人生にゲームをプラスするメディア

エレクトロニック・アーツ、「SSX.com」のドメインを勝ち取れず

ゲームビジネス その他

【gamescom 2011】ソーシャル的な対戦を導入したスノーボードアクション『SSX』
  • 【gamescom 2011】ソーシャル的な対戦を導入したスノーボードアクション『SSX』
  • 【gamescom 2011】ソーシャル的な対戦を導入したスノーボードアクション『SSX』
  • 【gamescom 2011】ソーシャル的な対戦を導入したスノーボードアクション『SSX』
  • 【gamescom 2011】ソーシャル的な対戦を導入したスノーボードアクション『SSX』
  • 【gamescom 2011】ソーシャル的な対戦を導入したスノーボードアクション『SSX』
  • 【gamescom 2011】ソーシャル的な対戦を導入したスノーボードアクション『SSX』
  • 【gamescom 2011】ソーシャル的な対戦を導入したスノーボードアクション『SSX』
  • 【gamescom 2011】ソーシャル的な対戦を導入したスノーボードアクション『SSX』
報道によれば、エレクトロニック・アーツが「SSX.com」のドメイン名をめぐって米国の仲裁機関National Arbitration Forumに申し立てをしていた問題で、3人の判事は申し立てを棄却したとのこと。

「SSX.com」のドメインは昨年10月、Abstract Holdings International LTDが複数のドメイン名と一括で20万ドルで購入。その後、「SSX.com」にアクセスするとゲーム関連の広告が表示されるようになっていました。

エレクトロニック・アーツは「不正目的での購入」であると主張しましたが、ドメイン名を勝ち取るには至りませんでした。

『SSX』は同社の人気スノーボードゲームで、最新作が2月28日に米国で発売予定。ウェブサイトのアドレスは「http://www.ea.com/ssx」となっています。国内での発売は春を予定しています。
《土本学》

編集部おすすめの記事

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. 【CEDEC 2016】『ドラクエ』30年の歴史、そして堀井雄二が語るゲームデザイナーに必要な3つの資質とは

    【CEDEC 2016】『ドラクエ』30年の歴史、そして堀井雄二が語るゲームデザイナーに必要な3つの資質とは

  2. カプコン川田Pと松江氏が明かす『バイオハザード アンブレラコア』のしくじり―反省から学ぶゲーム開発

    カプコン川田Pと松江氏が明かす『バイオハザード アンブレラコア』のしくじり―反省から学ぶゲーム開発

  3. 【レポート】VRロボゲー『アーガイルシフト』のロマンと没入感が凄い!男の子の夢、これで叶います

    【レポート】VRロボゲー『アーガイルシフト』のロマンと没入感が凄い!男の子の夢、これで叶います

  4. 【レポート】『ガンダムVR』で感じた恐怖と興奮…ガンダムの手に乗り、ザクに襲われる

  5. 【レポート】「ボトムズ」の筐体型VRゲーム『バトリング野郎』の再現度が“むせる”ほど高い!鉄の棺桶を実際に体験

  6. ゲームのナラティブはどうして議論がわかりにくい? 立命館大学ゲーム研究センターの研究員が徹底議論

  7. ゲームと映画から考える海外と日本の感性の違いとは・・・黒川塾(19)

  8. 企画とデザインのキャッチボールで生まれた『グランブルーファンタジー』の稀有な開発体制―春田康一プロデューサーと皆葉英夫氏に聞いた

  9. VRMMO『ソードアート・オンライン ザ・ビギニング』バトル映像が公開…実際に腕を動かし、ボスを斬る!

  10. スマホゲームのマーケティング専門家集団、AppBroadCastが目指す「脱・リワード依存」

アクセスランキングをもっと見る

page top