人生にゲームをプラスするメディア

『女の子と密室にいたら○○しちゃうかもしれない。』ジャイロを使ってじっくり観察!部屋を!

任天堂 3DS

  • かすみ、うしろうしろー
  • 単語で伝えてあげましょう
  • ろうそく発見
  • きっと何か役立つはず
ディースリー・パブリッシャーは、ニンテンドー3DSソフト『女の子と密室にいたら○○しちゃうかもしれない。』の最新情報を公開しました。

『女の子と密室にいたら○○しちゃうかもしれない。』は、かわいい女の子と一緒に密室に閉じ込められる夢を見るハチャメチャな「密室世界」と、学園祭で意中の女の子を彼女にする純愛な「現実世界」で展開するラブストーリーを主軸に置いた学園脱出アドベンチャーです。

■妖精さんになって夢の中の女の子とコミュニケーション
夢の中である「密室世界」と「現実世界」を行き来することになる本作。夢の中では、主人公「コウヘイ」は「妖精さん」になっています。部屋の中をぐるぐると見渡したり、落ちているものを見つけたりすることは出来ますが、物を動かしたり、触ったりすることはできません。また、女の子と自由に話会話する事も出来ません。妖精さんが出来る事は物の名前である「名詞」を女の子に伝えるだけです。

女の子の向こう側に見えるろうそく。女の子に伝えるために下画面に「ロウソク」と入力しましょう。うまく伝わると女の子はろうそくを発見。今度は火をつけるアイテムを探します。

部屋の中を見渡すと小さな机があることに気付きます。机の引き出しが怪しそうなので、「ひきだし」と入力して女の子に伝えます。引き出しの中から見事マッチを発見。入手したマッチを使ってろうそくに火を付けることが出来るようになります。

■便利な文字入力
女の子に言葉を伝えるときには下画面に手書きで文字を入力します。1文字目を書いた時に、入力した事があるワードの中から候補も表示されるので簡単に再入力する事も出来ます。

「シ」と「ツ」などの「誤認識」をワンタッチで修正する機能も搭載されています。また、本作は個人の入力癖を学習して行くので、書けば書くほど認識精度が上がります。

更に、手書き入力だけでなく、ソフトウェアキーボード、ローマ字入力も対応してるので、好みの入力方法を選びましょう。

女の子との会話中に「重要」なワードが出てくると、「ワードリスト」に登録されます。「ワードリスト」はいつでも開くことができ、文字入力時に「ワードリスト」から選択して簡単に入力することも可能です。

■いろいろな言葉を入力したくなりますよね
女の子は部屋にある物だけでなく、様々なワードに反応してきます。「かお」と入力すると顔のアップになり、「むね」「おしり」・・・と、好きなワードを入れてみてください。怒られてしまう場合もあるようです。

また「おさななじみ」と入力すると、「妖精さん」の正体が「コウヘイ」である事を知らない女の子が、「コウヘイ」との微妙な関係や自身の気持ちを打ち明けたりすることもあるようです。

いろいろなワードを入力して女の子の反応を楽しんでみましょう。

■ジャイロを使ってみたくなりますよね
上画面右上に「ジャイロアイコン」が出た時には、3DS本体を傾ける事で自由な角度で、部屋の中や女の子を見渡す事が出来ます。

棚の上に牛乳があるのが見えるのですがどうも手が届かない様子。画面右上に「動かしちゃう」のアイコンが出ている時は、ジャイロ機能を使ってあたりを見渡す事が出来ます。ここはジャイロのいろいろ見るチャンス。もちろん・・・部屋を見渡しましょう。見事に椅子を発見したら、文字入力で女の子に伝えます。椅子を使って牛乳に手が届くはずです。

女の子ばかり見ていて、重要なアイテムを見逃してしまわないように注意しましょう。

■もう一度ジャイロしたいあなたに
ゲーム中は、ゲームの進行状況を確認できるフロー画面を開く事が出来ます。

フロー画面では、進行状況を確認するだけではなく、クリア済みのシナリオを選択し、その時点まで戻ったりすることもできます。シナリオのルートは分岐もあるので、全ルートクリアするにはこのフロー画面を活用することが必須になってきます。

また、フロー画面の下画面はアルバム機能になっていて、シナリオごとのイベント回収度合いをすぐに確認できます。一度見たイベントはタッチすることで上画面に立体視で表示。ジャイロ機能を使ったイベントも、ここから何回でも見る事が出来ます。

本作の特徴でもある文字入力を使ったコミュニケーションとジャイロによる観察。3DSならではのゲーム性を心行くまで堪能しましょう。

『女の子と密室にいたら○○しちゃうかもしれない。』は、2012年3月発売予定で価格は6,090円(税込)です。

(C) 2012 INTENSE (C) 2012 D3 PUBLISHER
《津久井箇人 a.k.a. そそそ》

編集部おすすめの記事

任天堂 アクセスランキング

  1. 【特集】『ポケモンGO』がブームになるまで…イングレス、Google、Niantic、任天堂、ポケモンの取り組みを振り返る

    【特集】『ポケモンGO』がブームになるまで…イングレス、Google、Niantic、任天堂、ポケモンの取り組みを振り返る

  2. 【レポート】『ポケモンGO』レアポケモン「ラプラス」求め多くのトレーナーが江ノ島へ

    【レポート】『ポケモンGO』レアポケモン「ラプラス」求め多くのトレーナーが江ノ島へ

  3. EVO 2016『スマブラ for Wii U』準優勝、かめむし選手が語る―彼こそが最強のロックマン!

    EVO 2016『スマブラ for Wii U』準優勝、かめむし選手が語る―彼こそが最強のロックマン!

  4. Wii U向けVC『ゼルダの伝説 夢幻の砂時計』『ポケモンレンジャー 光の軌跡』8月3日配信

  5. キデイランドにて「カービィのプププなサマーキャンペーン」8月27日開催、キュートすぎる新グッズが登場

  6. 【レポート】コンパイル創業者の新作パズルゲーム『にょきにょき』は『ぷよぷよ』の問題点の解決策から生まれた

  7. 【特集】『ポケモンGO』ボールが真っ直ぐ飛ばない人必見!チュートリアルが教えてくれない役立ち情報

  8. ゲーム攻略SNS「Lobi」にて「ポケモンGO攻略マップwiki」公開、現時点でポケモンの50%以上を発見

  9. 『ポケモンGO』各チームリーダーのビジュアルが公開、キャラデザを担当したコザキユースケからのイラストも

  10. 警視庁のケモノ娘「テワタサナイーヌ」から『ポケモンGO』を遊ぶうえでの注意点が発表

アクセスランキングをもっと見る

page top