人生にゲームをプラスするメディア

ドワンゴ川上会長が解説「スーパーマリオ3Dランドが素晴らしいわけ」

任天堂 3DS

スタジオジブリの見習いとなったことでも話題になった、ドワンゴの川上量生会長が自身のブログで「スーパーマリオ3Dランドが素晴らしいわけ」を解説しています。

『スーパーマリオ3Dランド』は昨年末にニンテンドー3DS向けに発売されたスーパーマリオシリーズ最新作。累計の販売本数は100万本を突破しています。

川上氏は本作を「巷ではソーシャルゲームやスマートフォンが流行っている昨今ですが、そんな時期に任天堂が古き良きテレビゲームのひとつの究極的な進化形であるといっていいゲームを出した」と絶賛。「年齢趣味趣向を問わず、腕前の巧拙に関わらず誰でも楽しいゲーム」を実現している完璧なゲームバランスについて以下の4つのポイントで説明しています。

(1) ゲームの目標までのルートが基本的には一本道であるにもかかわらず、寄り道や別ルートが可能になっている
(2) 熟練者だからといってゲームが有利にならない
(3) 何度も同じゲームをさせる仕組みが組み込まれている
(4) ゲームの進行に何度も失敗するとだんだん強力な補助アイテムが出現する

これらの仕組みによって、プレイヤーが自身の腕前によって「勝手に」難易度を上げてプレイすることができると同時に、慣れないプレイヤーも先のステージをプレイできたり、何度も挑戦して自然に上達できるようになっています。

川上氏は「スーパーマリオ3Dランドは初代スーパーマリオブラザーズから目指している万人のためのゲームという理想を、もっとも高いレベルのゲームバランスで実現した世紀の傑作だ」と結び、「というわけでいいから買え。そしてやれ」と薦めています。
《土本学》

編集部おすすめの記事

任天堂 アクセスランキング

  1. 【特集】『ポケモンGO』ボールが真っ直ぐ飛ばない人必見!チュートリアルが教えてくれない役立ち情報

    【特集】『ポケモンGO』ボールが真っ直ぐ飛ばない人必見!チュートリアルが教えてくれない役立ち情報

  2. 【レポート】『ポケモンGO』レアポケモン「ラプラス」求め多くのトレーナーが江ノ島へ

    【レポート】『ポケモンGO』レアポケモン「ラプラス」求め多くのトレーナーが江ノ島へ

  3. 『ポケモンGO』「GPSの信号をさがしています」の対処方法とは

    『ポケモンGO』「GPSの信号をさがしています」の対処方法とは

  4. 最弱なポケモン「コイキング」の歌が泣ける…!コイキングへの愛を語るサイト「I LOVE コイキングさん」オープン

  5. 【特集】『ロックマン エグゼ』15周年特別スタッフ対談!プリズムコンボ発覚から完結の理由まで

  6. 『逆転裁判6』発売日決定!「真宵」の登場も明らかに…成長した姿が美しい

  7. ゲーム攻略SNS「Lobi」にて「ポケモンGO攻略マップwiki」公開、現時点でポケモンの50%以上を発見

  8. 【特集】『ポケモンGO』がブームになるまで…イングレス、Google、Niantic、任天堂、ポケモンの取り組みを振り返る

  9. レベルファイブ新作『スナックワールド』アニメ/スマホ版は2017年4月、3DS版は2017年7月登場

  10. 中田譲治が『世界樹の迷宮V』シャーマン少女に渋声アテレコ! 誤解からまさかの展開へ

アクセスランキングをもっと見る

page top