人生にゲームをプラスするメディア

海外サイトが選ぶ「最もグロテスクな表現が含まれているゲーム」TOP25

その他 全般

“このゲームには暴力シーンやグロテスクな表現が含まれています”で日本でもお馴染みの残酷ゲームですが、今回は海外サイトGameranxが独自に選考した“最もグロテスクな表現が含まれているゲーム TOP25(Top 25 Goriest Games of all Time)”が発表されていますのでご紹介致します。

!注意!
グロテスクな表現や残酷表現が苦手な方、18歳未満の方は閲覧をご遠慮下さい。


◆◆◆ ◆◆◆ ◆◆◆


第25位: 『NeverDead』


第24位: 『Dead Island』


第23位: 『Fallout 3』


第22位: 『Team Fortress 2』


第21位: 『Prey』


第20位: 『Postal 2』


第19位: 『MadWorld』


第18位: 『Splatterhouse』


第17位: 『Harvester』


第16位: 『Condemned 2: Bloodshot』


第15位: 『Prototype』


第14位: 『Wolfenstein』


第13位: 『Rage』


第12位: 『Alien vs Predator 3』


第11位: 『Left 4 Dead 2』


第10位: 『FEAR 2』


第9位: 『Punisher』


第8位: 『Dead Space』シリーズ


第7位: 『Gears of War 3』


第6位: 『BulletStrom』


第5位: 『The Darkness II』


第4位: 『God of War 3』


第3位: 『Mortal Kombat』


第2位: 『Soldier of Fortune』


第1位: 『Manhunt 2』


◆◆◆ ◆◆◆ ◆◆◆


“戦闘”や“アクション”といった要素がある以上、幾つかのジャンルのゲームとは切っても切れない関係にある暴力シーンですが、やはりグラフィックの表現力が上がったためか近代のゲームが多く選ばれたようです。

『Dead Space』や『Gears of War 3』、『God of War 3』など近代を代表する作品がトップを飾ったほか、『Mortal Kombat』や『Soldier of Fortune』、『Splatterhouse』など古くから残酷ゲームとして高い評価を得ていた作品もランクイン。なおトップを飾った『Manhunt 2』は2007年にPS2/PSP/Wiiにて発売されたRockstarのタイトルで、その生々しい残酷表現により度々同種のランキングの上位を獲得しています。
《Game*Spark》

編集部おすすめの記事

その他 アクセスランキング

  1. 【昨日のまとめ】中国で『スプラトゥーン』丸パクリのスマホゲーム登場、『ポケモン サン・ムーン』新ポケモン詳細、「ルフィ」女体化フィギュア…など(7/1)

    【昨日のまとめ】中国で『スプラトゥーン』丸パクリのスマホゲーム登場、『ポケモン サン・ムーン』新ポケモン詳細、「ルフィ」女体化フィギュア…など(7/1)

  2. 「ニコニコチャンネル」有料登録者数が50万人突破!上位5チャンネルの平均年間売上額は1億円台

    「ニコニコチャンネル」有料登録者数が50万人突破!上位5チャンネルの平均年間売上額は1億円台

  3. 「ワンピース」より「ルフィ」の女体化フィギュアが登場、元気なイメージはそのままセクシーな姿に

    「ワンピース」より「ルフィ」の女体化フィギュアが登場、元気なイメージはそのままセクシーな姿に

  4. 「スーパー戦隊シリーズ」40作品のヒーローが一挙集結! 『スーパー戦隊レジェンドウォーズ』今夏配信

  5. ユニクロ、「任天堂」Tシャツデザインコンテストを開催…優秀者には「NX」

  6. 河森正治×サテライトによる新作アニメ「THE NEXT」発表

  7. 「SEGA feat. HATSUNE MIKU Project」統括プロデューサーの内海洋がセガを退社

  8. 「RAVE」全35巻296話の無料配信が順次スタート! 今日だけで一気に5巻まで読破可能

  9. ソニー平井社長に聞く成長へのギアシフト、『ストV』綾野アシスタントプロデューサーインタビュー、Amazonはどのようにして倉庫ロボットの火付け役になったのか・・・編集部員も見るべきまとめ(7/1)

  10. 「D.Gray-man HALLOW」第1話のアレンたちの姿が明らかに!タイトルは「14番目」

アクセスランキングをもっと見る

page top