人生にゲームをプラスするメディア

Wiiリモコンに技術を提供しているInvenSenseが上場・・・売上の73%が任天堂向け

任天堂 Wii

任天堂のWiiリモコンにモーションセンシング技術を提供しているInvenSenseがニューヨーク証券取引所に16日、上場しました。18日現在の時価総額は8億2000万ドルほどとなっています。

主幹事はゴールドマン・サックスとモルガン・スタンレーが務めました。

InvenSenseは2003年に設立。モーションセンシング技術を手がけ、「MotionProcessor」と呼ばれるチップを幅広い企業にランセンスしています。所要クライアントは任天堂は2011年度の売上の73%を任天堂向けの売上が占めました。

このことから最大のリスク要因はWiiの販売台数の鈍化。既に2010年3月期に2050万台だったのが、2011年3月期には1500万台に減少。2012年3月期には1300万台となる見込みです。任天堂はWii Uを来年度中に導入予定ですが、引き続きInvenSenseの技術が採用されるかは明らかにされていません。
《土本学》

編集部おすすめの記事

任天堂 アクセスランキング

  1. 『ポケモンGO』「GPSの信号をさがしています」の対処方法とは

    『ポケモンGO』「GPSの信号をさがしています」の対処方法とは

  2. 最弱なポケモン「コイキング」の歌が泣ける…!コイキングへの愛を語るサイト「I LOVE コイキングさん」オープン

    最弱なポケモン「コイキング」の歌が泣ける…!コイキングへの愛を語るサイト「I LOVE コイキングさん」オープン

  3. 【レポート】『ポケモンGO』レアポケモン「ラプラス」求め多くのトレーナーが江ノ島へ

    【レポート】『ポケモンGO』レアポケモン「ラプラス」求め多くのトレーナーが江ノ島へ

  4. 【特集】『ポケモンGO』ボールが真っ直ぐ飛ばない人必見!チュートリアルが教えてくれない役立ち情報

  5. 【特集】『ロックマン エグゼ』15周年特別スタッフ対談!プリズムコンボ発覚から完結の理由まで

  6. 『ポケモンGO』各チームリーダーのビジュアルが公開、キャラデザを担当したコザキユースケからのイラストも

  7. 「ポケモンGO Plus」詳細公開!「ぼうけんノート」や便利な連動機能が明らかに

  8. 株式会社ポケモンが『ポケモンGO』に導入した安全対策を公開…トレーナーガイドラインやサービス利用規約も

  9. 【特集】『ポケモンGO』がブームになるまで…イングレス、Google、Niantic、任天堂、ポケモンの取り組みを振り返る

  10. キデイランドにて「カービィのプププなサマーキャンペーン」8月27日開催、キュートすぎる新グッズが登場

アクセスランキングをもっと見る

page top