最速ゲーム情報メディア: インサイド
follow us
【レビュー】ARメインで遊ぶ、3DSならではの新ホラーゲーム『心霊カメラ ~憑いてる手帳~』

【レビュー】ARメインで遊ぶ、3DSならではの新ホラーゲーム『心霊カメラ ~憑いてる手帳~』

2012年1月15日(日) 19時00分
  • 「ARストーリー 零 ~紫の日記~」のヒロイン・眞夜の画像
    「ARストーリー 零 ~紫の日記~」のヒロイン・眞夜
  • 3DSで撮影すればこの通り現実世界へ飛び出しますの画像
    3DSで撮影すればこの通り現実世界へ飛び出します
  • 最寄駅ホームにての画像
    最寄駅ホームにて
  • バーチャルデート気分が味わえるかも(?)の画像
    バーチャルデート気分が味わえるかも(?)
  • 怨霊なので、よーくみるとちょっと透けてますの画像
    怨霊なので、よーくみるとちょっと透けてます
  • 高層ビルの窓際で記念写真の画像
    高層ビルの窓際で記念写真
  • 心霊写真撮影モードで撮影してるので、たまに心霊写真っぽくなりますの画像
    心霊写真撮影モードで撮影してるので、たまに心霊写真っぽくなります
  • ARカードでの撮影にも対応の画像
    ARカードでの撮影にも対応
  • ARノートでも表示可能ですが、キャラクターに応じたページを開く必要ありの画像
    ARノートでも表示可能ですが、キャラクターに応じたページを開く必要あり
  •  の画像
  • パッケージ表の画像
    パッケージ表
  •  の画像
  •  の画像
  • ご覧いただきありがとうございましたの画像
    ご覧いただきありがとうございました
  •  の画像
  •  の画像
  • あくまで心霊写真、本当は眞夜以外の怨霊写真もいっぱい撮れます(今回は割愛しました)の画像
    あくまで心霊写真、本当は眞夜以外の怨霊写真もいっぱい撮れます(今回は割愛しました)
  • ARノート「紫の日記」の画像
    ARノート「紫の日記」
  • ゲーム中、3DSを使って写し込みますの画像
    ゲーム中、3DSを使って写し込みます
  • ゲームモードは全部で3種類の画像
    ゲームモードは全部で3種類

任天堂とコーエーテクモゲームスのタッグによって作られたニンテンドー3DSソフト『心霊カメラ ~憑いてる手帳~』、(心霊写真を撮るのも楽しいですが)週末を利用してやりこんだのでプレイレビューをお届けします。

写真撮影が面白くてコチラを中心に紹介しましたが、本編もちゃんとやっております。『心霊カメラ』のストーリーモードとなる「ARストーリー 零 ~紫の日記~」は、テクモの人気ホラーゲーム『零』の世界観を元に作られた新作。でも従来作のように探索型ではなく、読み解く物になっています。付属の「ARノート」を使う事で物語を進めるという仕組み。ただ1ページから順に進めていくのではなく、状況に応じてはノート内から探すような仕掛けも。

ただ「ARノート」の認識はあまりよく無く(3DS本体の技術的な理由)、薄暗い部屋ではなかなか読み込めず。ホラーゲームですが、明るい場所でのゲームプレイ推奨となります。真夜中に電気を消して遊ぶことが出来ません。

先にも触れた『零』シリーズの探索要素が無くなったので、ゲームが得意でない人でも気軽に遊べるようになりました。射影機を使った怨霊とのバトルはシリーズ作でもお馴染みですが、3DSではジャイロセンサーとカメラを使ってプレイします。
※『零』シリーズでは、「射影機(カメラ)」で怨霊を撮影するとダメージを与えることが出来る。

例えばプレイする場所が自分の部屋だと、色々な所から闘うべき怨霊が出てきます。これは『ARゲームズ』に通じるものがあり、不思議なプレイ感覚を味わう事が出来ました。和風ホラーゲームと言う事で、障子の前でプレイすると雰囲気出ると思います。

また、360度あらゆる方角に対処するため、オフィスチェアなど回転するイスに座ってプレイすると素早い対応が取れます。自分で回るより早い分、やり過ぎると酔ってしまうので注意。

もちろんクリア後特典も『零』シリーズ同様に用意されています。ネタバレになってしまうのでここでは詳しく語りませんが、繰り返し遊べる要素やお馴染みコスチューム追加、「ARノート(ハテナのARカードも可)を使った遊びが楽しめます。

『心霊カメラ』は決してボリューム満点のゲームではありません。色々な試行錯誤の末に出来た遊びを詰め込んだソフトです。写真撮影、占い、ARを使った遊びなど、パッと始めらるミニゲーム的なども入れて価格が3800円と安めになっているのは正解。実売3000円程度なら興味本位で買えるレベルですからね。
参考:Amazonでは3100円

ソフトを刺して3Dゲームを遊ぶだけじゃない、新たなプレイスタイルの礎となりそうです。『二ノ国』のような書籍を使ったソフトも近年現れてきたので、こういった新しい試みにも今後期待したいですね。

『心霊カメラ ~憑いてる手帳~』は、好評発売中で価格は3800円(税込)です。

(C)2011 Nintendo / コーエーテクモゲームス

(Article written by まさと)

任天堂アクセスランキング


パッケージ画像
機種 3DS
ジャンル ADV
発売元 任天堂
開発元 コーエーテクモゲームス
発売日 2012年01月12日
プレイ人数 1人プレイ専用