人生にゲームをプラスするメディア

“PlayStation Network”アカウントの名称が“Sony Entertainment Network”アカウントへ変更

ソニー PS3

PlayStation Network ロゴ
  • PlayStation Network ロゴ
ソニー・コンピュータエンタテインメントは4日、2012年2月8日に実施されるPlayStation 3およびPlayStation Vitaのシステムソフトウェアアップデートにあわせ、“PlayStation Network”アカウントの名称を“Sony Entertainment Network”アカウントへと変更すると、“PlayStation Network”アカウントユーザー向けの配信メールにて告知しました。下記がその告知内容です。

平素より、“PlayStation Network”をご利用いただきありがとうございます。

さて、2012年2月8日(水)に実施される「“PlayStation 3”(プレイステーション 3)」(“PS3”)および「“PlayStation Vita”(プレイステーション・ヴィータ)」(“PS Vita”)のシステムソフトウェアアップデートにあわせ、「“PlayStation Network”アカウント」の名称を「“Sony Entertainment Network”アカウント」へ変更いたします。

“PS3”および“PS Vita”のシステムソフトウェアアップデートを適用後、各機器で「“PlayStation Network”アカウント」と表示されていた箇所が「“Sony Entertainment Network”アカウント」に変更されて表示されます。今回変更されるのは、「“PlayStation Network”アカウント」の名称のみです。ご利用いただけるサービスに変更はございません。また、今回の名称変更に伴い、お客様がご利用のアカウント情報やパスワードなどを変更していただく必要はございません(2011年5月28日以降、“PlayStation Network”にサインインをしていないお客様はパスワード変更の必要がございます)。なお、「“PlayStation Portable”(プレイステーション・ポータブル)」(“PSP”)の画面上に表示されるアカウント名称に変更はございません。

今回の名称変更は、ソニーの実現するデジタルエンタテインメントの世界を拡げるための取り組みの一環で、今後、ゲームに加え映画、音楽をはじめ包括的なネットワークエンタテインメントのサービスをお楽しみいただけるようにサービスプラットフォームを強化してまいります。詳細につきましては、準備が整いましたら改めてご案内いたします。

お客様のご理解ならびにご協力をお願い申しあげます。

平井一夫氏のソニー社長兼CEO就任によって今後も様々な改編が行われるのかもしれませんね。“Sony Entertainment Network”の発展・展開に期待しましょう。
《Game*Spark》

編集部おすすめの記事

ソニー アクセスランキング

  1. 【PS Vita DL販売ランキング】『デモンゲイズ』Best版が首位獲得、『恋愛0キロメートルV』は2位へ(8/26)

    【PS Vita DL販売ランキング】『デモンゲイズ』Best版が首位獲得、『恋愛0キロメートルV』は2位へ(8/26)

  2. 「ペルソナ5 公式ガイドブック」ゲームソフトと同日発売決定―物語中盤までサポート!

    「ペルソナ5 公式ガイドブック」ゲームソフトと同日発売決定―物語中盤までサポート!

  3. 1986年の名作STG『ダライアス』がアーケードアーカイブスで本日配信! 画面ズレ・継ぎ目の再現も可能

    1986年の名作STG『ダライアス』がアーケードアーカイブスで本日配信! 画面ズレ・継ぎ目の再現も可能

  4. PS4/PS3『ブレイブルー セントラルフィクション』に「マイ=ナツメ」参戦!シリーズ初の槍使いが登場

  5. カプコン公式「ミス春麗決定戦」で「ザンギエフ」が優勝、その結果と再現度に会場困惑

  6. 【特集】『FFXIV』で行われた親孝行「光のお父さん計画」達成記念!親子2人を突撃インタビュー

  7. 『ペルソナ5』は全プレイヤーへの挑戦状!?怪盗団の目的や「心の異世界パレス」など、ワクワクが止まらない最新情報をお届け

  8. 『BLAZBLUE C』『Birthdays ーバースデイズー(仮)』がTGS2016に出展決定!

  9. 【インタビュー】『PSO2』はなぜアニメ化するの? 酒井Pにメディアミックスの狙いと方針、アニメで描く世界を訊いた

  10. 【インタビュー】『バイオハザード7』は“間違いなくバイオだ”と思える作品に!リブート・リセットはしておらず、オープンワールドに匹敵する密度の作品へ

アクセスランキングをもっと見る

page top