人生にゲームをプラスするメディア

今後『ゼルダの伝説』シリーズはボタン式には戻らない可能性も ― 任天堂青沼氏が語る

任天堂 Wii

『スーパーマリオ』と並ぶ任天堂の看板タイトル『ゼルダの伝説』シリーズのプロディーサーである青沼英二氏は、「The Official Nintendo Magazine」にて今後ボタン式のコントローラーは使用しないだろうと語っています。

日本では11月23日に発売されたWiiソフト『ゼルダの伝説 スカイウォードソード』は、Wiiモーションプラスに特化したゲーム。プレイヤーはWiiモーションプラスを剣や弓に見立て、主人公であるリンクになりきってゲームをすすめていくことができます。

任天堂の青山氏は、当初このコントローラーの使用については否定的な意見を持っていたようですが「現在は『スカイウォードソード』以前の『風のタクト』や『時のオカリナ』のような、ボタン式のコントローラーには戻ることはできない」と考えており、次回作においてもモーションプラスのようなコントローラーを使用したいと考えているようです。

青山氏は、以前にもWii U版ゼルダでは新しいチャレンジをするつもりであると語っています。果たして『ゼルダの伝説』次回作では引き続きWiiモーションプラスを使用するのか、それともWii Uコントローラーで新しい操作性を見せるのか、それらの情報が公開される日が待ち遠しいところです。
《菜種》

編集部おすすめの記事

任天堂 アクセスランキング

  1. 任天堂から訴訟された「マリカー」から声明

    任天堂から訴訟された「マリカー」から声明

  2. 『ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド』海外ゲーム映像が続々到着!

    『ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド』海外ゲーム映像が続々到着!

  3. 任天堂、『マリオカート』を真似たカートレンタル会社を提訴

    任天堂、『マリオカート』を真似たカートレンタル会社を提訴

  4. LINEスタンプ「ポケモン きまぐれピカチュウ組」配信開始、イラストレーター・MOGUとポケモンがコラボ

  5. 『スプラトゥーン2』新バトルBGM「Rip Entry」が公開!楽曲を手がけるのはSNSで集ったロックバンド「Wet Floor」

  6. ニンテンドースイッチ発売時に「バーチャルコンソール」の販売はなし─国内向けに改めて発表

  7. スイッチのロンチDLソフトに『VOEZ』『ブラスターマスター ゼロ』などが追加!ポイソフトやアークシステムワークスの新作も

  8. ニンテンドースイッチ、Amazonなどで予約再開【追記あり】

  9. 【特集】『ロックマン エグゼ』15周年特別スタッフ座談会!プリズムコンボ発覚から完結の理由まで

  10. 米任天堂、スイッチのインディータイトルに関するプレゼンテーションを実施

アクセスランキングをもっと見る