人生にゲームをプラスするメディア

海外サイトが選ぶ「最もグロテスクな表現が含まれているゲーム」TOP25

その他 全般

“このゲームには暴力シーンやグロテスクな表現が含まれています”で日本でもお馴染みの残酷ゲームですが、今回は海外サイトGameranxが独自に選考した“最もグロテスクな表現が含まれているゲーム TOP25(Top 25 Goriest Games of all Time)”が発表されていますのでご紹介致します。

!注意!
グロテスクな表現や残酷表現が苦手な方、18歳未満の方は閲覧をご遠慮下さい。


◆◆◆ ◆◆◆ ◆◆◆


第25位: 『NeverDead』


第24位: 『Dead Island』


第23位: 『Fallout 3』


第22位: 『Team Fortress 2』


第21位: 『Prey』


第20位: 『Postal 2』


第19位: 『MadWorld』


第18位: 『Splatterhouse』


第17位: 『Harvester』


第16位: 『Condemned 2: Bloodshot』


第15位: 『Prototype』


第14位: 『Wolfenstein』


第13位: 『Rage』


第12位: 『Alien vs Predator 3』


第11位: 『Left 4 Dead 2』


第10位: 『FEAR 2』


第9位: 『Punisher』


第8位: 『Dead Space』シリーズ


第7位: 『Gears of War 3』


第6位: 『BulletStrom』


第5位: 『The Darkness II』


第4位: 『God of War 3』


第3位: 『Mortal Kombat』


第2位: 『Soldier of Fortune』


第1位: 『Manhunt 2』


◆◆◆ ◆◆◆ ◆◆◆


“戦闘”や“アクション”といった要素がある以上、幾つかのジャンルのゲームとは切っても切れない関係にある暴力シーンですが、やはりグラフィックの表現力が上がったためか近代のゲームが多く選ばれたようです。

『Dead Space』や『Gears of War 3』、『God of War 3』など近代を代表する作品がトップを飾ったほか、『Mortal Kombat』や『Soldier of Fortune』、『Splatterhouse』など古くから残酷ゲームとして高い評価を得ていた作品もランクイン。なおトップを飾った『Manhunt 2』は2007年にPS2/PSP/Wiiにて発売されたRockstarのタイトルで、その生々しい残酷表現により度々同種のランキングの上位を獲得しています。
《Game*Spark》

編集部おすすめの記事

その他 アクセスランキング

  1. FC『パックマン』カセットにそっくりなモバイル充電器が登場、パッケージ・価格も本格再現!

    FC『パックマン』カセットにそっくりなモバイル充電器が登場、パッケージ・価格も本格再現!

  2. 【昨日のまとめ】『ポケモンGO』最新アプデ情報が公開、『スーパーマリオラン』無料で遊べる範囲が増加、『Bloodstained』Wii U版がキャンセル―スイッチへと開発移行…など(3/22)

    【昨日のまとめ】『ポケモンGO』最新アプデ情報が公開、『スーパーマリオラン』無料で遊べる範囲が増加、『Bloodstained』Wii U版がキャンセル―スイッチへと開発移行…など(3/22)

  3. 『ポケモンGO』や「君の名は。」選ばれる―第20回文化庁メデイア芸術祭受賞作品発表

    『ポケモンGO』や「君の名は。」選ばれる―第20回文化庁メデイア芸術祭受賞作品発表

  4. 「このすば」2期最終回にてゲーム化が明らかに!タイトルは『この素晴らしい世界に祝福を! -この欲深いゲームに審判を!-』

  5. 【特集】『良作フリーゲーム』10選―無料でこんなに遊べるのか!

  6. 「けものフレンズ」最終回に備える、一挙振り返り放送を実施─ニコニコ生放送にて3月25日に

  7. 「すーぱーそに子 10th Anniversary Book」発売を記念するイラスト展を開催! 高精細出力の複製イラスト30点を掲示

  8. 『聖剣伝説3』がスイッチで発売か―スクエニが公式ツイート

  9. 『ニーア オートマタ』3枚組のサントラCD発売! 初回先着特典は“秘密の音源”

  10. アトラス、今年発売する新作タイトルに迫る特別番組を実施! 3DSソフト『ラジアントヒストリア パーフェクトクロノロジー』など登場

アクセスランキングをもっと見る