人生にゲームをプラスするメディア

セガサミーQ3業績、コンシューマ再び赤字に

ゲームビジネス その他

セガサミーホールディングスが発表した平成24年3月期 第3四半期の連結業績は、売上高3116億8200万円(+0.5%)、営業利益643億3600万円(+2.2%)、経常利益634億8800万円(+1.9%)、純利益343億8400万円(△6.6%)となりました。

事業別の売上高では前年を上回ったのは遊技機のみ。アミューズメント機器・施設、コンシューマはいずれも前年を下回りました。利益面では、遊技機とアミューズメント施設が大きく伸びました。前年黒字転換したコンシューマは赤字(-55億円)となっています。

アミューズメント機器では『StarHorse3 Season I A NEW LEGENDS BEGINS.』が33億円、『WORLD CLUB Champion Football International Clubsシリーズ』が31億円、『セガネットワーク対戦麻雀 MJ5』が27億円を販売。売上高は340億円、営業利益50億円となりました。

アミューズメント施設では売上高は339億円と微減となりましたが、営業利益は前年の通期で3億円から12億円と大きく伸びました。施設は不採算店の閉鎖を引き続き行なっていて、特に海外は期初に10店舗あったものが現在では3店舗となっています。国内では247店舗を運営。期初より2店舗減少しています。既存店売上は100.5%と僅かに前年を上回りました。

コンシューマ事業ではゲームコンテンツ、玩具、アニメーション共に前年同期を下回りました。ゲームの販売本数は前年の1363万本から1280万本に減少した一方、研究開発費・コンテンツ制作費は前年から22億円増加し、利益を圧迫しました。地域別のゲーム販売本数では日米欧でそれぞれ183万本、439万本、637万本を販売。プラットフォーム別ではWii(281万本)、PS3(191万本)、Xbox360(130万本)、PSP(71万本)、PC(70万本)、3DS(62万本)、DS(34万本)、Vita(1万本)でした。主要タイトルでは『Mario & Soci at the London 2012 Olympic Games』が239万本、『ソニックジェネレーションズ』が2本で163万本、『初音ミク Project DIVA extend』が29万本でした。
《土本学》

編集部おすすめの記事

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. 狂気のホラー『Year Of The Ladybug』主人公は連続殺人犯…日本語字幕トレイラー公開

    狂気のホラー『Year Of The Ladybug』主人公は連続殺人犯…日本語字幕トレイラー公開

  2. 剣や盾を振り回すVRアクション『CIRCLE of SAVIORS』10月1日に体験会が開催決定!「HTC Vive」プレゼント企画も

    剣や盾を振り回すVRアクション『CIRCLE of SAVIORS』10月1日に体験会が開催決定!「HTC Vive」プレゼント企画も

  3. 狂気に満ちた『Year Of The Ladybug』初トレイラー遂に公開!心が不安定になる…

    狂気に満ちた『Year Of The Ladybug』初トレイラー遂に公開!心が不安定になる…

  4. 『P.T.』の影響受けた一人称ホラー『Allison Road』開発再開!

  5. 【特集】VRで盛り上がるジョイポリス、だがセガは1994年にVRアトラクション「VR-1」を導入していた

  6. 【特集】中二全開のVR剣戟ACT『CIRCLE of SAVIORS』に脱帽、「やれば分かる」の概念がぶち壊れる

  7. 【TGS2016】『乖離性ミリオンアーサーVR』は“格好良く立ちたくなる”VRカードゲーム! RPG世界の「戦闘シーン」に参加してみた

  8. バンナムのVR体験施設「VR ZONE Project i Can」4月オープン!JR山手線、ロボ×美少女、ホラーなどがラインナップ

  9. バックパックPC「VR One」発表!ケーブルの呪縛から解放され、3.6Kgで90分間のVR体験が可能

  10. 【Autodesk×Unity】セガが語るUnityで作るiPhoneゲーム、そしてコンテンツ工学

アクセスランキングをもっと見る

page top