人生にゲームをプラスするメディア

ソーシャルゲームに月1000円払うユーザーは8%・・・シード・プランニング

ソーシャル・オンラインゲーム ソーシャルゲーム

シード・プランニングは、スマートフォンにおけるMobageとGREE向けゲーム利用動向に関するアンケート調査結果を発表しました。

今回の調査は、ユーザーはプラットフォームサービスやゲームタイトルの認知をどのようにしているのか、またどのゲームにどれだけの時間とお金を費やしているのか、MobageとGREEでの差異はあるのかといったことを調べたものです。

調査方法はPCによるWebアンケート調査で、対象は2011年12月の1ヶ月以内にスマートフォン端末でMobage、GREEのゲーム利用経験のあるユーザーとし、それぞれ400サンプルとなっています。同期間内に従来の携帯電話でゲームを利用した経験者は対象から除外しています。

まず「Mobage・GREE利用のきっかけ」は、両者とも「もともと以前の携帯電話でもゲームをしていたから」「利用している友人に招待(紹介)されて」「テレビCM」が上位3位を占めています。AppStore/Android Markeのランキングやスマートフォン上に表示された広告からの利用も1割以上のユーザーが該当しています。

次に、月額の「Mobage・GREE有料支払額」では、どちらも全体の8%にあたるユーザーが「1ヶ月に1000円以上を支払う」と結果が出ました。Mobageでは「ゲームにお金を支払う」ユーザーは全体の20.8%で、このうち38.6%は月に1000円以上を利用。一方、GREEで「ゲームにお金を支払う」ユーザーは全体の17.3%となり、このうち1ヶ月に1000円以上使うのは47.8%となっています。

スマートフォンにおけるMobage・GREEの有料ゲームで遊び始めたことにより、その他の趣味やレジャー支出へ影響があったかを質問すると、半数のユーザーは「支出が減ったものはない」と回答。減ったと答えたユーザーは、両者ともに「PCオンラインゲーム」が該当しています。また、ゲーム専用機のゲームに関しては、有料ゲーム利用者のうちMobageは18.1%、GREEでは15.9%が「支出が減った」と回答しています。

このほか、同社の調査ではアプリインストールの有無、利用しているタイトルジャンル、新しいゲームで遊ぶ頻度、スマートフォンで遊ぶ理由などを調査しており、詳細は1月末に発刊する調査研究レポート「Mobage・GREEのスマートフォンゲームユーザー行動分析調査」で発表される予定です。
《近藤智子》

編集部おすすめの記事

ソーシャル・オンラインゲーム アクセスランキング

  1. SNSで“プレイヤーの性格を武器にする”3DACT『Last Standard』がSteam Greenlightに登場

    SNSで“プレイヤーの性格を武器にする”3DACT『Last Standard』がSteam Greenlightに登場

  2. 【特集】Steam名作オンラインCo-opゲームから貴方にお薦めタイトルをご紹介!

    【特集】Steam名作オンラインCo-opゲームから貴方にお薦めタイトルをご紹介!

  3. 話題の“刀”美男子化SLG『刀剣乱舞 -ONLINE-』登場キャラ20名を一挙紹介

    話題の“刀”美男子化SLG『刀剣乱舞 -ONLINE-』登場キャラ20名を一挙紹介

  4. 新エンディングが追加された『青鬼 2016』、AndAppにて配信…ハッカドールとのコラボも

  5. 『エルダー・スクロールズ・オンライン』最新アプデ「ホームステッド」は2月6日に日米同時配信!

  6. Steam初の美少女麻雀『Mahjong Pretty Girls Battle』登場!様々な世界から美少女が集結

  7. 【特集】『Wallpaper Engine』の使い方―Steamで人気の“動く壁紙”作成ソフト

  8. 恐ろしくも美しいミステリー謎解きゲーム『ファウストの悪夢』がSteamに近日登場

  9. 今からはじめる『マインクラフト』マルチプレイ ― 公式サーバー「Realms」導入解説ガイド

  10. 『ルーセントハート』ファッション学部の学生たちがデザインしたアバター衣装の販売が決定

アクセスランキングをもっと見る