人生にゲームをプラスするメディア

『ゼルダの伝説 スカイウォードソード』をゲームボーイにデメイクしたらこうなる ― 海外ファンがデザイン

任天堂 Wii

今年で生誕25周年を迎えた『ゼルダの伝説』、その最新作であるWiiモーションプラス専用ソフト『ゼルダの伝説 スカイウォードソード』が11月23日に発売されました。

海外在住のゼルダファンは、もしも『スカイウォードソード』がゲームボーイにデメイクしたら?というゲーム画面を制作してウェブサイトに公開。基本的にはゲームボーイの『夢をみる島』や『ふしぎの木の実』などを踏襲。ここに『スカイウォードソード』の世界観をモノクロ2Dに落とし込み、リンクがロフトバードで空を飛んでるシーンを初め、いくつか特徴的なシーンをゲームボーイ風に再現しています。

もちろんこれはファンによるイメージ画像で、実際にゲームは作られていません。ゲームボーイが現役だった時代は、スーパーファミコンやニンテンドウ64で新作が発売され、その後ゲームボーイへ移植する・・・というソフトが結構ありました。もし今ゲームボーイが現役だったら、こんなデメイク的な移植があったかもしれませんね。
《まさと》

編集部おすすめの記事

任天堂 アクセスランキング

  1. 【特集】『ポケモンGO』ボールが真っ直ぐ飛ばない人必見!チュートリアルが教えてくれない役立ち情報

    【特集】『ポケモンGO』ボールが真っ直ぐ飛ばない人必見!チュートリアルが教えてくれない役立ち情報

  2. 任天堂、『ポケモンGO』が業績に与えるインパクトは「限定的」と言及

    任天堂、『ポケモンGO』が業績に与えるインパクトは「限定的」と言及

  3. 出雲大社、境内での『ポケモンGO』プレイを禁止にすると発表

    出雲大社、境内での『ポケモンGO』プレイを禁止にすると発表

  4. 「ポケモンGO Plus」詳細公開!「ぼうけんノート」や便利な連動機能が明らかに

  5. ソニックが2人!?『Project Sonic』海外発表―NX/PS4/XB1/PC向けに開発中

  6. 『ポケモンGO』サービス混雑で13歳未満の新規プレイヤーが遊べない状況に

  7. 株式会社ポケモンが『ポケモンGO』に導入した安全対策を公開…トレーナーガイドラインやサービス利用規約も

  8. 最強女子は誰だ!? アニメイト池袋本店で『スプラトゥーン』大会を実施

  9. 『ポケモン サン・ムーン』8月1日22時ごろに新情報が公開

  10. 『メトロイドプライム フェデレーションフォース』「ブラストボール」が遊べる体験版を配信、引き継ぎやネット対戦も可能

アクセスランキングをもっと見る

page top