは「セサミストリート」が大好きなワケについてそれぞれ語ります。

「私はエルモが一番大好きです。小学校の時、学校から帰ってきたらエルモやクッキーモンスターのパペットが動いていて、しかもお菓子も食べていて人間と交流しているのが衝撃的でした。それからエルモの動きや可愛らしい声に惹かれ、今はグッズなども集めています!」(坂田さん)

「私もセサミストリートが大好きで、USJの年間パスポートを持っています。年間50回以上遊びに行っていて、その度にセサミストリートのグッズを色々買っています!」(福見さん)

『セサミストリート: ワンス・アポン・ア・モンスター』のポイントは3つあり、「セサミストリートのキャラクターと一緒に絵本の世界を冒険できる」「家族や友達とみんなで一緒にワイワイ楽しめるゲーム」「楽しいアクティビティは全30種類以上」と紹介。今回は収録されているアクティビティ(ゲーム)のうち、3種類を坂田さんと福見さんが実際にプレイしてくれました。

まずは2人がソリに乗って雪山を滑るアクティビティをプレイ。プレイヤーのカラダを左右に傾けて重心のバランスを取りながら進んでいきます。スピードが上がるダッシュ板の上を通過すると加速します。2人でプレイする際は「あまり(カラダを)動きすぎないのがコツ。あとはコンビネーションですね!」と語るキャラバン隊の2人。うまくバランスを取りながら見事ゴール。

続いてはグルーフの森で行われる「障害物競走」にチャレンジ。実際に走りながら森の障害物をくぐりぬけながら先に進んでいきます。しゃがんだり、ジャンプしたりなど、カラダを使ってゲームをプレイするのが特徴です。ステージの途中には☆があり、これを5つ集めるのもゲームの目標になっています。「朝まで練習していたんですよ!」と笑顔でその腕前を見せるキャラバン隊。見事☆5つ集めてクリアしました。

最後はダンスゲーム。画面に表示されているお手本と同じポーズで実際にプレイヤー自身がダンス行うというもの。Kinectはプレイヤーの動きを感知してプレイする為、難しい操作はいりません。プレイしてみた感想は「最初は難しく感じたけど、やるたびに楽しめるようになります。できないと悔しいので、大人もハマっちゃいますね」(坂田さん)、「自分がキャラクターになりきれるのが何よりもうれしい」(福見さん)

このように本作は「セサミストリート」のキャラクターになりきって遊ぶことができる体感型ゲームです。エルモやクッキーモンスター以外のキャラクターも多数登場しますので、ファンの方はぜひチェックしてみてください。

『セサミストリート: ワンス・アポン・ア・モンスター』は、4月19日に発売予定で価格は5980円(税込)です。

Sesame Street: Once Upon a Monster (C)2011 Warner Bros. Entertainment Inc. Developed by Double Fine Productions, Inc.
"Sesame Street(R)" and all associated characters and elements (C)2011 Sesame Workshop. Portions of "Once Upon a Monster" (TM) & (C)2011 Double Fine Productions, Inc. All other trademarks and copyrights are the property of their respective owners. All rights reserved.
WB GAMES LOGO, WB SHIELD:(TM) & (C)Warner Bros. Entertainment Inc
(s12)
《まさと》

編集部おすすめの記事

その他 アクセスランキング

  1. 【昨日のまとめ】『ポケモンGO』ドイツの小さな橋に人が殺到…市当局の取った対応とは、島本和彦が「庵野…オレの負けだ…」とツイート、「ダンまち」ヘスティアが1/4スケールフィギュア化、…など(7/29)

    【昨日のまとめ】『ポケモンGO』ドイツの小さな橋に人が殺到…市当局の取った対応とは、島本和彦が「庵野…オレの負けだ…」とツイート、「ダンまち」ヘスティアが1/4スケールフィギュア化、…など(7/29)

  2. 島本和彦が「庵野…オレの負けだ…」とツイート、このシン・ゴジラの  どこががすばらしいのかを  トンコさんに教えてあげたい

    島本和彦が「庵野…オレの負けだ…」とツイート、このシン・ゴジラの どこががすばらしいのかを トンコさんに教えてあげたい

  3. 「刀剣乱舞-花丸-」へし切長谷部のキャラクタービジュアル公開

    「刀剣乱舞-花丸-」へし切長谷部のキャラクタービジュアル公開

  4. 随所が“ビッグスケール”に…「ダンまち」の「ヘスティア」が1/4スケールでフィギュア化

  5. 『ダンガンロンパ2』をアニメ化しない理由とは? 小高和剛「あのキャラ達の物語はあれでお終い」

  6. 「響け!ユーフォニアム2」新ビジュアル公開!爽やかな青空をバックに少女たちが集結

  7. 全編主観視点のFPS風映画「Hardcore Henry」が日本上陸!カナザワ映画祭2016にて爆音上映決定

  8. 劇場版「モンスト」めくってびっくりのオリジナルシールチラシ完成

  9. 【昨日のまとめ】『ポケモンGO』海外ユーザーが最大レベルに到達、最新作『イナズマイレブン』への質問に日野晃博が返答、コロプラがVRロボ格闘ゲームを発表…など(7/28)

  10. 『イナズマイレブン アレスの天秤』円堂の参戦は? おひさま園はどうなった? 気になる質問に日野晃博が返答

アクセスランキングをもっと見る

page top