人生にゲームをプラスするメディア

3DS、米国でも450万台を突破・・・Wii Uでも教訓を活かしたい意向

任天堂 3DS

ウォール・ストリート・ジャーナルが報じたところによれば、ニンテンドー3DSの米国での販売は既に450万台を突破したとのこと。年末商戦から主力タイトルの投入が始まったことから好調に推移しており、日本国内でも既に500万台を超えています。

3DSは発売当初はタイトル不足もあり苦戦をしましたが、1万円の値下げ(米国でも249ドルから149ドルに値下げ)や年末商戦に合わせて『スーパーマリオ3Dランド』や『マリオカート7』などの人気タイトルが揃ったことから一気に普及が進みました。これまでの売上高は12億ドルを超えているとのこと。

米国任天堂のScott Moffitt氏は同紙の取材に対して、3DSで得た教訓を年末発売予定のWii Uに活かしたいと話したとのこと。
《土本学》

編集部おすすめの記事

任天堂 アクセスランキング

  1. 【レポート】『ポケモンGO』レアポケモン「ラプラス」求め多くのトレーナーが江ノ島へ

    【レポート】『ポケモンGO』レアポケモン「ラプラス」求め多くのトレーナーが江ノ島へ

  2. 『ポケモンGO』「GPSの信号をさがしています」の対処方法とは

    『ポケモンGO』「GPSの信号をさがしています」の対処方法とは

  3. 【特集】『ロックマン エグゼ』15周年特別スタッフ対談!プリズムコンボ発覚から完結の理由まで

    【特集】『ロックマン エグゼ』15周年特別スタッフ対談!プリズムコンボ発覚から完結の理由まで

  4. 【特集】『ポケモンGO』ボールが真っ直ぐ飛ばない人必見!チュートリアルが教えてくれない役立ち情報

  5. 【特集】『ポケモンGO』がブームになるまで…イングレス、Google、Niantic、任天堂、ポケモンの取り組みを振り返る

  6. 最弱なポケモン「コイキング」の歌が泣ける…!コイキングへの愛を語るサイト「I LOVE コイキングさん」オープン

  7. 任天堂版「PlayStation」発見される…世に出回っていないと思われていた幻のゲーム機

  8. 「ポケモンGO Plus」詳細公開!「ぼうけんノート」や便利な連動機能が明らかに

  9. 【レポート】レベルファイブ新作発表会「LEVEL5 VISION 2016」発表内容まとめ

  10. レベルファイブ新作『スナックワールド』アニメ/スマホ版は2017年4月、3DS版は2017年7月登場

アクセスランキングをもっと見る

page top