人生にゲームをプラスするメディア

【GDC China 2011】『Pixel Junk Eden』のBaiyon氏が語るアーティストとゲームそして新作『4am』

任天堂 Wii

多方面に活躍するアーティストであり、キュー・ゲームスと『Pixel Junk Eden』を共同開発し高い評価を受けたBaiyon(Tomohisa Kuramitsu)氏。GDC China 2011のIndependent Games Summitに登壇したBaiyon氏は珍しい経緯でゲーム作りに携わる事になった経緯や、現在製作中の新作『4am』について語りました。

Baiyon氏は京都を拠点に活躍するアーティストで、その領域はDJ・ライブ・ファッション・アパレルそしてゲームのディレクションやコンポーズなど多岐に渡ります。ゲームではキュー・ゲームスの『Pixel Junk Eden』そして現在開発中の『4am』そしてSCEの『リトルビックプラネット』への楽曲提供も行なっています。

■偶然の出会いから始まったゲーム制作

キュー・ゲームスとの出会いは京都のとある忘年会の席だったそうです。偶然、キュー・ゲームスのディラン・カスバート社長が参加していたのを知ったBaiyon氏は昔からゲーム作りが夢だったと打ち明けます。「余りにも熱く語ったせいなのか、後から聞いたら"ちょっとクレイジーな奴がいたから今度一度やらせてみようか"ということだったようです。でも、いきなりディレクターをやることになるなんて本当にラッキーでした」(Baiyon氏)

こうして始まったゲーム制作でしたが、アーティストとゲーム開発者という壁は大きかったようです。しかしBaiyon氏はオフィスにDJの機材を持ち込んで演奏をしたり自身の経験や考えを繰り返し伝えたり、スタッフを無理やり自身のライブイベントに招待したりして理解を広げていったそうです。

アーティストであるBaiyon氏は「抽象的なものを大切にしている」ということですが、ゲーム開発はデジタルに落とし込むことでもあり、その意思疎通も大変だったようです。ただ、『Pixel Junk Eden』のディレクターの富永氏も元々メディアアートを手がけていた方で、緩衝材のような役割を果たしてくれたそうです。『Pixel Junk Eden』でBaiyon氏は企画やサウンド制作を行います。

■PS3で鳴ったことのないような音を

こうして制作された『Pixel Junk Eden』は高い評価を受けることになります。追加で「Encore」も配信がされました。現在製作中の『4am』はこの延長で、サウンドやビジュアルを楽しめるビジュアライザーとして企画がスタート。当初のタイトルは『Life Like』でした。しかし単なるビジュアライザーでは面白くないということで、ユーザーが今までない方法で演奏を楽しめるものとして変更。タイトルも『4am』となりました。

『4am』はPS Moveを使ったゲームで、自身とテレビの間の空間に音のモトがあり、それを触るように音を奏でるゲームです。リバーブなどのサウンドエフェクトも自在にかけることができます。さらにPSNを通じて演奏は映像を含めて配信が可能です。ちなみにタイトルの『4am』というのは、「夜でも朝でもない僕にとってはディープでセクシーな4時という時間を表したもの」(Baiyon氏)だそうです。

『4am』で目指したのは「今までにPS3で鳴ったことがないような音を奏でる」ということ。ビンテージな楽器のようなアナログで温かみのあるサウンドの実現を目指しているとのこと。


講演の最後にBaiyon氏はゲーム作りをラブレターに例えてインディーデベロッパーにエールを贈りました。「ゲーム作りはラブレターを贈るようなものです。大量に送ったDMは誰からも反応はありません。でも心を込めた1通のラブレターには必ず返事があります。1つのことを大好きという思いは誰かに伝わり必ず世界を動かすのです。自分自身を信じている人が引っ張って未来のゲームを作ってくれることを期待しています」
《土本学》

編集部おすすめの記事

任天堂 アクセスランキング

  1. 『ポケモンGO』「GPSの信号をさがしています」の対処方法とは

    『ポケモンGO』「GPSの信号をさがしています」の対処方法とは

  2. 最弱なポケモン「コイキング」の歌が泣ける…!コイキングへの愛を語るサイト「I LOVE コイキングさん」オープン

    最弱なポケモン「コイキング」の歌が泣ける…!コイキングへの愛を語るサイト「I LOVE コイキングさん」オープン

  3. 【特集】『ロックマン エグゼ』15周年特別スタッフ対談!プリズムコンボ発覚から完結の理由まで

    【特集】『ロックマン エグゼ』15周年特別スタッフ対談!プリズムコンボ発覚から完結の理由まで

  4. 【レポート】『ポケモンGO』レアポケモン「ラプラス」求め多くのトレーナーが江ノ島へ

  5. 【特集】『ポケモンGO』ボールが真っ直ぐ飛ばない人必見!チュートリアルが教えてくれない役立ち情報

  6. 【3DS DL販売ランキング】『妖怪ウォッチ3 スシ』連続首位、電子コミック『デジコロ』続々ランクイン(7/28)

  7. 株式会社ポケモンが『ポケモンGO』に導入した安全対策を公開…トレーナーガイドラインやサービス利用規約も

  8. 3DS/スマホ『レディレイトン』発表!シリーズ最新作は“レイトン教授の娘”の物語

  9. キデイランドにて「カービィのプププなサマーキャンペーン」8月27日開催、キュートすぎる新グッズが登場

  10. 『ゼルダの伝説』30周年記念画集「ハイラルグラフィックス」8月26日発売、歴代アート2,000点以上を収録

アクセスランキングをもっと見る

page top