人生にゲームをプラスするメディア

スクウェア・エニックス、アンリアル・エンジン3の複数ライセンス契約にサイン ・・・「Unreal Japan News」第36回

その他 全般

スクウェア・エニックスが複数タイトルでアンリアルエンジン3を利用するライセンス契約を結んだとのこと。どのようなタイトルになるか具体的なものは発表されていませんが、楽しみです。

Epic Games, Inc.(本社:米国ノースカロライナ州、CEO:Tim Sweeney)は、株式会社スクウェア・エニックス(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:和田 洋一 以下スクウェア・エニックス)が複数のプロジェクトにアンリアル・エンジン3を利用することが可能となるライセンス契約に調印したと発表しました。

エピック・ゲームズ・ジャパン代表 河崎高之コメント
「世界中で多くのファンを持つスクウェア・エニックスとの間で、複数のアンリアル・エンジン3ライセンス契約を締結できたことは我々にとって非常に大きな喜びです。従来のアンリアル・エンジンタイトルは、欧米メーカーによる欧米市場向けのゲームが大半を占めていましたが、今回の契約によって日本のクリエイターによるゲームラインナップが一層充実することになります。スクウェア・エニックスが得意とする魅力的なキャラクターや奥深いストーリー、練りこまれたゲーム性に、我々の技術が組み合わさることで、世界中のファンが熱狂する新世代のゲームが生み出されることを確信しています。」

本契約に基づくライセンスを利用したゲームタイトルの詳細は、順次スクウェア・エニックスよりアナウンスされる予定です。
《土本学》

編集部おすすめの記事

その他 アクセスランキング

  1. ガンプラ40周年に向けた新プロジェクト始動! 第1弾は“可動を追求”したゼータガンダム

    ガンプラ40周年に向けた新プロジェクト始動! 第1弾は“可動を追求”したゼータガンダム

  2. マイニンテンドーストアのNintendo Switchカスタマイズ本体、発売日発送分の予約受付終了

    マイニンテンドーストアのNintendo Switchカスタマイズ本体、発売日発送分の予約受付終了

  3. 「figma アーチャー」再販が決定、双剣や「カラドボルグII」などでクールな姿を再現可能

    「figma アーチャー」再販が決定、双剣や「カラドボルグII」などでクールな姿を再現可能

  4. あなたの部屋に「エヴァ」の“第3新東京市”が出現! 1/2,500スケールモデルで2017年6月発売

  5. 【昨日のまとめ】「マイニンテンドーストア」オープンするもアクセス困難に、『バイオハザード』シリーズの軌跡を振り返り、『DARK SOULS III』DLC第2弾が3月28日配信…など(1/23)

  6. 『艦これ』「ねんどろいど Pola(ポーラ)」予約開始、もちろん「酔っぱらい顔」やワイン各種も同梱

  7. 【週刊インサイド】多くの読者がニンテンドースイッチの予約に注目! 『Year Of The Ladybug』開発中止も大きな話題に

  8. 【特集】ゲーマーがイライラする10の要素

  9. TVアニメ「フレームアームズ・ガール」2017年4月より放送スタート! 最新PVで勇姿を披露

  10. 【特集】『良作フリーゲーム』10選―無料でこんなに遊べるのか!

アクセスランキングをもっと見る