カプコン伊津野氏、『ドラゴンズドグマ』は世界で1,000万本を売りたい

カプコン伊津野氏、『ドラゴンズドグマ』は世界で1,000万本を売りたい

2012年3月21日(水) 12時20分
  •  の画像
  •  の画像

カプコンの伊津野英昭氏が、海外サイトVideogamerのインタビューで、自身がプロデューサーを担当する新作オープンワールドアクションゲーム『ドラゴンズドグマ』のセールスに関して、意欲的な発言をしています。

伊津野氏いわく、カプコンは日本のデベロッパーとしてよりグローバルな存在になろうとしており、困難な目標でリスクはもちろんあるものの「ドラゴンズドグマはワールドワイドで本当に1,000万本を売りたい」「実現は可能なことだと思う」などと発言。

また日本国内でのセールスについては、「間違いなく100万本は売ることができる」と同氏。しかし海外市場では日本のように販売本数をほぼ確信することが難しく、国内ゲームメーカーが進出を躊躇する理由のひとつだと指摘しています。

伊津野氏はリアルなファンタジーオープンワールドゲームを作るのが子供の頃からの夢で、その夢が遂に実現したと話しています。

(Article written by Game*Spark)
関連記事

ソニーアクセスランキング


パッケージ画像
機種 PS3
ジャンル ACT
発売元 カプコン
開発元 カプコン
発売日 2012年05月24日
プレイ人数 1人プレイ専用
  • ドラゴンズドグマ 関連画像
  • ドラゴンズドグマ 関連画像
  • ドラゴンズドグマ 関連画像
おすすめ記事
[PR]インサイド楽天