人生にゲームをプラスするメディア

ニンテンドーeShop、2011年最もダウンロードされたゲームは?

任天堂 3DS

パッケージソフトの売上と異なり、各社のダウンロード販売の売上は滅多に公表されません。特に任天堂プラットフォームは尚更です。しかし参考になる推計データをデジタル流通を専門とする調査会社のForecasting & Analyzing Digital Entertainment(FADE)が発表しました。

FADEが発表したニンテンドー3DSのダウンロード販売(ニンテンドーeShop)の2011年の売上は1110万ドル(約85億円)。最もダウンロードがあったのはゲームボーイカラーで発売された人気作『ゼルダの伝説 夢をみる島DX』のバーチャルコンソール版で、33万8700本。金額にして230万ドル(約17.5億円)でした。続いて『エキサイトバイク』『マリオランド』といったタイトルが並びます。

これらはあくまでも推計ですが、参考になりそうです。

・ゼルダの伝説 夢をみる島DX (任天堂) - 338,700本 / 230万ドル
・エキサイトバイク (任天堂) - 481,100本 / 130万ドル
・マリオランド (任天堂) - 230,500本 / 110万ドル
・Freakyforms: Your Creations, Alive! (任天堂) - 112,700本 / 96万9000ドル
・Pushmo (任天堂) - 93,300本 / 63万4000ドル
・カービィの夢の国2 (任天堂) - 84,500本 / 38万4000ドル
・レッツゴルフ3D (ゲームロフト) - 43,200本 / 35万6000ドル
・ドンキーコング(任天堂) - 82,800本 / 34万8000ドル
・ゼビウス (任天堂) - 47,900本 / 30万1000ドル
・ひゅ~ストン (ポイソフト) - 50,300本 / 29万3000ドル

FADEは3DS以外にもPS3/Xbox360/Wiiのダウンロード販売やSteamやAppStore、Android Marketなどあらゆる分野のデジタル流通に関する統計情報を専門としており、調査手法はウェブサイトでは明らかにされていませんが、EA、ディズニー、マイクロソフト、セガ、ユービーアイ、レベルファイブ、D3など多数のクライアントがあるようです。
《土本学》

編集部おすすめの記事

任天堂 アクセスランキング

  1. 『ポケモン サン・ムーン』次回の新情報解禁は7月1日22時ごろ

    『ポケモン サン・ムーン』次回の新情報解禁は7月1日22時ごろ

  2. 『妖怪ウォッチ3』に堺雅人と菜々緒が出演!堺雅人はTVCMにも登場

    『妖怪ウォッチ3』に堺雅人と菜々緒が出演!堺雅人はTVCMにも登場

  3. 『ソニックトゥーン ファイアー&アイス』発売日決定、購入特典は25周年記念テーマ

    『ソニックトゥーン ファイアー&アイス』発売日決定、購入特典は25周年記念テーマ

  4. 『星のカービィ』PC・タブレット用ステッカーが販売開始、「ウイスピーウッズ柄」と「ステージキット柄」で展開

  5. 海外版『モンハン クロス』で『ストライダー飛竜』コラボ!「飛竜」の装備が登場

  6. 【特集】『ロックマン エグゼ』15周年特別スタッフ対談!プリズムコンボ発覚から完結の理由まで

  7. 『ゼルダ無双』にマリン参戦!6月30日配信の「夢をみる島パック」で実装、新マップも登場

  8. ゲームセンターCX『ポケモン 赤・緑』第2回映像が公開、今回の目標はポケモン図鑑50匹

  9. 「ポケモン総選挙720」101位以下の全順位が発表、あなたが投票したポケモンは何位?

  10. 『ポケモン サン・ムーン』E3 2016新情報まとめ、新ポケモンやストーリー情報も

アクセスランキングをもっと見る

page top