人生にゲームをプラスするメディア

年末年始、映画と一緒に楽しみたい『バットマン:アーカム・シティ』

ゲームビジネス 開発

【PR】年末年始、映画と一緒に楽しみたい『バットマン:アーカム・シティ』
  • 【PR】年末年始、映画と一緒に楽しみたい『バットマン:アーカム・シティ』
  • 【PR】年末年始、映画と一緒に楽しみたい『バットマン:アーカム・シティ』2
  • 【PR】年末年始、映画と一緒に楽しみたい『バットマン:アーカム・シティ』3
  • 【PR】年末年始、映画と一緒に楽しみたい『バットマン:アーカム・シティ』3
  • 【PR】年末年始、映画と一緒に楽しみたい『バットマン:アーカム・シティ』
  • 【PR】年末年始、映画と一緒に楽しみたい『バットマン:アーカム・シティ』3
  • 【PR】年末年始、映画と一緒に楽しみたい『バットマン:アーカム・シティ』2
いよいよ2011年も残す所あと僅か。年末年始の過ごし方を考えている方も多いのでは?既に当サイトで何度も取り上げている『バットマン:アーカム・シティ』がPS3とXbox 360にて好評発売中です。

今作の一つの特徴は映画シリーズでも出演しているキャラクター達が物凄く沢山登場している点。映画を一つでも見たことがあれば、そこで活躍したキャラクターにゲームでも出会う事ができるでしょう。今回は本作に登場するキャラクターをチェック。ゲーム、コミックと若干設定が異なる場合もありますが、ぜひゲームと映画を合わせて一緒に楽しい年末年始をお過ごし下さい。

■バットマン / ブルース・ウェイン


ゴッサム・シティ最大の企業であるウェイン・エンタープライズの筆頭株主の大富豪でイケメンのプレイボーイ。しかし彼は華やかな一家に生まれながら幼少の頃、強盗によって両親を射殺された暗い過去を持つ。成長したウェインは決して悪を許さないバットマンとしてゴッサム・シティを浄化する決意を固める。本作の主人公にして世界のヒーローです。

■ジョーカー / ???


恐ろしいピエロのような不気味なメイクでゴッサム・シティを恐怖に陥れる、バットマンシリーズの代表的な悪役(=ヴィラン)がジョーカー。単純な戦闘力はそう強くないものの、知略・謀略に優れ、悪役を束ねるリーダーシップ(?)を見せることも。ゲームを楽しむかのように残虐な犯罪を楽しみ、常にバットマンと衝突している。

■キャットウーマン / セリーナ・カイル


セクシーなスーツに身を包み、キュートな猫ミミがシンボルマークなキャットウーマン。本名はセリーナ・カイル。バットマンと同じく不幸な過去を持ち、ゴッサム・シティで女盗賊となり、その機敏さと鋭い爪、そして武術で暗躍する。似た過去を持つバットマンに対しては特別な想いがあるようだが・・・。『アーカム・シティ』ではもう一人のプレイアブルキャラクターとして登場。

■ハーレークィン
かつてはゴッサム・シティの精神病院兼牢獄、アーカム・アサイラムに勤務した精神科医。しかし、ジョーカーの治療を任され彼を研究するうち、魅了され恋に落ちる。今ではジョーカーと共に数多くの犯罪に手を染め、"プリンちゃん"(彼女はジョーカーをそう呼ぶ)のおもちゃ兼ときどきガールフレンドとして活躍している。

■アルフレッド・ペニーワース (写真右)


ブルース・ウェイン、バットマンの活躍を補佐する執事がアルフレッド・ペニーワース。長年ウェイン家に仕え、両親を亡くしたウェインの後見人を務めてきた。どんな仕事もソツなくこなし、医学にも、科学にも精通。そんな彼は執事であり父親的な存在であるだけでなく、バットマンの多彩な装備や武器の開発にも携わり、ゴッサムの平和に貢献している。

■トゥーフェイス / ハービー・デント


元々はゴッサムの有能な地方検事として知られていたハービー・デント。彼はバットマンに協力的な立場を取っていたが、法廷でマフィアのボスに硫酸を浴びせられ、顔半分を損傷。狂気を纏った彼は暴力と恐怖でゴッサムを支配するように。彼の行動は片方を傷つけた1ドル銀貨のコイン投げによって決まる。予測不可能な狂気がトゥーフェイスである。

■ジェームズ・ゴードン
賄賂と癒着。腐りきったゴッサム市警の中で、唯一清廉潔白な警官。それがジェームズ・ゴードン。犯罪者と戦いながら、同僚とも戦う。バットマンとは彼が両親を失った際にともに悲しみを共有した事がきっかけで、バットマンとは違う立場ながら同じ目的を共有するため協力関係を結び数多くの事件を解決している。

■リドラー / エドワード・ニグマ


元々はウェイン・エンタープライズのコンピューター部門で働く開発者。脳波コントロール装置「BOX」によって天才的頭脳を獲得。謎に執着し、クエスチョンマークをあしらった衣装に身を包んだ外観は独特。謎を解くことに執念を燃やし、犯罪を行う際には、その手がかりをナゾナゾの形で残して知恵比べを楽しむ。会社で自分を認めなかったブルース・ウェイン(=バットマン)を亡き者にしようとトゥーフェイスと同盟を結ぶ。

■ロビン / ディック・グレイソン(写真右)


ロビンとはバットマンのサイドキック(相棒)のこと。ティム・ドレイクは3代目のロビン。ティムはバットマンの熱狂的なファンで、バットマンや初代ロビンの正体を突き止めるという頭脳派であった。それが買われロビンとなる。自身のバイク、レッドスターに乗りゴッサムを駆ける。若手ヒーローチーム、ティーン・タイタンズにも所属する。

■ペンギン / オズワルド・コブルポット

醜い外観から同級生に虐められ、友達はペットショップの鳥だけだったオズワルド・コブルポット。そのペットショップがいじめっ子達に荒らされ、動物達は死に、オズワルドは犯罪の道を選んだ。そして彼はペンギンという名を得る。暗黒街のボスの一員になったペンギンは鳥をモチーフにした犯罪を手がけながら、表向きは成功したビジネスマンとして振舞っている。

■バーバラ・ゴードン / バットガール

ゴードン市警本部長の養女で、バットマンのサイドキック(相棒)。ジョーカーに足を撃たれて引退。オラクルを名乗り、スーパーコンピューターを駆使。ヒーローを補佐している。ナイトウィングと良い関係に。バットガールの座も後輩へと受け継がれている。映画版ではバーバラ・ウィルソンとして登場。



バットマンシリーズには敵も味方も個性的なキャラクターたちが多数。今回紹介したキャラクターは全て『バットマン:アーカム・シティ』でも活躍。ゴッサムでどんな物語が描かれるのか、ゲームだけのストーリーをお楽しみください。

また、シリーズ映画はブルーレイやDVDで視聴可能となっています。ゲームと併せてぜひ楽しんでみてください。

「バットマン」「バットマン リターンズ」「バットマン フォーエバー」「バットマン&ロビン Mr.フリーズの逆襲」は好評発売中。価格はブルーレイ、DVD、各作品2,500円(税込)です。

"BATMAN and all related characters and elements are TM and (c) of DC Comics(c) 1989 Warner Bros. Entertainment Inc. All Rights Reserved"
《編集部》

編集部おすすめの記事

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. カプコン人気クリエイターが語る『モンスターハンタークロス』流ゲーム開発術

    カプコン人気クリエイターが語る『モンスターハンタークロス』流ゲーム開発術

  2. 【E3 2016】サイバーパンクARPG『デウスエクス マンカインド・ディバイデッド』プレイヤーの行動で紡がれる物語とは

    【E3 2016】サイバーパンクARPG『デウスエクス マンカインド・ディバイデッド』プレイヤーの行動で紡がれる物語とは

  3. コロプラ、エイティングを子会社化

    コロプラ、エイティングを子会社化

  4. ゲームのナラティブはどうして議論がわかりにくい? 立命館大学ゲーム研究センターの研究員が徹底議論

  5. 【CEDEC 2009】デモンズソウルのゲームデザイン

  6. 稲船氏によるゲーム企画体験会&comceptインターンシップ選考会がヒューマンアカデミー校で実施

  7. カプコン、「モバイル事業統括」を新設…社内のモバイル事業と「ビーライン」を統合へ

  8. 【特集】今のゲーム業界は人材不足、じゃ“就職できない人”はなぜいるの?HAL東京のゲーム学部に迫る

  9. EAが身売りを検討?PEファンド2社が接近

  10. ヒューマンアカデミー東京・大阪で『ストリートファイターV』スペシャルイベント開催、ゲーム体験会も実施

アクセスランキングをもっと見る

page top