人生にゲームをプラスするメディア

KLab、ソーシャルゲームを巡りクルーズを著作権侵害で提訴

ゲームビジネス その他

ソーシャルゲーム大手のKLabは、同業のクルーズを著作権侵害行為及び不正行為に基づいて差止と損害賠償を求める訴訟を本日付で提起したと発表しました。

KLabは、同社が今年3月22日にMobageにて配信を開始した『真・戦国バスター』と、クルーズが9月6日に同じくMobageで配信を開始した『チーム×抗争!ギャングギャング』が、機能や課金の仕組み、画面遷移の選択や配列、所要画面の表示構成、ヘルプの文章等、完全に同一あるいは著しく類似する箇所が非常に多く、『真・戦国バスター』の設定を漫画作品「ギャングギャング」に置き換えたリメイクと呼べるほどの類似性の高いものになっていると主張。

こうした行為は「公正な競争として社会的に許容される範囲を超えるもの」として、事前に警告を行った上で訴訟を提起したとのこと。

KLabでは『チーム×抗争!ギャングギャング』の配信の差止と5500万円及び法定利息による遅延損害金の損害賠償を求めるとしています。

ソーシャルゲーム分野では類似性が指摘されるゲームも多く、プロ野球ゲームを巡りコナミがgloopsを訴えた問題や、釣りゲームを巡りグリーがディー・エヌ・エーを訴えた問題が事件化しています。
《土本学》

編集部おすすめの記事

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. 【レポート】進化を続けるLive2Dの現状と未来…「2Dと3Dのいいとこ取りを目指す」

    【レポート】進化を続けるLive2Dの現状と未来…「2Dと3Dのいいとこ取りを目指す」

  2. 【レポート】VR空間を自分の足で移動するリアルFPS「ZERO LATENCY VR」ジョイポリスに誕生!そう、これがやりたかったんだよ…

    【レポート】VR空間を自分の足で移動するリアルFPS「ZERO LATENCY VR」ジョイポリスに誕生!そう、これがやりたかったんだよ…

  3. IBMによるアルファテスト版『ソードアート・オンライン』のゲーム画面とナーヴギアの写真をお届け

    IBMによるアルファテスト版『ソードアート・オンライン』のゲーム画面とナーヴギアの写真をお届け

  4. 【DIEC2005】 上村雅之氏が任天堂の源流を語った[6]

  5. 国内ゲーム人口は4,336万人、家庭用ゲーム機所有者数も明らかに ― 2016CESA一般生活者調査報告書

  6. 【レポート】VRロボゲー『アーガイルシフト』のロマンと没入感が凄い!男の子の夢、これで叶います

  7. 【レポート】アーケード型VRホラーゲーム『脱出病棟Ω』を4人でプレイ!怖すぎて店内に悲鳴が響き渡る

  8. SIE・吉田修平のTwitterが一時乗っ取られる…『ポケモンGO』を攻撃したグループの犯行

  9. ハピネット、子会社2社を合併 「任天堂との関係を強化」

  10. バンダイナムコの本社が移転 ― 品川の未来研究所から、東京都港区へ

アクセスランキングをもっと見る

page top