人生にゲームをプラスするメディア

KLab、ソーシャルゲームを巡りクルーズを著作権侵害で提訴

ゲームビジネス その他

ソーシャルゲーム大手のKLabは、同業のクルーズを著作権侵害行為及び不正行為に基づいて差止と損害賠償を求める訴訟を本日付で提起したと発表しました。

KLabは、同社が今年3月22日にMobageにて配信を開始した『真・戦国バスター』と、クルーズが9月6日に同じくMobageで配信を開始した『チーム×抗争!ギャングギャング』が、機能や課金の仕組み、画面遷移の選択や配列、所要画面の表示構成、ヘルプの文章等、完全に同一あるいは著しく類似する箇所が非常に多く、『真・戦国バスター』の設定を漫画作品「ギャングギャング」に置き換えたリメイクと呼べるほどの類似性の高いものになっていると主張。

こうした行為は「公正な競争として社会的に許容される範囲を超えるもの」として、事前に警告を行った上で訴訟を提起したとのこと。

KLabでは『チーム×抗争!ギャングギャング』の配信の差止と5500万円及び法定利息による遅延損害金の損害賠償を求めるとしています。

ソーシャルゲーム分野では類似性が指摘されるゲームも多く、プロ野球ゲームを巡りコナミがgloopsを訴えた問題や、釣りゲームを巡りグリーがディー・エヌ・エーを訴えた問題が事件化しています。
《土本学》

編集部おすすめの記事

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. ハピネット、子会社2社を合併 「任天堂との関係を強化」

    ハピネット、子会社2社を合併 「任天堂との関係を強化」

  2. 社内コンテストから始まった『夢王国と眠れる100人の王子様』――開発までの経緯をプロデューサーが語るセミナー開催

    社内コンテストから始まった『夢王国と眠れる100人の王子様』――開発までの経緯をプロデューサーが語るセミナー開催

  3. 話題のホラーゲーム『Year Of The Ladybug』開発中止

    話題のホラーゲーム『Year Of The Ladybug』開発中止

  4. ストーリー性も魅力なアイドルVR作品「トキメキメテオ」今春より展開、第一弾は倉持由香・星名美津紀が起用

  5. 【DEVELOPER'S TALK】『ドラッグ オン ドラグーン』のスタッフが再集結!PS3とXbox360で異なる主人公を描いた『ニーア レプリカント/ニーア ゲシュタルト』に迫る

  6. ゲーム会社の就職に求められるポートフォリオとは?現役クリエイターが学生に指導

  7. ゲーム業界の「縁の下の力持ち」トーセが開発体制を改革 ― 時代に適応した事業体制の見直しと新事業部創設

  8. 【特集】VRで盛り上がるジョイポリス、だがセガは1994年にVRアトラクション「VR-1」を導入していた

  9. 【GDC 2015】App StoreやGoogle Playでフィーチャーされる秘訣は「ビックマック」にあり!?

  10. 【CEDEC 2014】知っておきたいゲーム音楽著作権、JASRACが教える有効な利用法

アクセスランキングをもっと見る