人生にゲームをプラスするメディア

【GDC China 2011】用意周到な成功、iPhoneの人気作『フルーツニンジャ』開発秘話

ゲームビジネス その他

これまでの累計ダウンロード数が8000万を超えたというiPhoneの大ヒットアクション『フルーツニンジャ』(Fruits Ninja)。そのサクセスストーリーをオーストラリアのデベロッパー、Half BrickのPhil Larsenチーフマーケティングオフィサーが語りました。

Half Brickは2001年にオーストラリアのブリスベンに設立されたデベロッパー。当初は主に携帯ゲーム機を手がけ、ゲームボーイアドバンスなどで作品を制作。その後は徐々にデジタルシフトを行い、PSNやXboxLive向けに進出。自社パブリッシングを更に強化するという目的でiPhone市場への参入を決意します。

1回のプレイを短くシンプルに、ゲームに慣れてない人でも誰でも遊べる、そして心地よいビジュアル、そうしたテーマで僅か3人のチームが開発したのが『フルーツニンジャ』(Fruits Ninja)です。プレイヤーはSensei(先生)と呼ばれるニンジャとなり、画面に飛び出してくるフルーツを逃さず切る。基本的なゲームはこれだけです。iPhoneならではの画面をスライドする操作が心地よいものになっています。

ゲームとして出来が良いものは星の数ほどAppStoreには存在します。本作は用意周到なマーケティングでヒットを狙った作品です。まずは基本的なゲームにトレンドの要素をスパイスとして加えます。マルチプレイヤーやGameCenter/OpenFeintに対応したリーダーボードで友達と競う機能を入れました。また、ワンボタンでソーシャルネットワークと連携し、口コミで評判を伝える流れを作りました。

しかしLarsen氏は「ソーシャルネットワークと連携していても、起爆剤が無ければ爆発させることはできない」として、バイラルの起爆剤となるようなトレイラーを制作することにしたと言います。地元の映像制作チームに頼み、出演も自社の開発者が行い、低予算で作られたニンジャの映像です。これは素人感のある映像でしたが、ツイッターやフェイスブックで話題作りになったそうです。

また、スマートフォンアプリのマーケティングではメディアの評価も大きなポイントなります。日本ではAppBankというサイトがありますが、米国ではSlide to Play、Touch Arcadeといったメディアが重要になります。Larsen氏は事前にテストコードを送り、リリースタイミングに合わせてレビューの掲載を依頼。ゲーム自体の出来もあってか、リリースから2時間以内に上記のサイトに掲載。さらに24時間以内に20以上のメディアに取り上げられたそうです。

AppStoreに掲載されるアイコンやスクリーンショットも上位のアプリを研究してこだわったとのこと。アイコンなどはフルーツを切る爽快感が上手く表現されたものになっていますね。

こうした事前の準備が功を奏し、スタートダッシュに成功。幾つかの国では数日でAppStoreのナンバーワンにもなったそうです。ゲーム自体の開発は6週間でしたが、プロジェクト全体では約6ヶ月の期間を費やしたと言いますから、周到な調査やマーケティングがヒットの要因であったと言えそうです。

現在ではぬいぐるみなどのグッズ展開や映画とのコラボレーションなどブランド展開も行なっているとのこと。

8000万ダウンロードのヒット作ですが、地域別では北米が約半数で、アジア(日本や中国が中心だとのこと)も26%を占めています。これについては「アジアの市場は余り理解しておらず、マーケティングも欧米の市場を狙ったものでした。しかし人気ぶりが伝わりアジアでもダウンロードが伸びました」と述べていました。

また、これだけのヒット作ということで類似作品も登場してきます。これについては「『ベジサムライ(Vegi Samurai)』というゲームがありました。でも面白くなかったですね。『フルーツニンジャ』の切った心地よさは一番時間を割いたポイントなのでなかなか越えられないと思いますよ」と笑っていました。
《土本学》

編集部おすすめの記事

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. スマホ用VRヘッドセット「STEALTH VR」新型モデル予約開始

    スマホ用VRヘッドセット「STEALTH VR」新型モデル予約開始

  2. 【インタビュー】「E3」主催ESA代表が語る今年の「E3」とゲーム業界…展示会でもありエコシステム

    【インタビュー】「E3」主催ESA代表が語る今年の「E3」とゲーム業界…展示会でもありエコシステム

  3. VR空間を自分の足で歩ける「Virtuix Omni」日本向け並行輸入品登場、早期予約で約14万円

    VR空間を自分の足で歩ける「Virtuix Omni」日本向け並行輸入品登場、早期予約で約14万円

  4. 【GDC 2014】任天堂が明かす、N64時代から始まる『どうぶつの森』成長と心機一転の物語

  5. 『マブラヴ』VRデモ配信開始!兵士の視点でBETAと戦える

  6. ゲーム開発は大変だけど楽しい!アークシステムワークス『GUILTY GEAR』開発チームが学生に語る

  7. どこまでがインディーズなのか、ゲームデザイナーRon Gilbertが語るインディーの定義

  8. 不正には厳罰で対処:米Activisionが不正コピーに対し1600万円の賠償を請求

  9. バンダイナムコゲームス、DeNAと中国でアニメ「ONE PIECE」のスマホアプリを配信予定

  10. 【CEDEC 2014】2020年までの技術予想~半導体の技術革新がゲーム体験におよぼす影響とは? 

アクセスランキングをもっと見る

page top