人生にゲームをプラスするメディア

カプコン、『続えどたん』第四話と『ロックマンX4 エックスVer.』を配信

モバイル・スマートフォン 全般

カプコンは、ケータイゲームサイト「カプコンパーティ」にて、『続えどたん』第四話 前編・後編と、『ロックマンX4 エックスVer.』を配信開始しました。

■続えどたん 第四話 前編・後編
『続えどたん』は、230年前のお江戸で巻き起こる謎や事件を、江戸時代には存在しない現代知識・科学捜査を活かして解いていくアドベンチャー『えどたん』の続編です。前作『えどたん』のキャラクターも多数登場します。

第四話では、年に一度、将軍さまの御前で将棋の対局を行う「御城将棋」の舞台に立った棋士の屋敷で殺人事件が発生します。

またもや殺人の容疑をかけられてしまった、主人公「天道未来」。自分の手で己の無実を証明することになりますが、逃亡する未来とおたまさんの前に幕府目付「星崎蒼次」が立ちはだかります。

果たして、未来は己の無実を証明し、事件の謎を解決することができるのでしょうか。

■ロックマンX4 エックスVer.(docomo、auのみ)
『ロックマンX4 エックスVer.』は、1997年にPlayStationとセガサターンで発売された『ロックマンX4』の移植作です。ケータイゲームの限界まで再現されたハイクオリティな『ロックマンX4』を楽しむことができます。2012年1月には「ゼロ」の視点で描かれる『ゼロVer.』の配信も予定しています。

『エックスVer.』では、プレイヤーは「エックス」を操作し、各ステージの敵を「エックスバスター」で倒しながら進み、最後に待ち構えるボスロボットを倒します。各ボスロボットを倒して手に入る特殊武器をうまく使って戦いを有利に進めましょう。

更にステージ内に隠されたパーツを装備すると、新たな能力が得ることができます。

ジェネラル率いるレプリロイド軍団が突如起こしたクーデター。その裏に隠された陰謀とは。

■アクセス方法
docomo:メニューリスト→ゲーム→ミニゲーム→「カプコンパーティ」
au:メニューリスト→ゲーム→総合→「カプコンパーティ」
SoftBank:メニューリスト→ケータイゲーム→ゲームパック→「カプコンパーティ」

『続えどたん 第四話 前編・後編』は、好評配信中で、価格はカプコンパーティ登録料月額315円(税込)でプレイチケット消費です。

『ロックマンX4 エックスVer.』は、好評配信中で、価格はカプコンパーティ登録料月額315円(税込)でプレイチケット消費です。auでは従量525円版も配信中です。

(C)CAPCOM 2011
《津久井箇人 a.k.a. そそそ》

編集部おすすめの記事

モバイル・スマートフォン アクセスランキング

  1. 『アンジュ・ヴィエルジュ』×「ポッピンQ」コラボ第2弾スタート、5人のヒロインがURキャラで登場

    『アンジュ・ヴィエルジュ』×「ポッピンQ」コラボ第2弾スタート、5人のヒロインがURキャラで登場

  2. 『オルタンシア・サーガ』第三部、2月6日配信決定!アップデート情報公開

    『オルタンシア・サーガ』第三部、2月6日配信決定!アップデート情報公開

  3. 【インタビュー】『囚われのパルマ』キャラデザ実田千聖に迫る ― 厚塗りに隠された苦労とは

    【インタビュー】『囚われのパルマ』キャラデザ実田千聖に迫る ― 厚塗りに隠された苦労とは

  4. 【レポート】『リ・モンスター』ゴブリンに転生し、3×3マスの死闘を生き抜いて成り上がれ! 原作の魅力をゲームという形で表現した一作

  5. 『チェンクロ』×『ペルソナ5』コラボ、1月19日スタート!コラボ新PVを公開

  6. 『チェンクロ』×「築地銀だこハイボール酒場」がコラボ!限定メニューやゲーム内で使用できるアイテムも登場

  7. 可愛すぎる“エレン先生”が喋る&動く! 中学校の英語教科書「NEW HORIZON」がアニメスタンプに

  8. あの有名ホラーゲームの続編『青鬼2』がスマホで配信開始!今度は廃校で“青鬼”と楽しい鬼ごっこ…

  9. スマートフォン向け『WILD ARMS』新作が発表―グリーとフォワードワークスが共同開発

  10. 【レポート】『夢100』クリスマスパーティーで姫様たちから歓喜の声!「黒執事 Book of the Atlantic」コラボも発表

アクセスランキングをもっと見る