人生にゲームをプラスするメディア

『ゼビウス』?いいえ『ギャラガ』です!懐かしのナムコが満載『ギャラガ改』配信開始

モバイル・スマートフォン 全般

バンダイナムコゲームスは、携帯電話向けサイト「ナムコ・ゲームス(ナムコEZゲームス)」にて、『ギャラガ改』を配信開始しました。

『ギャラガ改』は、家庭用・アーケード用ゲームとしても大人気となった『ギャラガ』をアレンジした、ケータイオリジナルのシューティングゲームです。操作方法は、ケータイでも手軽にプレイできるように、移動・攻撃のキーの割り当ては設定にて変更することが可能で、連射やオート連射の設定にも対応しています。

■オリジナルモード
アーケード版『ギャラガ』を再現したゲームモードです。敵や敵の弾を避けながらステージクリアを目指しましょう。全国ランキング機能を搭載しているので、他のユーザーとスコアを競うことができます。

■アレンジモード
『マッピー』や『ディグダグ』、『ゼビウス』など、ナムコの懐かしいゲームの世界観や登場キャラクターがステージに反映されたゲームモードです。各アレンジタイトルにより、クリア条件が異なります。

「アレンジギャラガ」「モノクロギャラガ」「マッピー」「ディグダグ」は、オリジナルギャラガと同様に、ステージ内に登場する敵を全て倒すとクリアになります。

「横戦闘ギャラガ」「ゼビウス」「ドラゴンスピリット」「ボスコニアン」は、登場する敵を殲滅させなくても、一定数倒し一定時間経つとステージクリアになります。

アレンジモードも、全国ランキング機能で他のユーザーとスコアを競うことができます。

■ボーナスモード
ギャラガの懐かしいチャレンジングステージのみをプレイするゲームモードです。全64ステージの攻略を目指しましょう。敵を一体も倒さずステージを終了するとゲームオーバーとなってしまいます。

■アクセス方法
docomo:メニューリスト ⇒ ゲーム ⇒ ゲームパック ⇒ ナムコ・ゲームス
Softbank:メニューリスト ⇒ ケータイゲーム ⇒ ゲームパック ⇒ ナムコ・ゲームス
KDDI:カテゴリ(メニューリスト) ⇒ ゲーム ⇒ 総合 ⇒ ナムコEZゲームス

ゲームは『ギャラガ』なのに「ソルバルウ」の代わりに『ゼビウス』の世界を飛んだり、アレンジモードは往年のナムコファンは必見の内容となっているようです。携帯電話を涙で濡らさないように注意しましょう。

『ギャラガ改』は、好評配信中で価格はナムコ・ゲームス(ナムコEZゲームス)月額利用料315円(税込)です。

(C) NBGI
《津久井箇人 a.k.a. そそそ》

編集部おすすめの記事

モバイル・スマートフォン アクセスランキング

  1. 『ポケモンGO』ドイツの小さな橋に人が殺到し問題に…市当局の取った対応とは

    『ポケモンGO』ドイツの小さな橋に人が殺到し問題に…市当局の取った対応とは

  2. 『ウチ姫』目のやり場に困る“アスタロット 抱き枕カバー”登場! 人気キャラを対象とした各種グッズも発表

    『ウチ姫』目のやり場に困る“アスタロット 抱き枕カバー”登場! 人気キャラを対象とした各種グッズも発表

  3. 世田谷公園で『ポケモンGO』によるトラブルが多発…区が「事態の改善」を配信会社に要請

    世田谷公園で『ポケモンGO』によるトラブルが多発…区が「事態の改善」を配信会社に要請

  4. 【レポート】『オルタナティブガールズ』は3Dバトルあり、サスペンスあり、VRありの美少女RPGだった

  5. 【ネタバレ注意】『ポケモンGO』海外ユーザーが最大レベルに到達…Bot利用のデータ確認目的で

  6. 『夢色キャスト』×『アイ★チュウ』コラボ決定!それぞれのアプリでコラボストーリー展開

  7. 『ダービーオーナーズクラブ』4周年記念キャンペーン開催!新レアリティを実装

  8. 『ポケモンGO』広島市が平和記念公園の「ジム」「ポケストップ」削除要請…プレイ自体は禁止せず

  9. 『ウチの姫さまがいちばんカワイイ』×「監獄学園」のコラボ開催、裏生徒会メンバーが「お姫さま」となってゲーム内に登場

  10. 『Ingress』で広島の平和公園に巨大折り鶴が描かれる ─ 8月6日の平和記念式典に向け

アクセスランキングをもっと見る

page top