人生にゲームをプラスするメディア

『超時空要塞マクロス~愛・おぼえていますか~ Hybrid Pack』発売決定、映画とPS3ゲームを1枚に収録

ソニー PS3

バンダイナムコゲームスは、プレイステーション3ソフト『超時空要塞マクロス~愛・おぼえていますか~ Hybrid Pack』を7月26日に発売すると発表しました。

『超時空要塞マクロス~愛・おぼえていますか~Hybrid Pack』は、Blu-rayディスク1枚に映画「超時空要塞マクロス~愛・おぼえていますか~」(本編約115分)と、PS3専用ゲーム『私の彼はパイロット2012』を収録した作品となっています。PS3以外のBD再生機で再生した場合は「超時空要塞マクロス~愛・おぼえていますか~」本編のみを再生できます。

「超時空要塞マクロス~愛・おぼえていますか~」は、1982年10月から放送されたテレビシリーズ「超時空要塞マクロス」の人気を受けて制作された劇場作品ですが、今回Blu-ray化にともない、35mmネガからフィルムスキャン方式で新たにHDマスターを作成。新規にドルビーデジタル5.1ch化作業を行い、映像・音ともに美しく生まれ変わっています。

一方『私の彼はパイロット2012』は、壮大な宇宙を舞台に、「超時空要塞マクロス~愛・おぼえていますか~」に登場する機体を操作して戦う、ハイクオリティ3Dアクションシューティングゲームです。

前作シリーズ『マクロストライアルフロンティア』『マクロスラストフロンティア』での爽快感はそのままに、ハイエンドモデルになった初代マクロスVF-1による超高速戦闘アクションが実現しています。

「歌」も作中の楽曲を収録し、よりドラマティックで臨場感あふれるステージを楽しめるとのこと。とくに細やかなバルキリーの挙動を再現した内容は、オールドファン必見でしょう。

また、同時発売の限定版「30周年アニバーサリーBOX」には、通常版の内容に加え、90分以上の映像が収録された特典Blu-rayディスクが付属。本特典ディスクには、新規作画を含むオリジナルミュージッククリップ集「フラッシュバック2012」(初Blu-ray化)をはじめ、「マクロスシリーズ原点を語る河森正治meets宮武一貴」や、ドキュメンタリー「愛・おぼえていますかフラッシュバック1984」、ゲーム用アニメムービーなどのゲーム映像集、CM集など、合計90分以上もの映像が収録されております。

さらに封入特典として、公開当時のミニ劇場パンフレットやミニポスター集、ミニ原画集、オールカラーブックレット、アニメ誌アーカイブ、劇場上映生フィルムコマも封入されるとのこと。インナージャケットは美樹本晴彦氏描き下ろし、特製収納ボックスは天神英貴氏描き下ろしです。

『超時空要塞マクロス~愛・おぼえていますか~ Hybrid Pack』は7月26日に発売予定。価格は通常版が7140円(税込)、30周年アニバーサリーBOXが13,800円(税込)です。

※本ビジュアルは仮のものです。本番は美樹本晴彦かきおろしとなります。
※場面カットはHD化される前の画像です。
※原画集画像はイメージです

(C)1984 ビックウエスト (C)2012 NBGI
《冨岡晶》

編集部おすすめの記事

ソニー アクセスランキング

  1. PS4/PS Vita『この世の果てで恋を唄う少女YU-NO』初回特典に「PC-9800シリーズ版」を付属

    PS4/PS Vita『この世の果てで恋を唄う少女YU-NO』初回特典に「PC-9800シリーズ版」を付属

  2. 「PlayStation VR」二次予約受付、各店舗の状況は?―ソニーストアは販売終了

    「PlayStation VR」二次予約受付、各店舗の状況は?―ソニーストアは販売終了

  3. ライトニングは実在した?あまりにも本気すぎる『FFXIII』コスプレが凄い

    ライトニングは実在した?あまりにも本気すぎる『FFXIII』コスプレが凄い

  4. ソニックがLEGOの世界を走り回る!『LEGO Dimensions』最新トレイラー

  5. 【インタビュー】『バイオハザード7』は“間違いなくバイオだ”と思える作品に!リブート・リセットはしておらず、オープンワールドに匹敵する密度の作品へ

  6. 『この世の果てで恋を唄う少女YU-NO』発売日決定、攻略本同梱の限定版も

  7. レトロスタイルの2Dソニック新作『Sonic Mania』が海外発表!―シリーズの原点に回帰

  8. PSVRタイトルは「ほぼ全て」DS4でプレイ可能、海外メディアが報じる

  9. 【特集】精神障害を歌うRPG『カリギュラ』の楽曲に迫る ― 歌詞がざわめきへと変わり、心をえぐる

  10. 【インタビュー】『.hack//G.U.』発表10周年、CC2松山洋に“続編の可能性”を訊いた

アクセスランキングをもっと見る

page top