人生にゲームをプラスするメディア

ニンテンドーeShop、2011年最もダウンロードされたゲームは?

任天堂 3DS

パッケージソフトの売上と異なり、各社のダウンロード販売の売上は滅多に公表されません。特に任天堂プラットフォームは尚更です。しかし参考になる推計データをデジタル流通を専門とする調査会社のForecasting & Analyzing Digital Entertainment(FADE)が発表しました。

FADEが発表したニンテンドー3DSのダウンロード販売(ニンテンドーeShop)の2011年の売上は1110万ドル(約85億円)。最もダウンロードがあったのはゲームボーイカラーで発売された人気作『ゼルダの伝説 夢をみる島DX』のバーチャルコンソール版で、33万8700本。金額にして230万ドル(約17.5億円)でした。続いて『エキサイトバイク』『マリオランド』といったタイトルが並びます。

これらはあくまでも推計ですが、参考になりそうです。

・ゼルダの伝説 夢をみる島DX (任天堂) - 338,700本 / 230万ドル
・エキサイトバイク (任天堂) - 481,100本 / 130万ドル
・マリオランド (任天堂) - 230,500本 / 110万ドル
・Freakyforms: Your Creations, Alive! (任天堂) - 112,700本 / 96万9000ドル
・Pushmo (任天堂) - 93,300本 / 63万4000ドル
・カービィの夢の国2 (任天堂) - 84,500本 / 38万4000ドル
・レッツゴルフ3D (ゲームロフト) - 43,200本 / 35万6000ドル
・ドンキーコング(任天堂) - 82,800本 / 34万8000ドル
・ゼビウス (任天堂) - 47,900本 / 30万1000ドル
・ひゅ~ストン (ポイソフト) - 50,300本 / 29万3000ドル

FADEは3DS以外にもPS3/Xbox360/Wiiのダウンロード販売やSteamやAppStore、Android Marketなどあらゆる分野のデジタル流通に関する統計情報を専門としており、調査手法はウェブサイトでは明らかにされていませんが、EA、ディズニー、マイクロソフト、セガ、ユービーアイ、レベルファイブ、D3など多数のクライアントがあるようです。
《土本学》

編集部おすすめの記事

任天堂 アクセスランキング

  1. 『ポケモン サン・ムーン』最速攻略本+完全攻略ガイド発売決定!ポケモンの生まれながらの能力を最大まで上げる「きんのおうかん」付属

    『ポケモン サン・ムーン』最速攻略本+完全攻略ガイド発売決定!ポケモンの生まれながらの能力を最大まで上げる「きんのおうかん」付属

  2. 【特集】『ガンヴォルト 爪』開発陣インタビュー ― 「このゲーム死なないけど大丈夫?」が「すごく面白い」「続編作ろう」に変わるまで

    【特集】『ガンヴォルト 爪』開発陣インタビュー ― 「このゲーム死なないけど大丈夫?」が「すごく面白い」「続編作ろう」に変わるまで

  3. 【特集】『ロックマン エグゼ』15周年特別スタッフ対談!プリズムコンボ発覚から完結の理由まで

    【特集】『ロックマン エグゼ』15周年特別スタッフ対談!プリズムコンボ発覚から完結の理由まで

  4. 『MHF』が『Z』へ! 11月9日に大型アップデート、PS4版は11月22日に幕開け…全武器種に“抜刀ダッシュ”、防具の見た目が変更可能に

  5. ゲーム作成&配信可能な3DS『RPGツクール フェス』発表! 配信されたゲームは『ツクールプレイヤー』でプレイ可能

  6. 【特集】『ガンヴォルト 爪』の爽快感は“気が付いたらクリアしていた”と感じるほど抜群!その魅力を総まとめ

  7. 『ポケモン サン・ムーン』またもや恐怖のポケモンが登場…怨念が砂に宿り人の生気を吸う「スナバァ」とは

  8. 『ゼルダの伝説』30周年記念画集「ハイラルグラフィックス」8月26日発売、歴代アート2,000点以上を収録

  9. 「ほぼ日手帳2017」に『MOTHER2』デザインの3種が登場、おまけは「おおきなどせいさんステッカー」

  10. 『黒子のバスケ 未来へのキズナ』紫原と氷室がゲームを紹介!降旗のシュートから「頭が高いぞ」まで

アクセスランキングをもっと見る

page top